2017 / 05
≪ 2017 / 04 1 2 5 7 11 12 1314 15 17 19 21 2728 30 31 2017 / 06 ≫

 今月5月22日に発売となった月間音楽雑誌『JaZZ JAPAN Vol.82』に、TRI4TH とカルメラの特集を組まれております。勿論、CD『HORNS RIOT』に即してのものですが、雑誌の見開きを真っ赤に染めた中でのメンバー写真は、かなりインパクトのある仕上がりになっており、その見出しも「ジャズを面白くするツワモノタチ、TRI4TH vs. カルメラ」と書かれている事に思わずニヤリとしてしまいます。&➡vs.となっているところが JaZZ JAPAN らしいなあと思いつつ、その記事内容も含めて皆さん是非ともチェックして頂けたらと思います!

    

 互いにバンド結成10年を迎えた TRI4TH とカルメラ。記事では、そんな自分達がリリースする事が出来た『HORNS RIOT』の制作を振り返った、メンバーのインタビューも踏まえた内容になっており、何故この作品が出来たのか、どんな想いで作り出していったのかという貴重な意見も掲載されています。自分もこの記事に目を通し、改めて、この作品に関われた嬉しさが込み上げてきたものでした。要注目です!

    

 CDレビューも取り上げられています。この作品が出来た事に必然性を感じられ、この音楽を新鮮に感じられるリスナーの支持を期待…という、有り難い言葉を頂けました。その言葉に応えられるように頑張っていきたいと思います。
 JaZZ JAPAN は創刊当初、老舗ジャズ雑誌とは異なるジャズ報道を目指していたようで(現在でも感じます)、いわゆるメインストリーム・シーンとは異なるバンドも数多く追っていたそうです。そんな中、“注目のニュースター”というコーナーに相次いで登場していたという TRI4TH とカルメラ。この2つのバンドがスプリット・アルバムを出し、そして改めて JaZZ JAPAN で大々的に取材されるというのは、何か大きな意味があるように思いました。改めて、特集ありがとうございました!

 ☆JaZZ JAPAN のHP…http://www.jazzjapan.co.jp

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

 
☆カルメラのHP…http://www.calmera.jp/

拍手[2回]



 5月10日に全国リリースを迎え、各方面で大好評のCD『HORNS RIOT』ですが、この度全国のタワーレコード週間 Jazz チャートで1位を獲得出来ました!…自分達の作品に対する熱い想いが、素直に多くの皆さんに届いた結果だとも思います。本当にありがとうございます。そしてまだCDをお持ちでは無い方も、この熱い熱いホーンバンドの息吹を感じてみて頂ければと思います。引き続きよろしくお願いします!

    

 早速、いつもお世話になっているタワーレコード渋谷店に御挨拶に伺ってきました。このお店のジャズフロアは6階ですが、お店のエントランスフロアでもある1階にもCDが展開されている事(左上写真参照)にまず感動です。基本的には J-POP やアイドル系の作品が並べてられている事が多い1階ですが、ここに置かれる事で、更に多くの人の目に触れられそうです。是非とも手に取って、そして聴いて頂ければと思いますね。

    

 そしてお馴染みの6階では大大大展開!…店内にも自分達のCDを高頻度で流して下さっていまして、いきなり“N.I.N.K.Y.O”が流れ始めるのは、ここがジャズフロアである事を忘れてしまいそうにもなりますが(笑)、とにかくインパクトがあるのは間違い無いでしょう。店舗購入特典も幾つか用意されているようで、ここではエスカレーター前に展示されてある各バンドのライブ写真パネル(左上写真参照)が当たる抽選券や、アナザージャケットというのも付いてくるそうです。レジの横には TRI4TH × カルメラ TOWER も設置されており(右上写真参照)、本当に多くの方の協力があって、全国1位という結果が頂ける事にもなったと思います。
 改めて、関わって頂いた方々に感謝です。そして引き続き、気を引き締める思いで活動を進めていきたいと思います。TRI4TH の HORNS RIOT ツアーも中盤に差し掛かった辺り…。まずはツアー・ファイナルまで駆け抜けていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!


