2018 / 06
≪ 2018 / 05 1 3 4 5 6 7 8 910 13 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302018 / 07 ≫

 6月3日(日)は TRI4TH で名古屋ブルーノートに出演をしてきました。これは、現在行われているCD『Hybrid ROOTS』ツアーの一環で組まれたもので、TRI4TH にとって2度目の出演となったものでした。憧れのブルーノートという場、そして前回のツアーに引き続いて出演が実現した今回ツアー。感謝と共に、今回も TRI4TH らしさをブルーノートで…という課題を掲げての出演にもなりました。ツアーの一環で組まれていますが、御存知の通り、ここだけ他の場所とは違い、着席スタイル、そして2ステージ入れ替え制となっているのです。…となると、2日前に行われた〔TRI4TH、CD『Hybrid ROOTS』リリース・パーティー〕で、いったん完成させたステージングですが、名古屋ブルーノートでのステージは再度、セットリスト等も含めて見直さなければいけません。
 その意味では、特異なステージだった名古屋ブルーノート編とも言えますが、お越し下さって分かるように、ここは TRI4TH のスタイルも貫く事が大事だと考えました。踊れるジャズを掲げている自分達にとって、もはや着席スタイルであろうと関係ありません。…最後には皆で立ち上がって、ブルーノートがクラブフロアと化していきます。そこには、前回以上に沢山の方にお越し頂いたフロアの様子が視界に飛び込んできたのでした。大勢の方と共に踊って楽しむ時間は、自分達にとっても至福の時間。最初は不安もありましたが、スタイルを貫いて良かったと思えるライブになりました。

    

 この模様は、またツアー日記として綴らせて頂きます。『Hybrid ROOTS』ツアーも折り返し地点…。いよいよ週末には大阪、福岡へと出向き、今回のツアーの締め括りとなります。今後更にパフォーマンスをブラッシュアップすべく、このツアーの中でも変更点が生まれていくかもしれませんが、より良いライブの為に、まだまだ切磋琢磨していきたいと思います。引き続きよろしくお願いします!


   ☆TRI4TH、Hybrid ROOTS リリースツアー(後編)
・6月16日(土)梅田(大阪)シャングリラ
Open…17:30〜、Start…18:00〜
Charge…前売り3800円(共にドリンク別)

・6月17日(日)天神(福岡)The Voodoo Lounge
Open…18:30〜、Start…19:00〜
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

※以上、メンバーTRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
             (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔

     


 どうぞお楽しみに!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆栄(愛知)NagoyaブルーノートのHP…http://www.nagoya-bluenote.com/index.html

拍手[5回]



 4月27日〜29日と、サックスの郷原君とのユニット Bridge で、北海道は伊達にて演奏をしてきました!…伊達は本当に久し振りの訪問になりましたが、これは以前(既に6、7年前になりますが…)、竹内大輔トリオ、北海道、伊達ツアー(2011.7.22~7.24)〕でもお世話になった、伊達メセナ協会からのお誘いによるもので、郷原君が学生時代に建築音響の研究をしていた事から、音の「響き」についての講義、そして付随してライブステージも行うという、少し珍しい舞台を用意して頂きました。講義、演奏場所は前述の公演でも行われた、伊達にある歴史の杜カルチャーセンターというホールで今回は講堂を使用しましたが、音の良いグランドピアノを使わせて頂き、正に音の「響き」をその場にお越し頂いた方々と体感させた、とても気持ち良く演奏出来た時間になりました。
 以前から、ここでの滞在は2泊3日が基本で、間の1日が演奏の日になるので、今までですと文章上では「慌ただしく終えた」…というように書いていたと思うのですが(笑)、今回は何故だかゆったりと伊達を満喫出来たような印象がありました。伊達に来るのは、最初の挨拶の為に訪れた分〔夢輝のあ、北海道、室蘭ツアー(2010.9.30〜10.5)参照〕を含めたら個人的には既に4回目になるので、伊達の街が身体に馴染んできたのかもしれません。それでも、今回は宣伝の為にコミュニティ FM に出演したり、洞爺湖近辺を散策したり、北海道の幸を堪能したりと、色々と満喫出来たのは言うまでもありません。とても気遣ってくれて、やりやすい環境でライブに臨ませてくれる伊達の方々には、今回も改めて感謝なのでした。

