2017 / 02
≪ 2017 / 01 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 28 2017 / 03 ≫

 今回で第6回目の開催となる「NISSAN PREZENTS JAZZ JAPAN AWARD」。2016年版の今年、アルバム・オブ・ザ・イヤーのニュー・スター部門にて、TRI4TH の 5th CDアルバム『Defying』が受賞となりました!…『JaZZ JAPAN』では、今まで自分達の特集も何度かさせて貰っていますが〔雑誌『JaZZ JAPAN Vol.74』に、TRI4TH 特集!参照〕、そこからの受賞のお知らせ…、本当に嬉しく思います。多くの方に選んでいた頂けた証しとして、真摯に受け止めさせて頂きます。どうもありがとうございます!

    

 結成10周年にしてニュー・スター部門というのも不思議な感じですが(笑)、Playwright に移籍してフルアルバムの2枚目、そして、自分達が提案するジャズへの新たな挑戦を評価され、今回の受賞に至ったようです。これからも良い作品を作り続けていきたいものです。

 …さて、この「JAZZ JAPAN AWARD 2016」では、授賞式&受賞演奏ライブが予定されています。日にちは2月25日(土)で、横浜の日産自動車グローバル本社ギャラリーにて、13:00〜開演です。自分達の他にも、今回の受賞者による演奏が沢山あるとの事で、とても華やかな時間になりそうです。入場無料ですので、是非とも気軽にお越し下さい。自分達も、その貴重な場での演奏を楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

 
☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

 ☆JaZZ JAPAN のHP…
http://www.jazzjapan.co.jp

拍手[10回]



 本日11月16日(水)、バイオリンの Tsumuzi 君の 3rd. CDアルバムが、全国発売されました!…既に自分は Tsumuzi 君自身から、サインとメッセージが書かれたCDをゲットしておりまして、全8曲の楽曲を楽しんでおります。自分はこの8曲中7曲と、参加メンバーの中で一番多い参加曲数を数えており、完成の喜びも一入なのでした。改めて、CDリリースおめでとうございます!

    

 今回の作品のテーマは、全曲変拍子!…なかなか思い切ったテーマでもありますが、誰もが聴いた事のあるようなカバー曲が6曲に、Tsumuzi 君のオリジナルの曲も2曲入った構成となっていて、ある意味で、確かに新解釈の基に生まれたアルバムであると言えましょう。変拍子好きの方は勿論、バイオリンの音色による新しい音楽を求めている方にもお勧めです。どうぞチェックをよろしくお願いします!
 さて、このCD『俺のリベルタンゴ〜情熱の五大陸』ですが、発売にあたり、新しいMVが公開となりました。曲は、タイトルとなっている“俺のリベルタンゴ”で、アストル・ピアソラの代表曲である、皆さん御存知の“Libertango”の変拍子アレンジとなっています。これがまた、ただの変拍子ではなく、セクションによってコロコロ拍子が変わるような、結構複雑な進行になっているので、アレンジ的にはかなり大胆なものと言えます。
 これだけでも大胆なのですが、しかもこの曲の編成が、バイオリンにアコーディオン、そしてパーカッションに、ピアノがなんと2台!…という5人編成になっていまして、これは個人的にも初めてな編成で、だいぶ興味深いものでもありました。今年の6月に行われたレコーディング〔鍵盤奏者ばかりのレコーディング参照〕はこの為のもので、一気にリード曲候補に躍り出たのは言うまでもありません。Tsumuzi 君自身もお気に入りの、現在の自分達の代表曲とも言えるでしょう。こちらのMVをどうぞ御覧下さいませ!





 Tsumuzi 君らしさ全開の作品です!…是非とも多くの方に御覧頂き、CD購入に繋がって頂ければと思います。Amazon でも購入出来ますので、こちらも見てみて下さい。


・Amazon
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01LTHMPWI/ref=pd_sim_15_1?ie=UTF8&psc=1&refRID=7777JP0BCP3J7G31WBQQ


 また、このCDを引っ提げて、今週の金曜日は大阪でライブも予定しています。CD作品を通して、会場で皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします!



    ●Tsumuzi、大阪ツアー
・11月18日(金)URGE GRAND FRONT OSAKA
Start…19:30〜2ステージ
Charge…3500円(要1ドリンク、1フードオーダー)

Member…(Vn)Tsumuzi、(Pf)竹内大輔、(G)侑音
     (B)池田暢夫、(Ds)津島周平、(Perc)松本智也


 既に東京でのリリース・ライブは終えてしまっているので、今後はインストアライブ等で見る機会が増えていくのではないかと思います。Tsumuzi 君のライブは参加メンバーが固定ではないので、その都度編成は変わると思いますが、それらも含めて楽しみにして頂ければと思います。今後にも御期待下さいませ!