    ☆TRI4TH、HORNS RIOT ツアー(後半)
・5月26日(金)伏見(名古屋)JAMMN'
Open…18:30〜、Start…19:30〜、
Charge…前売り3500円、当日4000円(共にドリンク別)

・5月27日(土)心斎橋(大阪)CONPASS
Open…18:00〜、Start…18:30〜、
Charge…前売り3500円、当日4000円(共にドリンク別)

・5月28日(日)伊那(長野)GRAMHOUSE
Open…18:00〜、Start…18:30〜、EMPTY KRAFT との2マンライブ
Charge…前売り3000円、当日3500円(共にドリンク別)

・6月1日(木)代官山 UNIT
Open…18:30〜、Start…19:30〜、
Charge…前売り3500円、当日4000円(共にドリンク別)


※以上、メンバー全て、TRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
                  (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔
Special Guest…(Bsx,Fl)青木ケイタ


 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆カルメラのHP…http://www.calmera.jp/

 ☆タワーレコードオンラインのHP…http://tower.jp/

 ☆タワーレコード渋谷店のHP…http://towershibuya.jp/

拍手[4回]



 少し紹介が遅れてしまいましたが、先日の5月1日の深夜24:00頃だったでしょうか。TRI4TH とカルメラの合同楽曲である“HORNS RIOT”のMVが YouTube で一斉公開されました!…この日は言うまでも無く、TRI4TH × カルメラ『HORNS RIOT』ライブの大坂編の日。この打ち上げの最中に、スタッフも合わせたメンバー全員で SNS に一気に情報公開を共有したのでした。

    

 人によっては、御自分のタイムラインが“HORNS RIOT”情報公開一色になってしまったかもしれませんが(笑)、それも含めて、自分達の溢れる楽曲の熱さを体感して貰えれば…と思っています。打ち上げの場ではありますが、せーので皆でスマホ片手に公開をしていくという状況は、何だか気持ちが高揚していった事を覚えています。ホーンバンド業界に、そしてインスト業界に暴動を起こすかの如く、このMVは一般公開され、広い世界に旅立って行ったのでした。




 こちらがそのMVです!…撮影の状況は〔TRI4TH × カルメラ『HORNS RIOT』MV撮影〕の記事でも書いていますが、本当に自信作と言って良い仕上がりになりました。総勢13人という演奏メンバーでありますが(笑)、音の熱さはそのまま倍以上に、それでいて互いに打ち消し合う事も無く、邪魔にもならなく、そして TRI4TH とカルメラのそれぞれの良い部分が見えてくるような映像作品になっているではありませんか。とても良いものを残せたと思います。是非とも多くの方に御覧頂きたいです!

 こうなってくると、俄然CDのリリースが楽しみになってきますね。そしてそれはもう間近に迫っています…。全国リリース日は5月10日(水)、もうあと1週間を切っています。勿論、今回の楽曲“HORNS RIOT”以外に収められている、それぞれのバンドの楽曲も楽しみにしていて下さい。TRI4TH からは、これぞ侠気溢れるという、“N.I.N.K.Y.O”、そして TRI4TH 流スカ曲の第2弾、“GAME CHANGER”を収録しています。ミニ・スプリット・アルバムという括りではありますが、フルアルバム以上にインパクトある作品になったと思いますよ。それでは、リリースまであと暫くお待ち下さいませ!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆カルメラのHP…http://www.calmera.jp/

拍手[4回]



 先日、新しいデジカメを購入しました。機種は、オリンパスの OM-D E-M10 MarkⅡで、個人的には初めてのミラーレス一眼レフカメラとなります。レンズが換えられるカメラとしてはフィルムカメラ以来となり、被写体によってレンズを換えるという経験が久々に味わえる事にもなりました。

  

 持ってみたのですが、まず軽いのに驚かされました。これがミラーレスの威力なのかもしれませんが、最近の自分のカメラの傾向ですと、持ち運びやすい事に第一の条件を持ってきている部分があるので、これはとても大事なポイントでもありました。そして使いやすく、…とは言えデザインが渋めなのが気に入っています。これでまた色々と写真を撮っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

  

 ちなみに、こちらが今まで使っていた STYLUS1 というカメラです。こちらの購入は2014年の2月〔新デジタルカメラ購入!参照〕と、まだ3年程しか経っていないのですが、近年調子が悪く、修理に出そう出そうとするものの、代替機が無くて現在まで至る…という感じだったのです。今回、新しいカメラを買ったので、これで堂々と修理に出す事が出来そうです。
 …そう、今後はこれら2台のカメラで、場合によって使い分けようかなとも思っているのです。荷物が少ないという面では STYLUS1 の方が勝りますし、レンズを換える必要が無いというのも STYLUS1 ならではです。まずは新しい方のカメラに慣れ、それぞれの利点を見出だす事にしましょうか…。どちらにしろ、今後の生活が楽しみです♪