    

 講義、そしてライブには沢山の方にお越し頂けました。伊達市の方は勿論、室蘭市や登別市等の遠方から駆け付けて頂いた方もいらっしゃって、また、この伊達メセナ協会企画の公演には殆ど足を運んでいる方、故に以前、自分が訪問した時の事も覚えて頂いていた方等もお声をかけて頂いたりと、本当に有り難かったです。
 そして伊達と自分達の縁は、それこそ6、7年前のライブで繋げてくれたものがありますが、そのライブでは、伊達をテーマにしたオリジナル曲を作って欲しいとの提案がありました。そこで出来たのが自分の作曲した“Energy of Silence”で、以前は竹内大輔ピアノトリオで披露させて頂きましたが、今回、Bridge のCD『Fly Beyond』ではこの曲が収録されており、ようやく音源という形で伊達の皆さんにお届けする事が出来ました。時間は掛かってしまいましたが、伊達と自分達を繋げた一連の流れの、良い締めとなる機会になったのではないかと思います。
 ステージ、そして近辺観光?と共に充実した伊達訪問。久し振りの訪問でしたが、既にまた行きたくなってしまっています(笑)。それは、単にその場所に足を踏み入れたいという気持ちだけではなく、お世話になった伊達の方々にまたお会いしたいというのが大きいでしょう…。今回の詳細は、またツアー日記として改めて綴らせて頂きたいと思います。どうもありがとうございました!

 ☆伊達メセナ協会のHP…http://date-mecenat.jp/

 ☆伊達市だて歴史の杜カルチャーセンターの(伊達市の)HP
 …http://www.city.date.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001542.html

 ☆Bridge のHP…http://bridge-duo.com
 
 
☆郷原繁利のHP…http://sgohara.com/

拍手[6回]



 サックスの郷原君とのユニット Bridge で、先日は群馬県の猿ヶ京で行われた、今年で4回目を迎えた猿ヶ京音楽祭に出演をしてきました!…音楽祭は4月21日、22日の2日間行われ、自分達は両日出演。エッグホールという、小さなめなホールとは言えグランドピアノが備え付けられた環境で、両日とも全て違う選曲でやらせて頂きました。
 今回の機会は、猿ヶ京にお店を構える Humpty Dumpty あってのものであるのは言うまでもありませんが、ここは正にこの企画の発信場所でもあるのでした。音楽祭開催時は、一種の休憩場所として出演者に開放し、朝食や打ち上げ時には料理も沢山振る舞って頂けました。…勿論、ここで以前から出される美味しいカレーも健在で、初めてこの場所に来た方も大いに喜んで頂けた事でしょう。自分達も、Humpty Dumpty に縁ある出演者として今回参加出来て、とても有り難いと思った2日間になりました。

    

 訪れた猿ヶ京は所々にお花が咲いていて、春らしい風景が広がっていました。…そういえば、4月という時期に猿ヶ京を訪れるのは初めてだったかもしれません。しかし、この日は真っ青な空に、強い日差しと、気温だけ考えれば夏のような天気でもありましたが、お花の鮮やかさを見るとやはり“春”で、何だか不思議な感覚にもなります。聞けば、この1週間前は非常に寒く、夜は2、3℃ぐらいにまでなっていた日もあったとの事でした。また、遠くに目をやると、まだまだ雪を被った谷川連峰が臨め、これが猿ヶ京の景色の特徴とも言えましょう。…そんな自然が沢山の中で行われた音楽祭は、環境通り、とても伸び伸びと、そして人間味溢れる時間が展開されていったのでした。

    

 何度か訪れている猿ヶ京ですが、今回は2日間滞在していたので、個人的にもとてもゆったりとした時間を過ごさせて頂きました。天気にも恵まれ、多くの方との縁も出来ました。Bridge のステージも両日盛り上がり、改めてこの機会に感謝でした。この詳細はツアー日記として、また後日に綴っていきたいと思います。どうぞ楽しみにしていて下さい。お疲れ様でした!