 ☆Tsumuzi 君のHP…http://tsumuzi2013.wixsite.com/ernestocielorecords

拍手[5回]



 少々時期が経ってしまいましたが、10月21日に発売された月刊音楽雑誌『JaZZ JAPAN』Vol.75 に、TRI4TH を取り上げた記事が掲載されています。これは、自分達が初出演を果たした第15回東京 JAZZ〔TRI4TH、第15回東京 JAZZ に出演!参照〕の時に行われた、学生との対談というもので、記事のタイトルは『TRI4TH は J-POP 世代の若者をどう魅了するのか!?』という、奥深いものとなっていました。漫画『BLUE GIANT』の表紙と共に、お楽しみ頂ければと思います。

    


 対談のお相手は、日本工学院専門学校の学生達3名…。JaZZ JAPAN の創刊時から、本誌の web サイト制作の方でコラボレーションをしているとの事で、学生達に今のジャズに触れてほしいという企画で、自分達との対談が実現したのでした。皆、ジャズには興味はあるようですが、ジャズの印象を聞くと、「難しそう」、「大人っぽい」という感じで、話していくうちにジャズはもっと気軽に、カジュアルに楽しんでも良いもの…というような流れになっていきました。
 生徒からの質問も面白く、最初は「ジャズを始めた切っ掛け」や、「ジャズの楽しみ方は?」という感じでしたが、「曲やアルバム作りで心掛けている事」や、
「なんで和服を着てるの?」等々(笑)、鋭い質問も飛び出して、身のある時間が過ごせたと思いました。これらの対談を終えてから、生徒達は実際に自分達 TRI4TH のステージを見てくれており、今後のジャズとの関わり方に新たな考えが加わって貰えたらと思います。
 自分としても、楽しく読ませて頂きました。また、『JaZZ JAPAN』Vol.75 では他にも興味をそそる記事が沢山あり、ホントにジャズ初心者でも楽しめる内容になっていると思います。発売からは少し時間が経ってしまいましたが、どうぞチェックして下さいませ!

 ☆JaZZ JAPAN のHP…http://www.jazzjapan.co.jp

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

拍手[5回]



 ドラムの佐々木俊之さんがリーダーとなるピアノトリオ編成バンド、Nautilus。10月19日に待望となる 2nd.CDアルバム『deeper and deeper』が発売となりました。2ヶ月前の8月に発売となった3枚目の7インチアナログ作品を経て、10月という今時期の発売。昨年の同時期となる、2015年10月14日に 1st.CDアルバム『Nautiloid Matter』が発売となっているので〔Nautilus、1st. CDアルバム『Nautiloid Matter』発売決定!参照〕、ちょうど1年で2枚目のアルバムがリリース出来る事になったわけで、大変嬉しく思います!

    

 今回はタイトル通り、より Nautilus の世界の深い部分を体験出来るアルバムとなっています。冒頭のイントロ曲を含め、全13曲とボリューム満点。カバー曲とオリジナル曲のバランスも約半々でありますが、ドラマーならではの絶妙なアレンジが各曲に散りばめられていて、最初から最後まで聴いても、あっという間に時間が経ってしまうような印象だと思います。
 …また、今回ボーカル曲が2曲用意されていて、2人のゲスト・ボーカルを迎えております。1人目は、黒船でも御一緒している奄美出身の里アンナさん。そして2人目には、若手の才能溢れるメンバーが集まったバンド『ものんくる』から、吉田沙良さん。それぞれシングルカットしたい程、素晴らしい内容になっています。こちらも是非ともお楽しみ頂きたい。

 この『deeper and deeper』はCDショップの他、iTunes や Apple Music でも楽しめますので、どうぞチェックしてみて下さい。しかも、iTunes では jazz コーナーのトップバナーに登場しており、自分としても驚いた程です(笑)。多くの方の目に止まって頂けるというのは嬉しいですね。引き続きよろしくお願いします!

  


・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/deeper-and-deeper/id1163155067&app=itunes

・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/deeper-and-deeper/id1163155067?l=ja&ls=1


 そして、Nautilus では『deeper and deeper』リリース・ライブも予定しています。場所はお馴染みの外苑前 Z・imagine にてで、日にちは11月7日(月)です。恐らく年内最後のライブとなると思いますので、是非ともお越し頂けたらと思います。Nautilus のディープな部分をどうぞ体感して下さいませ!


    ●11月7日(月)外苑前 Z・imagine
Open…19:00〜、Start…20:00〜、
Charge…2000円(ドリンク別)
Member…《Nautilus》(Ds)佐々木俊之、(keys)竹内大輔、(B)梅沢茂樹

  


 更に言付けしておきますと、Nautilus は既に次の段階に向かって動き始めています。また何らかの形で発表が出来ればと思いますが、まずは今作品『deeper and deeper』と、次回のライブを楽しみにして頂ければと思います。諸々ありますが(笑)、どうぞよろしくお願いします!