 ☆オリンパスのHP…http://www.olympus.co.jp/jp/

拍手[1回]



 自分が所属している TRI4TH が、フランスのヴィエンヌで開催がされるジャズフェスティバル『Jazz à Vienne』への出演が決定しました!…開催期間は6月29日〜7月13日の2週間と長いのですが、自分達の出演日は7月5日(水)、数あるステージの内の Club de Minuit という場所でライブをお送りする予定です。

  

 ヴィエンヌはフランスのリヨンの近くの街らしく、そんなに大きな街ではなさそうな感じがしましたが、ここに数多くのミュージシャンが集まって毎年ジャズフェスティバルが行われているというのは、感慨深い事のような気がします。そしてこのジャズフェス、とにかく出演者が豪華です。まず目に付くのは、ピアニストのハービー・ハンコック、アーマッド・ジャマル、そしてサックスのファラオ・サンダース、アーチー・シェップ、他にもデ・ラ・ソウル…等々、挙げるとキリが無いのですが、そんな中に TRI4TH の出演が出来るなんて、本当に夢のようではありませんか。ガンガンに盛り上げていきたいと思います。

  

 TRI4TH は、以前ミュージカル『Talk Like Singing』でニューヨーク公演を行った事もありましたが、その時は自分はまだメンバーに入っていなかったので(笑)、今回、個人的には初めて TRI4TH として海外公演を経験出来る事になりました。素直に嬉しいです。改めて、呼んで頂ける事に本当に感謝です。

  

 出演日はまだまだ先ですが、日本代表としての使命を背負いつつ、フランスでの演奏を楽しみにしています。TRI4TH の音楽がどのように映るのかも気になりますね。…そもそも、自分達のライブでお馴染みの「踊ろうぜ!」はフランス語でどう言うのか、…いや、ここは日本語で押した方が良いのではないか(笑)…等々、興味は尽きません。精一杯やらせて頂きます。どうぞよろしくお願いします!

 ☆Jazz à Vienne のHP…http://jazzavienne.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[6回]



 先日の3月31日(金)、ドイツのジャズレーベルである『agogo records』より、Nautilus の7インチアナログがリリースになりました!…これが初披露となる2曲のカバーソングを収録していて、どちらも外国人シンガーをフィーチャリングした作品となっております。また、これらはドイツレーベルからの発売になりますが、日本でも以下のウェブサイトで視聴購入、そして mp3 ダウンロードが出来ますので、どうぞチェックして頂けたらと思います。

 https://nautilus-agogo.bandcamp.com/album/creepin

  

 さて、こちらのサイトを見ていくと分かるように、6月23日(金)には『agogo records』よりフルアルバムのリリースも決定しております!…所謂日本版の Nautilus CDアルバム2作品の中から、厳選された12曲が収められていますので、こちらも併せてチェックしてみて下さい(既に予約注文を受け付けています)。

  

 ついに Nautilus が海外進出ですね。…嬉しい事です。今後も情報が進展次第、更新していきますので、引き続きよろしくお願いします。

 ☆agogo records のHP…https://www.agogo-records.com/

 ☆Nautilus のHP…https://www.nautilusmusic.net/

拍手[1回]



 今回で第6回目の開催となる「NISSAN PREZENTS JAZZ JAPAN AWARD」。2016年版の今年、アルバム・オブ・ザ・イヤーのニュー・スター部門にて、TRI4TH の 5th CDアルバム『Defying』が受賞となりました!…『JaZZ JAPAN』では、今まで自分達の特集も何度かさせて貰っていますが〔雑誌『JaZZ JAPAN Vol.74』に、TRI4TH 特集!参照〕、そこからの受賞のお知らせ…、本当に嬉しく思います。多くの方に選んでいた頂けた証しとして、真摯に受け止めさせて頂きます。どうもありがとうございます!

    

 結成10周年にしてニュー・スター部門というのも不思議な感じですが(笑)、Playwright に移籍してフルアルバムの2枚目、そして、自分達が提案するジャズへの新たな挑戦を評価され、今回の受賞に至ったようです。これからも良い作品を作り続けていきたいものです。

 …さて、この「JAZZ JAPAN AWARD 2016」では、授賞式&受賞演奏ライブが予定されています。日にちは2月25日(土)で、横浜の日産自動車グローバル本社ギャラリーにて、13:00〜開演です。自分達の他にも、今回の受賞者による演奏が沢山あるとの事で、とても華やかな時間になりそうです。入場無料ですので、是非とも気軽にお越し下さい。自分達も、その貴重な場での演奏を楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

 
☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

 ☆JaZZ JAPAN のHP…
http://www.jazzjapan.co.jp

拍手[12回]



 本日11月16日(水)、バイオリンの Tsumuzi 君の 3rd. CDアルバムが、全国発売されました!…既に自分は Tsumuzi 君自身から、サインとメッセージが書かれたCDをゲットしておりまして、全8曲の楽曲を楽しんでおります。自分はこの8曲中7曲と、参加メンバーの中で一番多い参加曲数を数えており、完成の喜びも一入なのでした。改めて、CDリリースおめでとうございます!