 ☆猿ヶ京音楽祭のHP
  …https://www.facebook.com/sarugakyo.ongakusai/(Facebook のページ)


 ☆Bridge のHP…http://bridge-duo.com
 
 
☆郷原繁利のHP…http://sgohara.com/

 ☆猿ケ京(群馬)Humpty Dumpty のHP…http://kie-ko.net/

拍手[7回]



 昨年の10月に浅草 Gold Sound にて行われた、Codex Barbès と TRI4TH の2マンライブ〔TRI4TH、『Mémoire de Barbès Vol.5』に出演参照〕以来、何かこの2バンドでツアーを回れたらという話しがあったのですが、先日の週末、ついに2マンツアーが実現しました!…場所は長野の伊那と愛知の蒲郡で、後者は TRI4TH にとっては初めての土地となった場所でしたが、どちらも多くのお客さんにお越し頂き、盛り上がった時間を過ごせました。伊那も蒲郡も大都市という街ではありませんが、その熱気は凄まじく、本当に刺激的な2日間だったと思います。

  

 1日目は伊那 GRAMHOUSEN にて、Codex Barbès 先攻でライブは始まりました。つまりは後攻が自分達 TRI4TH になったわけですが、アンコールの“Sand Castle”では Codex Horns の3人にステージに上がって頂き、コラボ演奏で進めさせて頂きました。5管のハーモニーは音も分厚く、それでいてドライブ感も高く、これまでにない“Sand Castle”が出来上がっていたと思いました。

  

 2日目の蒲郡 BUZZ HOUSE は、前述の通り TRI4TH は初めての土地。お店に入って、そのステージとの距離感の近さに驚かされましたが(笑)、ここでライブを見れたお客さんは、音の近さも相まって、とても刺激的な空間を共有出来たのではではないでしょうか。ここでは先攻が TRI4TH で、後攻が 
Codex Barbès となり、アンコールでは初日とは逆に、TRI4TH Horns の2人が Codex Barbès のステージに合流…。身動きが取れるのかギリギリの状態のステージで、迫力あるパフォーマンスが展開されていったのでした。勿論、お客さんもそれに負けじと応戦し、BUZZ HOUSE のフロアは熱気と喜びに満ち溢れていました。

 今回のツアーは伊那と蒲郡の2ヶ所のみとなっていましたが、日程以上に濃い2日間だったように思います。新しい出会いと刺激的な時間は、また今後の TRI4TH にとっても良い機会になりました。多くの方にお世話になり、何より 
Codex Barbès の格好良い音楽に触れられたのがとても嬉しかったです。

  

 どうもありがとうございました!…この模様は、また新たにツアー日記として詳しく綴っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

 
Codex Barbès のHP…http://codexbarbes.com/


 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆伊那 GRAMUHOUSE のHP…http://www.gramhouse.net/

 ☆蒲郡 BUZZ HOUSE のHP…https://buzzhouse.exblog.jp/

拍手[4回]



 4月8日(日)は、JABBERLOOP の新作CDアルバム『NEW』の2マンツアー仙台編が行われました。ここで対バン相手に抜擢されたのが TRI4TH。JABBERLOOP と2マンライブを行うというのは〔TRI4TH×JABBERLOOP、西日本ツアー(2012.8.23〜8.26)〕以来、約6年振りとの事!…時間が経つのは早いなと思いますが、またこうして2バンドでライブが一緒に出来るというのは本当に有り難い事でもありました。仙台での公演。思い切りやらせて頂き、非常に盛り上がった時間となりました。

    

 ライブは TRI4TH が先攻で、後攻の JABBERLOOP ステージ時には“ナナナ”で自分が、そしてアンコールの“シロクマ”では TRI4TH Horns が参戦し、更に熱量が上がった時間を提供させて頂きました。正直、仙台でここまで盛り上がった光景を見たのは今回が初めてだったような気もします。遠方からお越し頂いた方も多く、最初から最後まで、皆で1つになって作れたステージになりました。どうもありがとうございました!