 ☆Nautilus のHP…http://www.nautilusmusic.net/

 ☆佐々木俊之のブログ…http://toshi-sasaki.seesaa.net/

拍手[1回]



 毎月14日に発売される、ジャズの代表的な情報雑誌『jazz Life』の11月号にて、TRI4TH のインタビュー記事が掲載されています。しかも、拍子の“DIMENSION”の皆様方に次いで2番目の掲載です!…どうぞチェックして頂けたらと思います。

    

 CD『Defying』に伴うものである事は言うまでもありませんが、この記事で特徴的なのは、CDに収録されているオリジナル曲を、それぞれの作曲者から、簡単ではありますが紹介されている事でしょう。これまで、色々な雑誌やラジオでインタビューを受けてきましたが、1曲1曲を紹介するといった内容がきちんと紹介されるのは、これが初めてかもしれませんね。中には、インタビュー中に自分も成程と思った事が幾つかあったり…(笑)。

  

 レコーディング時や、ライブ時の使用楽器機材等が書いてあるのも、jazz Life らしい所かもしれません。それらも含めてお楽しみ頂けたらと思います。また、この11月号の特集の1つに、『晩秋のピアニズム』という興味深い特集があり、その中でも先月9月に自分もライブを見に行かせて頂いた、チック・コリア・トリロジー・ライブ〔チック・コリア、初ライブ鑑賞参照〕について書かれていたのは何だか嬉しかったです(自分が見に行ったステージの日ではなかったですが、逆に、他の日のセットリストを比較出来たりして良かったです)。
 どうぞ全国の書店、又は楽器屋等で目に止めてみて下さい(ゆっくり読む為に、購入もお勧め致します…笑)!…よろしくお願いします!

 ☆jazz Life のHP…http://jazzlife.co.jp/

拍手[6回]



 9月23日に発売となった月刊音楽雑誌『JaZZ JAPAN』Vol.74 に、TRI4TH のインタビュー記事が掲載されております。CD『Defying』に伴うもので、今回は『JaZZ JAPAN』側から自分達へ、“2016年のネオ・ハードバップ”の名前も頂きました。前回、自分達を取り上げて頂いたのは、丁度1年前の Vol.62 の時〔雑誌『JaZZ JAPAN Vol.62』に、TRI4TH 特集!参照〕でしたが、それよりも更に奥深く、大々的に取り上げて頂いている印象になっています。その名前に恥じないよう、更なる活動を続けていきたいところです。

    

 表紙は、今やブルーノートの歌姫とも言われるノラ・ジョーンズ。そして TRI4TH の特集は、ページをめくってすぐの 14P 目から始まり、いきなり見開きの写真が!…だいぶインパクトのある仕上がりになっており、次の見開きページからのインタビュー記事も、先日の『東京 JAZZ』〔TRI4TH、第15回東京ジャズに出演!参照〕での写真と共に、注目でございます。

    

 また、CDレビューのページも大きく、しかもトップバッターのノラ・ジョーンズに次いで、2番目に掲載されています。更には、巻末のライブ情報ページのトップにも写真を掲載させて頂いており、勿論、自分達のツアー情報等も載っています。色々な箇所に TRI4TH の文字があり、とても嬉しく思います。どうぞチェックしてみて下さい!…これを熟読して、自分達のライブにお越し頂ければ、より深みのあるステージの見え方になってくるかもしれませんね(笑)。引き続き、どうぞよろしくお願いします。そして『JaZZ JAPAN』での大特集、改めてどうもありがとうございました!

 ☆JaZZ JAPAN のHP…http://www.jazzjapan.co.jp

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

拍手[5回]



 いよいよ明日(9月14日)は、TRI4TH 5th.CDアルバム『Defying』の発売日です。…という事は、本日(9月13日)はCDの店着日であり、既に全国各地のお店でのCD展開の情報が続々と入ってきていますが、そんな本日に『Defying』MV第2弾となる“Green Field”が公開されました。どうぞ御覧になって下さい!