    

 今回の作品のテーマは、全曲変拍子!…なかなか思い切ったテーマでもありますが、誰もが聴いた事のあるようなカバー曲が6曲に、Tsumuzi 君のオリジナルの曲も2曲入った構成となっていて、ある意味で、確かに新解釈の基に生まれたアルバムであると言えましょう。変拍子好きの方は勿論、バイオリンの音色による新しい音楽を求めている方にもお勧めです。どうぞチェックをよろしくお願いします!
 さて、このCD『俺のリベルタンゴ〜情熱の五大陸』ですが、発売にあたり、新しいMVが公開となりました。曲は、タイトルとなっている“俺のリベルタンゴ”で、アストル・ピアソラの代表曲である、皆さん御存知の“Libertango”の変拍子アレンジとなっています。これがまた、ただの変拍子ではなく、セクションによってコロコロ拍子が変わるような、結構複雑な進行になっているので、アレンジ的にはかなり大胆なものと言えます。
 これだけでも大胆なのですが、しかもこの曲の編成が、バイオリンにアコーディオン、そしてパーカッションに、ピアノがなんと2台!…という5人編成になっていまして、これは個人的にも初めてな編成で、だいぶ興味深いものでもありました。今年の6月に行われたレコーディング〔鍵盤奏者ばかりのレコーディング参照〕はこの為のもので、一気にリード曲候補に躍り出たのは言うまでもありません。Tsumuzi 君自身もお気に入りの、現在の自分達の代表曲とも言えるでしょう。こちらのMVをどうぞ御覧下さいませ!





 Tsumuzi 君らしさ全開の作品です!…是非とも多くの方に御覧頂き、CD購入に繋がって頂ければと思います。Amazon でも購入出来ますので、こちらも見てみて下さい。


・Amazon
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01LTHMPWI/ref=pd_sim_15_1?ie=UTF8&psc=1&refRID=7777JP0BCP3J7G31WBQQ


 また、このCDを引っ提げて、今週の金曜日は大阪でライブも予定しています。CD作品を通して、会場で皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします!



    ●Tsumuzi、大阪ツアー
・11月18日(金)URGE GRAND FRONT OSAKA
Start…19:30〜2ステージ
Charge…3500円(要1ドリンク、1フードオーダー)

Member…(Vn)Tsumuzi、(Pf)竹内大輔、(G)侑音
     (B)池田暢夫、(Ds)津島周平、(Perc)松本智也


 既に東京でのリリース・ライブは終えてしまっているので、今後はインストアライブ等で見る機会が増えていくのではないかと思います。Tsumuzi 君のライブは参加メンバーが固定ではないので、その都度編成は変わると思いますが、それらも含めて楽しみにして頂ければと思います。今後にも御期待下さいませ!

 ☆Tsumuzi 君のHP…http://tsumuzi2013.wixsite.com/ernestocielorecords

拍手[5回]



 少々時期が経ってしまいましたが、10月21日に発売された月刊音楽雑誌『JaZZ JAPAN』Vol.75 に、TRI4TH を取り上げた記事が掲載されています。これは、自分達が初出演を果たした第15回東京 JAZZ〔TRI4TH、第15回東京 JAZZ に出演!参照〕の時に行われた、学生との対談というもので、記事のタイトルは『TRI4TH は J-POP 世代の若者をどう魅了するのか!?』という、奥深いものとなっていました。漫画『BLUE GIANT』の表紙と共に、お楽しみ頂ければと思います。

    