    

 仙台では打ち上げも充実していまして、お店は有名人も多く訪れる、ゆめや…。ここの秘伝のタレを付けて食べる牛タン串…。外側が少々カリカリしているも、口に入れると肉が溶けるようなフワフワさ…。参りました。そして次の日のランチも牛タン(笑)。JABBERLOOP チームと一緒に、楽しい時間を過ごせたのがまた良かったのでした。この模様はまた改めてツアー日記に綴っていきたいと思います。ひとまず、どうもお疲れ様でした!

 ☆JABBERLOOP のHP…http://www.jabberloop.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆仙台 space Zero のHP…http://neobrotherz.com/spacezero/

拍手[6回]



 久し振りのブログ更新になってしまいましたが、3月2日、8日、9日とかけて、TRI4TH として今年初めてとなる遠征ツアーを行ってきました。内容は、日本の誇るジャズロックバンドである、勝手にしやがれとの2マンツアー…。その名も『Black Jacket Tribe』です。漆黒の衣装に身を包んだ異なる2バンドとのコラボは、以前からとても楽しみにしていたツアーでもあり、大先輩のバンドと一緒に回れるという、願ってもない機会でもありました。遠征先は東名阪の計3ヶ所。公演数としては僅かでしたが、どこも大勢のお客さんにお越し頂き、素晴らしい盛り上がりを見せた3公演になりました。

    

 これらの詳細は、ツアー初日の東京は下北沢 Garden でも公演を含めて、後にツアー日記として振り返っていきたいと思っていますが、今回のライブは TRI4TH にとっても、1ヶ月程の間が空いてしまった久し振りのステージになりました。2マンライブなので、1バンドのステージは50分程の時間ではありましたが、現在の TRI4TH の魅力を詰め、今までとは異なるアプローチも試しつつ、更に熱い内容を見せられたライブになったと思います。
 勿論、ツアー内でもそのブラッシュアップを高めていきます。実際、自分達としての改善点はすぐに次のライブに盛り込まれ、数を重ねる毎に、対策を生かせたステージを披露する事が出来たのも良かったです。自分達は、5月23日にカバーアルバム『Hybrid ROOTS』のリリースを発表したばかり。その中には、勝手にしやがれの楽曲“円軌道の外”も含まれており、その曲も含めて、既に次のツアーにも意識を向けたステージングにもなっていたと思います。常に進化が問われる TRI4TH。今回も攻めのステージになった事は確かでした。

    

 各公演のアンコールには、総勢12人がステージに上がり、勝手にしやがれの“ロミオ”を演奏させて頂きました。なんて豪華な編成なのでしょう…。ホーンは全部で6人いて、鍵盤は勿論ですが、ベースも2人(笑)。最高の時間を過ごさせて頂きました。打ち上げも含めて、貴重な話しや刺激的になる事ばかり…。沢山吸収をさせて、次のステップに進めればと思いました。つまりは、とても楽しい時間だったのです(笑)。また共演が出来ますように、自分達も切磋琢磨していきます。どうもありがとうございました!

