2018 / 08
≪ 2018 / 07 1 45 6 7 8 10 12 14 18 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2018 / 09 ≫

 8月4日、5日と、TRI4TH で福井と名古屋でライブを行ってきました。これは、前者は福井駅近くの福井中央公園で行われたフリーイベント、FBC サマーフェスタ2018への出演で、後者は TRI4TH Presents『Tokyo JAZZ Tribe in NAGOYA』という久々の企画で、RIDDIMATES との2マンライブをやらせて頂きました。どちらも非常に盛り上がった内容のもので、特に福井は TRI4TH にとって初めての地。良い刺激にもなり、沢山の新しいお客さんと出会えた遠征になりました。
 どちらも猛暑に見舞わられた2日間…。初日の福井は野外ステージともなっており、熱中症の心配もされるぐらいでしたが、自分達の出番の18:30頃は陽が傾いており、風も少し出てきたせいか、思ったよりは爽やかな環境で出来たと思いました。…とは言え、暑い事には変わりはなかったですが(笑)、その中でも TRI4TH のパフォーマンスは全力でやりきりました。ドラムのタカオさんは富山出身という事で、同じ北陸圏内の福井には特別な想いもあった事でしょう。初めての土地という福井にて、お客さんも交えて大いに盛り上がったステージになりました。

     

 自分達の後には、盟友 JABBERLOOP、そして MORE THE MAN のステージで、音楽の夜を更に彩っていきます。そしてラストの MORE THE MAN のアンコールでは、それぞれのバンドのホーンメンバーを中心に MORE THE MAN のステージに参加して、皆で“Monster Rock”を演奏しました。TRI4TH としても、カバーアルバムでキラーチューンとして取り上げたこの曲。ここで演奏出来るのは嬉しい限りでした。初めての土地である福井は、大いに刺激的になった1日になったのでした。

 福井の次の日の2日目は名古屋に移動して、お馴染みの伏見 JAMMIN' にて、RIDDIMATES との2マンライブが行われました。この『Tokyo JAZZ Tribe』という TRI4TH 主催のイベントはTRI4TH Presents Tokyo JAZZ Tribe Vol.7 参照以来、なんと4年振りに行う事になったのですが、これの Vol.6
TRI4TH Presents Tokyo JAZZ Tribe Vol.6〕に出演して貰ったのが、他ならぬ RIDDIMATES でもありました。今回は同じホーンバンドとして、是非名古屋の皆さんにも知って頂きたく、この2マンを企画したのでした。勿論、RIDDIMATES のパフォーマンスは言うまでもなく格好良く、今回はラッパーの方をゲストに迎え入れ、更にルードな時間を作り出してくれていました。

     

 今回、TRI4TH のステージにも、この RIDDIMATES のホーン隊をゲストに組み入れて演奏させて頂いたのですが、これは今度の8月11日(土)のライブの為に情報をとっておく事にしましょう。今度は RIDDIMATES 主催の2マンライブに、TRI4TH が出演する事になっているのです。場所は新代田 FEVER にて、大々的に行います。この名古屋で盛り上がった双方のステージを是非とも東京でも体験して頂きたいです。自分達が一番楽しんだとも自負できたこの2マンライブ。どうぞお見逃し無く!

 ☆FBC サマーフェスタのHP…http://www2.fbc.jp/summerfesta/

 ☆伏見(愛知)JAMMIN' のHP…http://jammin.l.c-o-a-l.jp/admin.usr/index.obj/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆RIDDIMATES のHP…http://brassrockers.com/

拍手[9回]