 対談のお相手は、日本工学院専門学校の学生達3名…。JaZZ JAPAN の創刊時から、本誌の web サイト制作の方でコラボレーションをしているとの事で、学生達に今のジャズに触れてほしいという企画で、自分達との対談が実現したのでした。皆、ジャズには興味はあるようですが、ジャズの印象を聞くと、「難しそう」、「大人っぽい」という感じで、話していくうちにジャズはもっと気軽に、カジュアルに楽しんでも良いもの…というような流れになっていきました。
 生徒からの質問も面白く、最初は「ジャズを始めた切っ掛け」や、「ジャズの楽しみ方は?」という感じでしたが、「曲やアルバム作りで心掛けている事」や、
「なんで和服を着てるの?」等々(笑)、鋭い質問も飛び出して、身のある時間が過ごせたと思いました。これらの対談を終えてから、生徒達は実際に自分達 TRI4TH のステージを見てくれており、今後のジャズとの関わり方に新たな考えが加わって貰えたらと思います。
 自分としても、楽しく読ませて頂きました。また、『JaZZ JAPAN』Vol.75 では他にも興味をそそる記事が沢山あり、ホントにジャズ初心者でも楽しめる内容になっていると思います。発売からは少し時間が経ってしまいましたが、どうぞチェックして下さいませ!

 ☆JaZZ JAPAN のHP…http://www.jazzjapan.co.jp

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

拍手[5回]



 ドラムの佐々木俊之さんがリーダーとなるピアノトリオ編成バンド、Nautilus。10月19日に待望となる 2nd.CDアルバム『deeper and deeper』が発売となりました。2ヶ月前の8月に発売となった3枚目の7インチアナログ作品を経て、10月という今時期の発売。昨年の同時期となる、2015年10月14日に 1st.CDアルバム『Nautiloid Matter』が発売となっているので〔Nautilus、1st. CDアルバム『Nautiloid Matter』発売決定!参照〕、ちょうど1年で2枚目のアルバムがリリース出来る事になったわけで、大変嬉しく思います!

    

 今回はタイトル通り、より Nautilus の世界の深い部分を体験出来るアルバムとなっています。冒頭のイントロ曲を含め、全13曲とボリューム満点。カバー曲とオリジナル曲のバランスも約半々でありますが、ドラマーならではの絶妙なアレンジが各曲に散りばめられていて、最初から最後まで聴いても、あっという間に時間が経ってしまうような印象だと思います。
 …また、今回ボーカル曲が2曲用意されていて、2人のゲスト・ボーカルを迎えております。1人目は、黒船でも御一緒している奄美出身の里アンナさん。そして2人目には、若手の才能溢れるメンバーが集まったバンド『ものんくる』から、吉田沙良さん。それぞれシングルカットしたい程、素晴らしい内容になっています。こちらも是非ともお楽しみ頂きたい。

 この『deeper and deeper』はCDショップの他、iTunes や Apple Music でも楽しめますので、どうぞチェックしてみて下さい。しかも、iTunes では jazz コーナーのトップバナーに登場しており、自分としても驚いた程です(笑)。多くの方の目に止まって頂けるというのは嬉しいですね。引き続きよろしくお願いします!

  


・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/deeper-and-deeper/id1163155067&app=itunes

・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/deeper-and-deeper/id1163155067?l=ja&ls=1


 そして、Nautilus では『deeper and deeper』リリース・ライブも予定しています。場所はお馴染みの外苑前 Z・imagine にてで、日にちは11月7日(月)です。恐らく年内最後のライブとなると思いますので、是非ともお越し頂けたらと思います。Nautilus のディープな部分をどうぞ体感して下さいませ!


    ●11月7日(月)外苑前 Z・imagine
Open…19:00〜、Start…20:00〜、
Charge…2000円(ドリンク別)
Member…《Nautilus》(Ds)佐々木俊之、(keys)竹内大輔、(B)梅沢茂樹

  


 更に言付けしておきますと、Nautilus は既に次の段階に向かって動き始めています。また何らかの形で発表が出来ればと思いますが、まずは今作品『deeper and deeper』と、次回のライブを楽しみにして頂ければと思います。諸々ありますが(笑)、どうぞよろしくお願いします!

 ☆Nautilus のHP…http://www.nautilusmusic.net/

 ☆佐々木俊之のブログ…http://toshi-sasaki.seesaa.net/

拍手[1回]



HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年6月3日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之


全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


[05/29 竹内]
[05/29 (402) 408-6561]
[05/28 porn cams]
[05/28 Free SoundCloud Listening]
[05/28 psychic readings by phone]
[05/28 kost bali renon]
[05/28 harga kost bali kuta]
[05/28 soy malote]
[05/27 Jack]
[05/27 souvenir pernikahan]
[05/27 street median in spanish]
[05/26 おちゃ]
[05/26 Free YouTube Views]
[05/22 竹内]
[05/21 A]
[05/16 竹内]
[05/16 竹内]
[05/07 A]
[05/06 おちゃ]
[05/06 竹内]