 ☆勝手にしやがれのHP…http://katteni-shiyagare.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[6回]



 1月14日〜16日の3日間、弾楽で長崎県雲仙市に行ってきました。これは雲仙の教育委員会からコンサート開催のお話しを頂いたもので、タップダンスとジャズにまだ馴染みが無い方々へ向けて、子供から大人まで楽しめるコンサートをお送りしたいという願いから生まれたものでした。弾楽で雲仙市は初めての訪問になりましたが、長崎県自体には演奏ツアーで2016年に出向いており〔弾楽、西日本・九州ツアー(2016.7.30〜8.10)参照〕、また、弾楽リーダーのフルートの Izumi さんが長崎県諫早市(雲仙市の隣りです)出身という事もあって、長崎は弾楽に縁がある土地と言っても良いのかもしれません。今回、更なる足掛かりの一歩として、雲仙にメンバー皆で伺う事が出来たのは喜ばしい事で、弾楽の名を少しでも知って頂ける切っ掛けになればと思いました。

    

 コンサートは2日間にかけて行われましたが、そのうち2日目は地元の小学校である大塚小学校へ向けた、言わば授業の一環として行われたものだったので、一般に向けたものは1日目に集中してお送りしていきました。今回、ステージングには、自分達なりに練りに練って時間を掛けたものを用意し、途中にはタップのワークショップを行う等、いつも以上に気合いの入った時間となりましたが、その素直な熱意が伝わったのか、本当に沢山のお客さんに喜んで頂ける事になりました!…その時のアンケートを読み返したりして、改めて勉強になったりする部分もあり、良いステージが実現出来たなと思います。会場内は子供達も多かったと思いますが、笑顔で自分達の演奏を聴いてくれている様子は、来て良かったと思わせてくれるのに十分でした。貴重な機会を、どうもありがとうございました!

 左上写真は数々の山に交じって見える雲仙岳(一番奥に薄く見える山)。そして右上写真は、今回のタップのワークショップに御協力、そしてコラボもして頂いた、長崎市内でタップダンススクールを行っている“SHUFFLE.T”の皆さんとの集合写真です。1つ1つの風景、そして縁を大切に、また次に繋がればと思いました。これらの様子は、後日にツアー日記に綴っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

拍手[0回]



 先日は TRI4TH で名古屋ブルーノートに出演をしてきました。CD『4th Rebellion』ツアーの一貫として組ませて貰ったライブですが、それ以上に、名実共にジャズクラブの最高峰とも言えるブルーノートというお店に出演出来るといった喜びが大きい1日でもありました。これまでサポート等では出演した事のあるブルーノートでしたが、やはり自分のバンドでの出演となると重みが違います。お店の入口に貼られた自分達の写真を見て、改めて感慨深い想いが溢れ出てきたものでした。

    

 名古屋ブルーノートでのライブは2ステージ入れ替え制。それでも、1ステージも2ステージ共に沢山のお客さんにお越し頂き、ステージから見えた景色は本当に感動でした。そして名古屋ブルーノートという、着席が当たり前のジャズクラブにて、最後には皆で立ち上がって音楽に合わせて踊っていくという空間に出来た事は、自分達へのひと回り大きな自信にも繋がったと思います。最高の時間でした。

    

 この日は“BLUE EDITION”という、『4th Rebellion』ツアーの中でも特別な時間でした。自分もグランドピアノを使い、着席が基本のスタイルで、しかも2ステージ制と、TRI4TH の最近のライブスタイルとは真逆の環境でやらせて頂きましたが、それでも振り返ってみると、自分達のスタイルを崩さずに進めていく事が出来ていたと思います。これはやはり、今年に沢山出演出来たミュージックフェス、そして海外公演という経験が大きかったのではないでしょうか。自分達の成長の度合いを再確認出来た1日でもありました。そして、そんな時間を多くのお客さんと体感出来て嬉しかったです。どうもありがとうございました!

 『4th Rebellion』ツアーも、いよいよファイナル、渋谷 CLUB QUATTRO での公演を残すのみとなりました。皆さん、準備は宜しいでしょうか?…TRI4TH、現在までの集大成をお見せする大事な時間です。再び、沢山のお客さんにお会い出来る事を楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします!