 先日の7月19日〜22日にかけて、TRI4TH でシンガポール公演を行ってきました。これは Calmera との2マンライブ、正に『HORNS RIOT』のライブをしてほしいとの依頼があったもので、ライブは7月20日(金)に決行。有名なマーライオンやマリーナベイサンズが見渡せるエリアにある複合施設、Esplanade の Annexe Studio にて大々的に行われました。
 TRI4TH にとってシンガポール公演は勿論初めてで、その初めて足を踏み入れる国での、両者の2マンライブ…。これほど有り難い話しはありません。自分達にとっても Calmera にとっても『HORNS RIOT』というライブが海外で実現出来る事の喜びは、本当に大きいものだったのでした。精一杯、演奏させて頂きました。

    

 シンガポールは赤道直下の国ではありますが、もはや現在の日本の方が暑いと言っても良いぐらいでしょう。ガーデン・シティとも言われるシンガポールは緑も多く、暑いなりにどこか心地良い空気が流れているように感じました。Esplanade Annexe Studio はベイサイドで、多くの人が集まってくるエリアに位置しており、この周辺を歩いているだけでシンガポール観光が出来てしまいそうな感じでしたが、音楽流行の発信地でもあるのでしょう。色々なイベントが組まれていて、自分達のライブもその一環となっていました。

    

 今回のステージはフリーのライブではなく、チャージが必要な空間でもありましたが、本当に多くのお客さんに集まって頂いて、非常に高い熱量が渦巻くライブとなりました。この1年前に Calmera はシンガポールでライブを行っているものの、こんなにも大勢の方にお越し頂けるとは思ってもいませんでした。本当に有り難いと思う以上に、自分達は最良のパフォーマンスをお届けしなければいけないという責任も感じたものでした。
 勿論、いつもの言葉では通じない中でのライブとなりましたが、MCも英語にして、海外の方にも分かりやすい流れでステージを進めていきます。ここでの Calmera はやはり流石で、徐々にお客さんをステージの虜にしている感じが如実に分かりました。ステージの最後にはどんどん巻き込んでいって、大きな拍手と歓声。その姿は相当格好良かったです。

    

 アンコールには両バンドのメンバーが揃って“HORNS RIOT”を熱演。沢山の楽器の音色が高い熱量と共に入り交じり、沢山のお客さんと一緒に楽しい時間を過ごせました。多民族国家であるシンガポールでの客席をステージ上から眺められた時間、きっと忘れる事は無いでしょう。素晴らしい機会を、どうもありがとうございました!…Thank you Singapore!!

  

 TRI4TH にとって約1年振りの海外公演は、これまで以上に成長を感じられたステージにもなりました。この経験は日本にも持ち帰って、更にブラッシュアップさせたステージをお送りしていきたいと思います。どうぞ今後の展開も楽しみにしていて下さい!…この模様は改めてツアー日記に綴らせて頂きます。どうぞよろしくお願いします!

 ※追伸:今回はロストバゲージにはなりませんでした!…お疲れ様でした!

 ☆Esplanade のHP…https://www.esplanade.com/

 ☆Calmera のHP…http://www.calmera.jp/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[13回]



 少し時間が経ってしまいましたが、先週の6月16日(土)の大阪、17日(日)の福岡での公演をもって、TRI4TH のカバーアルバム『Hybrid ROOTS』のリリースに伴うツアーが終了となりました!…今月頭に行った東京、名古屋公演を含めて、どの会場も本当に沢山のお客さんにお越し頂き、熱量ある盛り上がりを見せてくれました。ステージから見える景色は素晴らしく、個性ある会場で皆さんと一緒に踊れるジャズ・ステージを満喫出来て良かったです。今回の公演場所は合計4ヶ所と少なめでもあったので、あっという間に時間が経ってしまった感じですが、その分ギュッと凝縮された、とても内容の濃い時間を送る事が出来ました。

    