 第1弾の“Sand Castle”〔TRI4TH、“Sand Castle”MV公開!参照〕とは違った世界観をここでは表してみました。同じ『Defying』からの作品ですが、これも TRI4TH ならではの側面だと思っております。本来は織田君はフリューゲルホルンを吹いているものの、撮影時にその楽器を忘れ、ひとまずトランペットで臨んでいるという事実はさておき(笑)、今回の『Defying』では激しさだけではなく、メロディやハーモニー、そしてそれぞれの楽器の音色の美しさ等も感じ取って貰えたらと思うのです。それも含めて『Defying』という世界は出来上がります。どうぞよろしくお願いします。

  

 …というわけで、ついにCDリリース日が迫ってきました。自分達自身も非常にワクワクしております。一番の自信作とも言える今回の作品…、是非とも多くの方の手に届いてほしいです。今後の展開、引き続き楽しみにしていて下さいませ!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[3回]



 鍵盤楽器を対象とした音楽雑誌、キーボードマガジン。現在は季刊誌されているものの、長きに亘って鍵盤楽器雑誌をリードし続けている音楽雑誌であるという事は、もはや言うまでもないでしょう。そんなキーボードマガジンの今年の9月10日発売された 2016 Autumn 号に、わたくし竹内大輔が、TRI4TH のキーボーディストとして、インタビュー記事が掲載されています!

    

 現在のキーボードマガジンの1つのコーナーに、注目のプレイヤーに焦点をあてた『推し鍵』というものがあるのですが、そこに登場しています。TRI4TH の新作CD『Defying』がもうすぐ発売という事もあり、それに関連させたインタビュー内容にもなっていますが、それに合わせたCD音源付きというのも特徴的と言えましょう。『Defying』に収録させて頂いている自分のオリジナル曲“Green Field”のエディット・バージョンが聴けるようになっています。今ならCD発売前に音源が聴ける事にもなっており、お買い得感もありそうですね(笑)。
 TRI4TH 加入の馴れ初め等も話していますので、どうぞ良かったら御覧になってみて下さい。調べてみると、キーボードマガジンの創刊は1979年6月の事で、年度的に言えば自分と同い年の雑誌である事も判明しました。当時の鍵盤楽器雑誌と言えばクラシックものが殆どだったようで、欧米ポピュラーミュージック文化や音楽理論に焦点をあてたキーボードマガジンは当時は相当画期的だったようです。その流れからの今回の雑誌掲載。本当に嬉しく思います。是非とも本屋でチェックしてみて下さいませ。よろしくお願いします!

 ☆リットーミュージックのHP…https://www.rittor-music.co.jp/

拍手[9回]



 9月14日に全国リリースされる、TRI4TH の5作品目、そして Playwright としては第2弾となるフルアルバムCD『Defying』。本日、そのリードトラックとなる“Sand Castle”のMVが公開になりました!…先月に行われたファイナル・ワンマンライブTRI4TH 10th Anniversary Tour LIVE@代官山 UNIT 参照〕で、会場にお越し頂いたお客さん限定で一足早くお見せしていましたが、更に手を加えての今回の一般公開となりました。まずはどうぞ御覧下さいませ!




 ズバリ、これまでで一番ゴリゴリの内容になっていると断言します。アー写を反映させた衣装のクールさを突き破らせるかの如く、パワー全開で進めています。その状況を踏まえて、自分も今回は初のスタンディング・スタイルでピアノに向かわせて頂きました。…メンバーそれぞれに焦点が当たっている今回のMV。沢山の方に見て頂けたらと思います。

  

 『Defying』発売に向けて、着々と準備が整ってきました。リリース日までもう1ヶ月を切りましたね。自分も本当に楽しみになってきました。引き続き、よろしくお願いします!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆Playwright のHP…http://www.playwright.jp/

拍手[4回]



 今年で15回目を迎える、日本最大級のジャズフェスティバル『東京 JAZZ』に、TRI4TH の出演が決定しました!…豪華な出演陣が華を添える中、与えられた役割を最大限に生かし、最高のパフォーマンスをお届けします!

  

 これは素直に嬉しいです。今年の『東京 JAZZ』は9月2日(金)〜9月4日(日)の3日間開催されますが、TRI4TH は初日の2日に、【the PLAZA】という、東京国際フォーラムの地上広場にて出演をします。ここは本格的なジャズを気軽に楽しめる場…という事で、どなたでも入れる、観覧無料のブースです。その他、ワークショップ等も行われる予定との事ですので、是非とも多くの方に来て頂きたいです。出演時間はまだ決まっていないのですが、決まり次第、お知らせしていきたいと思います。

  

 本当に楽しみですね。TRI4TH の次期アルバム『Defying』のジャケットアートワークも完成しまして、この『東京 JAZZ』開催と同じ9月にはリリースもされます。今の TRI4TH をどうぞ御覧下さいませ。どうぞよろしくお願いします!

 ☆東京 JAZZ のHP…http://www.tokyo-jazz.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[3回]



HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年4月2日(日)
南青山 Z.IMAGINE
Open…18:00~、
1st.…18:30〜、
2nd.…20:00〜、
Charge…3000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“いきゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中