    ★11月16日(木)渋谷 CLUB QUATTRO
Open…18:30〜、Start…19:30〜、
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)
Member…≪TRI4TH≫(Tp,Flh)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
           (Key)竹内大輔、(B)関谷友貴
Special Guest…(G)ヒラマミキオ、(Bsx)青木ケイタ

     


 この名古屋ブルーノートでの詳細も、後にツアー日記として綴っていきたいと思います。気長にお待ち下さいませ(笑)!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆栄(愛知)NagoyaブルーノートのHP…http://www.nagoya-bluenote.com/index.html

拍手[8回]



 先日は Nautilus で、福島県いわき市の植田という町にてライブをやってきました。イベンターの方々との顔合わせも兼ねて前日入りし、ライブ当日は夜前には終わるスケジュールになっていたので、ライブ後にはそのまま東京に戻ってきましたが、とても印象的な1泊2日のツアーになりました。
 お店は CUORE というお洒落なバーで、ここに機材を全て持ち込んで行うという形態になりました。ドラムやキーボードは勿論、文字通り、アンプ類等も含めて、全て持ち込みをしなければならないので大変でしたが、沢山のお客さんやスタッフの方と共に過ごせたライブはとても楽し過ぎまして、すぐにでもまた訪れたいという気持ちで一杯になりました。DJの方々からの関心も強く、Nautilus はアナログレコードも数種類リリースしているので、こうしたコミュニティに足を踏み入れられたのは有り難い事でもありました。当日は約45分のステージを2回、本当にたっぷりと行われました。東京ではなかなかやらない(笑)アンコールもやりましたし、充実した時間を過ごせたのだと思います。

    

 滞在時間的には、本当に丸々24時間という感じだったでしょうか…。いわき市の中でもこの植田という所は静かなエリアにあって、そこにこうしたイベントが年に何度か行われているというのは驚きでもありましたが、また訪れて植田を盛り上げていけたら良いなと思います。またこうして出来た新たな縁に感謝でした。

 そして、これは個人行動ですが、滞在場所がJR常磐線に程近い所だったので、ライブ当日の朝に常磐線の旅に行ってきました。…というのは、常磐線は最近、竜田駅〜富岡駅の間が復旧開通され、現状がどうなっているのか確認をしたかった為です。御存知の通り、東日本大震災で常磐線は壊滅的な被害を受けており、今でも運行休止区間が存在しています。そんな中、徐々に復旧する区間も出てきて、前述の竜田駅〜富岡駅間もそうでした。前日のイベンターさん方の話しでは、たぶん駅前にはまだ何も無い…との事でしたが、地元の人でもなかなかそちらの方面には行かないのでしょう。ドキドキしながら向かったものでした。

    

 そうして着いた、常磐線の東京側の現在の北端である富岡駅は、殆どが造り直されたので綺麗にはなっていたものの、海側は所々に瓦礫の山が積まれた再開発地区のような雰囲気、山側でも建物は殆ど無く、復旧はこれから…というような状況でした。富岡駅はそもそもが海に程近い場所に位置していた為、地震とその後の津波で全壊。現在の駅の場所は、以前よりも北に100mほど移され、津波対策もしっかりとなされているのだとか。ここの区間が運転再開になったのは10月21日…。この日の約2週間前だったので、人の流れもこれからという感じなのかもしれません…。確かに、回りに何も無い…というのは正しかったですし、何だか〔鉄道さんぽ 34.(JR東日本、仙石線編)〕を思い出されます。…しかし、鉄道は通りました。現在はここから先は運行休止状態ですが、それも2020年頃には全面復旧を目指すのだそうです。この先の常磐線の発展、そして町の発展を願い、この日のライブに備えた感じになりました。

 いわきという場所(富岡駅は双葉郡富岡町ですが…)を、ライブの面と震災の面から垣間見れたツアーにもなりました。ライブも言わば、町のパワーの源になって欲しいと思って自分達もやらせて頂いているところではあります。またこうした機会がありますように。どうもありがとうございました!…この模様はまた、ツアー日記で詳しく記していきたいと思います!

 ☆Nautilus のHP…https://www.nautilusmusic.net/

拍手[3回]



 お待たせしました。大変遅くなってしまいましたが、〔2017年10月のスケジュール〕が最後まで完成しました。もう10月もあと僅かですが、色々とライブは行っていますので、チェックして頂けたらと思います。それでは本文へどうぞ!