 先日の東京、名古屋公演から、またセットリストを変えて臨んだ大阪公演。それは、ステージに変化を付けると言うよりも、より良いセットリストがもっとある筈…と、それこそ皆で考えて作ったステージでもありました。大まかには以前の流れを受け継ぎつつも、小さな変化が大きな変化になる事を皆は分かっていたのでした。その新たなセットリストでお送りした大阪公演は、更に盛り上がり度を更新。とても良い時間を過ごせたと思います。
 自分達としては初となるワンマンライブを行わせて頂いた、梅田シャングリラというお店もまた自分達 TRI4TH によく合っているお店で、照明の仕込みも完成度が高く、演奏している自分達も当然の如く、気持ちが高ぶっていくが分かりました。何なら、客席からこのステージを客観的に見てみたい程でしたが(笑)、その良さはお越し頂いたお客さんのみが分かるという特権なのでしょう。
 
 大阪で盛り上げられたステージを、そのまま福岡へと持っていきます。今回初めて、ここ福岡がツアー・ファイナルの場所となりました。今までですと、福岡から始まるパターンが多かったような気もするのですが、何度も足を運ぶ事によって、福岡でも多くのお客さんにお越し頂ける実績が出来たからこそ、実現したと言えるでしょう。
 福岡のライブハウスは、どの場所よりもフロアとステージが近かったです。これぞ福岡らしいとも言え、お客さんと一緒にライブステージを作っていくのが、より如実に見えてくる状況とも言えるでしょう。とてもアットホームで、自分達の来福を喜んで頂ける福岡。自分も本当に好きな街の1つで、今回、ここでファイナルを迎えられて本当に良かったです。最初から最後まで気を抜かず、とは言え福岡でのステージを楽しませて頂きました(何なら、自分もベースを持ち上げてしまっていますが…笑)。

    

 アンコールには、このツアーのタイトルである『Hybrid ROOTS』Tシャツを着てステージに再登場。意外と、この着替えは久し振りだったりもします(笑)。本当にお客さんが温かくて、また福岡に来ようと誓った1日にもなりました(実際に行きます!…笑)。

 …これにて『Hybrid ROOTS』ツアーは終了となりましたが、今すぐにでも次の展開に行けるよう、自分達は準備をしております。…そう、新しいツアー『Shout』が発表となりましたね。現在、今回の大阪、福岡を含む全6ヶ所での公演が予定されております。まだツアーの内容は詳しくは言えないのですが、その中でも11月18日(日)の東京公演は、今度新しくオープンする渋谷ストリームホールにて大々的に行います。当然、今までの TRI4TH ワンマン公演の中でも一番大きなハコとなっています。是非とも皆さんのお越しをお待ちしております。
 今度は「踊ろうぜ!」と共に「叫ぼうぜ!」も重要になってくるかもしれません(笑)。どうぞ楽しみにしていて下さい。今回のツアー詳細は、またツアー日記として綴らせて頂きたいと思います。どうもありがとうございました!


   ☆TRI4TH、“Shout”ツアー
・11月3日(土)仙台 SPACE ZERO
Open…17:30〜、Start…18:00〜、
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

・11月18日(日)渋谷 STREAM Hall
Open…17:00〜、Start…18:00〜、
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

・12月2日(日)福岡 ROOMS
Open…17:30〜、Start…18:00〜、
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

・12月3日(月)広島 LIVE JUKE
Open…19:00〜、Start…19:30〜、
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

・2019年1月18日(金)梅田(大阪)シャングリラ
Open…19:00〜、Start…19:30〜、
Charge…前売り3800円(共にドリンク別)

・2019年1月19日(土)伏見(愛知)JAMMIN'
Open…17:30〜、Start…18:00〜、
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)


※以上、メンバーTRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
             (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔

 先行受付期間…6月18日(月)10:00〜7月8日(日)23:59
 一般発売…8月4日(土)〜
 ・ぴあ…0570-02-9999
 ・ローソンチケット…0570-084-003
 ・e+…こちら

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[5回]



