2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 今日は TRI4TH で、渋谷 Plug にて対バンライブをやってきました。TRI4TH にとって Plug はお馴染みのお店らしく、自分も何度か出演しているお店でもありましたが、自分が TRI4TH として出演するのは今回が初めてで、個人的には“初めまして”という気持ちで臨んだライブでもありました。出演バンド順的にも、3バンド中の1バンド目となっていたので、最初に盛り上げるという気持ちも捨てずに、勢い良くステージを繰り広げていった感があります。…こんな環境が、何だか久し振りな感じだったのか、結構楽しんで演奏していってしまいました。40分と、短い時間ではありましたが、TRI4TH の新たな一面を見出せた日だったとも思います。

  渋谷駅近くながら、静かな場所に位置する Plug  本番前の打ち合わせ!

 3バンド中の、1バンド目の出演という事で、リハーサルも一番遅い時間ではありましたが、つまりはリハーサルから本番までの時間が、結構短いという事も意味しています。…実際、この日のリハーサルは19:10くらいにやっと終わった感じがあり、自分達の出番予定が19:30でしたから(結局、10分押しで始まりましたが…)、慌ただしかったと言えば、慌ただしかったとも言えます。しかも、今回のステージは新しい事をやるのが目白押しという状況…。冷静にも考えたいライブでした。

  MCも張り切ってやっていきます!  TRI4TH らしい角度の写真ですね

 この日の1曲目は、まだタイトルが決まっていない、トランペットの織田君の新曲から始めました。最近の TRI4TH は、2枚目のオリジナルCDアルバムに向け、色々な曲を試行錯誤の上で制作しており、この曲もそんなプロジェクトの一環の流れとも言えましょう。そのまま、最近よく演奏している“Black Panther”に繋げ、TRI4TH の音楽感を広げていきます。
 どんどん曲は繋げていって、3曲目は自分のオリジナル曲、“New Life Standard”をお送りしていきました。自分が正式なメンバーになってから、ほぼ毎回演奏している曲で、こちらも徐々にお馴染みになっている感じでしょうか。それぞれのソロを全面に打ち出した構成としており、ある意味で TRI4TH としては珍しい部類に入る曲なような気がしています。
 まだまだ曲は続けます。…と言うか、今回は全部で6曲程演奏したのですが、そのどれもが、ほぼ間を挟まずに演奏していった感じでした。MCは曲のイントロ中か、本当に少しだけ曲間が空いた、ほんの何秒という時間のみです。勢いを殺したくないという思いがどこかしらにあり、そういったライブにも対応していきたいという気持ちの表れでもありましょう。確かに、今回のライブは本当に勢いがありました。

  サックスの藤田君の恒例のアピール♪♪  勢い…付けます!

 …勢いもそのままに、4曲目も新曲です。こちらはサックスの藤田君が書いた“Cameroon”という曲で(まだ仮題らしいですけど…笑)、こちらも今までの TRI4TH には無い雰囲気と言いますか、何だかタイトルの影響もあるのかもしれませんが(笑)、不思議に頭の中をループしてしまいそうな曲です。今後、お馴染みな曲になっていくのかどうか、楽しみですね。
 そして5曲目ですが、こちらはメンバーの皆にとっては懐かしいという、“Sister Salvation”という曲でした。…が、自分はこの曲をやるのは初めてで、その事実に気付いたのが本当に最近という(笑)、なかなかの突貫工事並みに挑戦した曲でもありました。ただ、頭の中には入りやすい曲で、演奏自体もリラックスして弾けていたと思います。最近の TRI4TH には無いアレンジのような感覚が見出され、それが逆に新鮮だったのかもしれません。何故、ここ最近で演奏していなかったのか、謎でもありますね…。
 最後の6曲目は、よく演奏している“Hammer Head!”という曲で、これこそ勢い重視的なところがあったので問題は無かったのですが、振り返ってみると、今回のセットリストの内の半分は(自分は)新曲になっていたのです。しかも、写真を見れば分かりますが、自分も TRI4TH では初めて、全曲暗譜で弾いているのです!
 TRI4TH のメンバーは(特に、フロントの2人は)、基本的に楽譜を見ないで演奏しているのですが、自分は後から入ってきた身でもあったので、今まで譜面は一応置いて、それで演奏していました。ただ、新曲を披露するにあたり、状況は他のメンバーと変わらないという事で、一応新曲に於いては、見ないで演奏する事を決めてきたわけだったのですが、結局、残りの曲を見て演奏するとなると、譜面台は常に前に置かれてしまうわけで、見た目的には“譜面を見て演奏している”状況と、何ら変わりがありません。…それならば全部覚えてやろうじゃないかと、この日は全曲暗譜で立ち向かったのです。ただ、自分は基本の演奏スタンスが、譜面という“1枚の絵”からインスピレーションを受けているような部分もありますので、少々戸惑った部分も、無いとは言えません。ただ、メリットはやはり沢山ありましたし、同時に、譜面を見ない事による自分への課題も見えたライブでもありました。個人的な問題ではありますが、今後に是非とも生かしていきたいですね。あっという間に過ぎ去った40分間でしたが、バンドの魅力を凝縮してお届けしたステージでもありました。どうもありがとうございました!

  3人での演奏ながら、オリジナリティが満載のステージでした  鈴木淳史さんのステージには、織田君も参加!

 この日のライブは3バンドの出演…と先程言いましたが、1バンド目の出演というのは、後に出てくるバンドをゆっくりと見ていられるという特典も見逃せません(笑)。特に、2バンド目の鈴木淳史さんのステージでは、その方の先輩にあたる織田君もゲストとして出演し、ダブル・トランペットでの演奏をここで披露してくれました。3バンド目は、このライブにしては打って変わって、ボーカルが入るバンドとなっており、少し民族的なサウンドが心地良く、そして気だるい感じを提供してくれていました。それぞれに個性があった今回のライブ…、楽しい時間を過ごせたと思います!

  ビブラフォンも入った、珍しい編成のバンド  トランペットの鈴木君を交え、記念撮影♪

 さて、TRI4TH の次回ライブですが、4月27日(金)で、また同じく渋谷 Plug となっております。またまたお越し頂きたいところですが、実は今後も TRI4TH は Plug でのライブを幾つか決めており、まだ予定の部分もあるのですが、それこそ毎月のようにやっていく事になるかもしれません。勿論、それ以外の場所でのライブも予定されていますから、いよいよ本格的にライブ活動の兆しが見えてきますが、ひとまず4月まで、その忙しさはお預けになるようです。どうぞこれからに期待していって下さいませ。皆様よろしくお願いします!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆渋谷 Plug のHP…http://www.shibuya-plug.tv/

拍手[5回]



【一気に駆け抜けてました!】
なんというかライブに「深い迫力」があったように感じました。
しかも竹内さん、TRI4TH加入後初の全曲暗譜で立ち向かって
いたのですねえ。ブログを読むまでこういうことはあまり意識して
いなかったので、次回もし機会あればそのあたりも興味深く…。

初めてのお店でしたが、駅近の意外な場所に。
おかげさまでいろいろ探検させていただいております!
【ありがとうございました!】
ドキドキの初潜入、如何でしたか(笑)。
自分達としても、こういう場所での演奏というのは、
バー等で行われるワンマン的な場とはまた違った側面の
試行錯誤を繰り返しながら、ステージと向き合っています。

場所が変わると、演奏のスタンスも変わってくるのです…。
こればかりは、何度も見ていかないと分からないかも
しれませんが、また色々と探検していって下さい(笑)!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31