 10月21日〜23日にかけて、TRI4TH『4th Rebellion』ツアーの東北編へと出向いてきました。今回のライブ場所は宇都宮と仙台。仙台でワンマンライブをするのは昨年に続いて今回で2回目となりましたが、宇都宮は〔TRI4TH、東北ツアー(2012.11.23〜11.25)〕で立ち寄らせて頂いて以来、約5年振り。またこの地でライブが出来る事に感謝しつつ、北関東、東北を盛り上げていこうという意志もしっかり持てていた気がします。

    

 宇都宮は SNOKY RECORDS という、写真通り、正にレコード屋という場所でやらせて頂いたのですが、レコード屋ブースの奥にバースタイルのフロアが用意されていて、ここでガンガンにやらせて頂きました。広くはない空間ではありましたが、それ故、お客さんとの近さは今回のツアー随一のものであったように思います。2ステージと分けて演奏した事も特筆されますが、勿論自分達のライブスタイルは崩さず、お店をダンスフロアに仕立て上げる事が出来ました。

    

 仙台では昨年と同じお店、space Zero にてやらせて頂きましたが、前回以上に盛り上げなければならない事は当然でしょう。皆、その想いで今回のステージに臨み、そして目的は達成されました。当日は台風が接近していて、大雨の中での公演となりましたが、前回を遥かに越えるお客さんの数に見守られ、相当な盛り上がりをみせる事が出来ました。照明も本当に凝って頂き、TRI4TH の現在のパフォーマンスと併せて楽しめたのではないかと思います。自分達にとって、ワンマンライブはまだ2回目というこの地で、沢山の方と刺激的な時間を共有出来た事に本当に感謝の1日でした。

 宇都宮、仙台と経て、『4th Rebellion』ツアーもいよいよ佳境へと入ってきました…。残るはブルーノート名古屋と、ツアーファイナルである渋谷の CLUB QUATTRO にてです。どちらも本当に重要なライブです。バリエーションのある自分達の現在進行形のパフォーマンスをどうぞお見逃しなく。今回のツアー模様も、後にツアー日記としてアップしたいと思います。それでは引き続きよろしくお願いします!


    ☆TRI4TH、4th Rebellion ツアー(後半戦)
・11月12日(日)栄(愛知)ブルーノート NAGOYA
1st:Open…16:00〜、Start…17:00〜、
2nd:Open…19:00〜、Start…20:00〜、
Charge…各5300円(入れ替え制、オーダー別)

・11月16日(木)渋谷 CLUB QUATTRO
Open…18:30〜、Start…19:30〜、
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

※以上、メンバーTRI4TH≫(Tp,Flh)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
             (B)関谷友貴、(Pf,Key)竹内大輔
 Special Guest(16日のみ)…(G)ヒラマミキオ、(Bsx)青木ケイタ

    


 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[4回]



HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

7月8日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st…14:00〜、
2nd…15:30〜、
Charge…1000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[06/21 skincare57890.imblogs.net]
[06/21 spartagen xt supplement]
[06/21 Prediksi Bola]
[06/21 Genf20 Plus]
[06/21 Genf20 Plus Scam]
[06/20 islam slimani wiki english]
[06/20 free psychic questions answered online]
[06/20 tarrot readings]
[06/20 Buy Genf20]
[06/20 Prediksi Bayern Munchen vs Real Madrid]
[06/20 Prediksi Bayern Munchen vs Real Madrid]
[06/20 série 2018 netflix]
[06/20 Prediksi Bayern Munchen vs Real Madrid]
[06/20 Kimber]
[06/19 Prediksi Bayern Munchen vs Real Madrid]
[06/19 fap]
[06/19 Prediksi Bayern Munchen vs Real Madrid]
[06/19 psychic card readers]
[06/18 Prediksi Bayern Munchen vs Real Madrid]
[06/18 Prediksi Bola]