 6月3日(日)は TRI4TH で名古屋ブルーノートに出演をしてきました。これは、現在行われているCD『Hybrid ROOTS』ツアーの一環で組まれたもので、TRI4TH にとって2度目の出演となったものでした。憧れのブルーノートという場、そして前回のツアーに引き続いて出演が実現した今回ツアー。感謝と共に、今回も TRI4TH らしさをブルーノートで…という課題を掲げての出演にもなりました。ツアーの一環で組まれていますが、御存知の通り、ここだけ他の場所とは違い、着席スタイル、そして2ステージ入れ替え制となっているのです。…となると、2日前に行われた〔TRI4TH、CD『Hybrid ROOTS』リリース・パーティー〕で、いったん完成させたステージングですが、名古屋ブルーノートでのステージは再度、セットリスト等も含めて見直さなければいけません。
 その意味では、特異なステージだった名古屋ブルーノート編とも言えますが、お越し下さって分かるように、ここは TRI4TH のスタイルも貫く事が大事だと考えました。踊れるジャズを掲げている自分達にとって、もはや着席スタイルであろうと関係ありません。…最後には皆で立ち上がって、ブルーノートがクラブフロアと化していきます。そこには、前回以上に沢山の方にお越し頂いたフロアの様子が視界に飛び込んできたのでした。大勢の方と共に踊って楽しむ時間は、自分達にとっても至福の時間。最初は不安もありましたが、スタイルを貫いて良かったと思えるライブになりました。

    

 この模様は、またツアー日記として綴らせて頂きます。『Hybrid ROOTS』ツアーも折り返し地点…。いよいよ週末には大阪、福岡へと出向き、今回のツアーの締め括りとなります。今後更にパフォーマンスをブラッシュアップすべく、このツアーの中でも変更点が生まれていくかもしれませんが、より良いライブの為に、まだまだ切磋琢磨していきたいと思います。引き続きよろしくお願いします!


   ☆TRI4TH、Hybrid ROOTS リリースツアー(後編)
・6月16日(土)梅田(大阪)シャングリラ
Open…17:30〜、Start…18:00〜
Charge…前売り3800円(共にドリンク別)

・6月17日(日)天神(福岡)The Voodoo Lounge
Open…18:30〜、Start…19:00〜
Charge…前売り3800円、当日4300円(共にドリンク別)

※以上、メンバーTRI4TH≫(Tp)織田祐亮、(Sax)藤田淳之介、(Ds)伊藤隆郎、
             (B)関谷友貴、(Key)竹内大輔

     


 どうぞお楽しみに!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆栄(愛知)NagoyaブルーノートのHP…http://www.nagoya-bluenote.com/index.html

拍手[5回]



 4月27日〜29日と、サックスの郷原君とのユニット Bridge で、北海道は伊達にて演奏をしてきました!…伊達は本当に久し振りの訪問になりましたが、これは以前(既に6、7年前になりますが…)、竹内大輔トリオ、北海道、伊達ツアー(2011.7.22~7.24)〕でもお世話になった、伊達メセナ協会からのお誘いによるもので、郷原君が学生時代に建築音響の研究をしていた事から、音の「響き」についての講義、そして付随してライブステージも行うという、少し珍しい舞台を用意して頂きました。講義、演奏場所は前述の公演でも行われた、伊達にある歴史の杜カルチャーセンターというホールで今回は講堂を使用しましたが、音の良いグランドピアノを使わせて頂き、正に音の「響き」をその場にお越し頂いた方々と体感させた、とても気持ち良く演奏出来た時間になりました。
 以前から、ここでの滞在は2泊3日が基本で、間の1日が演奏の日になるので、今までですと文章上では「慌ただしく終えた」…というように書いていたと思うのですが(笑)、今回は何故だかゆったりと伊達を満喫出来たような印象がありました。伊達に来るのは、最初の挨拶の為に訪れた分〔夢輝のあ、北海道、室蘭ツアー(2010.9.30〜10.5)参照〕を含めたら個人的には既に4回目になるので、伊達の街が身体に馴染んできたのかもしれません。それでも、今回は宣伝の為にコミュニティ FM に出演したり、洞爺湖近辺を散策したり、北海道の幸を堪能したりと、色々と満喫出来たのは言うまでもありません。とても気遣ってくれて、やりやすい環境でライブに臨ませてくれる伊達の方々には、今回も改めて感謝なのでした。

    

 講義、そしてライブには沢山の方にお越し頂けました。伊達市の方は勿論、室蘭市や登別市等の遠方から駆け付けて頂いた方もいらっしゃって、また、この伊達メセナ協会企画の公演には殆ど足を運んでいる方、故に以前、自分が訪問した時の事も覚えて頂いていた方等もお声をかけて頂いたりと、本当に有り難かったです。
 そして伊達と自分達の縁は、それこそ6、7年前のライブで繋げてくれたものがありますが、そのライブでは、伊達をテーマにしたオリジナル曲を作って欲しいとの提案がありました。そこで出来たのが自分の作曲した“Energy of Silence”で、以前は竹内大輔ピアノトリオで披露させて頂きましたが、今回、Bridge のCD『Fly Beyond』ではこの曲が収録されており、ようやく音源という形で伊達の皆さんにお届けする事が出来ました。時間は掛かってしまいましたが、伊達と自分達を繋げた一連の流れの、良い締めとなる機会になったのではないかと思います。
 ステージ、そして近辺観光?と共に充実した伊達訪問。久し振りの訪問でしたが、既にまた行きたくなってしまっています(笑)。それは、単にその場所に足を踏み入れたいという気持ちだけではなく、お世話になった伊達の方々にまたお会いしたいというのが大きいでしょう…。今回の詳細は、またツアー日記として改めて綴らせて頂きたいと思います。どうもありがとうございました!

 ☆伊達メセナ協会のHP…http://date-mecenat.jp/

 ☆伊達市だて歴史の杜カルチャーセンターの(伊達市の)HP
 …http://www.city.date.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001542.html

 ☆Bridge のHP…http://bridge-duo.com
 
 
☆郷原繁利のHP…http://sgohara.com/

拍手[6回]



 サックスの郷原君とのユニット Bridge で、先日は群馬県の猿ヶ京で行われた、今年で4回目を迎えた猿ヶ京音楽祭に出演をしてきました!…音楽祭は4月21日、22日の2日間行われ、自分達は両日出演。エッグホールという、小さなめなホールとは言えグランドピアノが備え付けられた環境で、両日とも全て違う選曲でやらせて頂きました。
 今回の機会は、猿ヶ京にお店を構える Humpty Dumpty あってのものであるのは言うまでもありませんが、ここは正にこの企画の発信場所でもあるのでした。音楽祭開催時は、一種の休憩場所として出演者に開放し、朝食や打ち上げ時には料理も沢山振る舞って頂けました。…勿論、ここで以前から出される美味しいカレーも健在で、初めてこの場所に来た方も大いに喜んで頂けた事でしょう。自分達も、Humpty Dumpty に縁ある出演者として今回参加出来て、とても有り難いと思った2日間になりました。

    

 訪れた猿ヶ京は所々にお花が咲いていて、春らしい風景が広がっていました。…そういえば、4月という時期に猿ヶ京を訪れるのは初めてだったかもしれません。しかし、この日は真っ青な空に、強い日差しと、気温だけ考えれば夏のような天気でもありましたが、お花の鮮やかさを見るとやはり“春”で、何だか不思議な感覚にもなります。聞けば、この1週間前は非常に寒く、夜は2、3℃ぐらいにまでなっていた日もあったとの事でした。また、遠くに目をやると、まだまだ雪を被った谷川連峰が臨め、これが猿ヶ京の景色の特徴とも言えましょう。…そんな自然が沢山の中で行われた音楽祭は、環境通り、とても伸び伸びと、そして人間味溢れる時間が展開されていったのでした。

    

 何度か訪れている猿ヶ京ですが、今回は2日間滞在していたので、個人的にもとてもゆったりとした時間を過ごさせて頂きました。天気にも恵まれ、多くの方との縁も出来ました。Bridge のステージも両日盛り上がり、改めてこの機会に感謝でした。この詳細はツアー日記として、また後日に綴っていきたいと思います。どうぞ楽しみにしていて下さい。お疲れ様でした!

 ☆猿ヶ京音楽祭のHP
  …https://www.facebook.com/sarugakyo.ongakusai/(Facebook のページ)


 ☆Bridge のHP…http://bridge-duo.com
 
 
☆郷原繁利のHP…http://sgohara.com/

 ☆猿ケ京(群馬)Humpty Dumpty のHP…http://kie-ko.net/

拍手[7回]



 昨年の10月に浅草 Gold Sound にて行われた、Codex Barbès と TRI4TH の2マンライブ〔TRI4TH、『Mémoire de Barbès Vol.5』に出演参照〕以来、何かこの2バンドでツアーを回れたらという話しがあったのですが、先日の週末、ついに2マンツアーが実現しました!…場所は長野の伊那と愛知の蒲郡で、後者は TRI4TH にとっては初めての土地となった場所でしたが、どちらも多くのお客さんにお越し頂き、盛り上がった時間を過ごせました。伊那も蒲郡も大都市という街ではありませんが、その熱気は凄まじく、本当に刺激的な2日間だったと思います。

  

 1日目は伊那 GRAMHOUSEN にて、Codex Barbès 先攻でライブは始まりました。つまりは後攻が自分達 TRI4TH になったわけですが、アンコールの“Sand Castle”では Codex Horns の3人にステージに上がって頂き、コラボ演奏で進めさせて頂きました。5管のハーモニーは音も分厚く、それでいてドライブ感も高く、これまでにない“Sand Castle”が出来上がっていたと思いました。

  

 2日目の蒲郡 BUZZ HOUSE は、前述の通り TRI4TH は初めての土地。お店に入って、そのステージとの距離感の近さに驚かされましたが(笑)、ここでライブを見れたお客さんは、音の近さも相まって、とても刺激的な空間を共有出来たのではではないでしょうか。ここでは先攻が TRI4TH で、後攻が 
Codex Barbès となり、アンコールでは初日とは逆に、TRI4TH Horns の2人が Codex Barbès のステージに合流…。身動きが取れるのかギリギリの状態のステージで、迫力あるパフォーマンスが展開されていったのでした。勿論、お客さんもそれに負けじと応戦し、BUZZ HOUSE のフロアは熱気と喜びに満ち溢れていました。

 今回のツアーは伊那と蒲郡の2ヶ所のみとなっていましたが、日程以上に濃い2日間だったように思います。新しい出会いと刺激的な時間は、また今後の TRI4TH にとっても良い機会になりました。多くの方にお世話になり、何より 
Codex Barbès の格好良い音楽に触れられたのがとても嬉しかったです。

  

 どうもありがとうございました!…この模様は、また新たにツアー日記として詳しく綴っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

 
Codex Barbès のHP…http://codexbarbes.com/


 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆伊那 GRAMUHOUSE のHP…http://www.gramhouse.net/

 ☆蒲郡 BUZZ HOUSE のHP…https://buzzhouse.exblog.jp/

拍手[4回]



 4月8日(日)は、JABBERLOOP の新作CDアルバム『NEW』の2マンツアー仙台編が行われました。ここで対バン相手に抜擢されたのが TRI4TH。JABBERLOOP と2マンライブを行うというのは〔TRI4TH×JABBERLOOP、西日本ツアー(2012.8.23〜8.26)〕以来、約6年振りとの事!…時間が経つのは早いなと思いますが、またこうして2バンドでライブが一緒に出来るというのは本当に有り難い事でもありました。仙台での公演。思い切りやらせて頂き、非常に盛り上がった時間となりました。

    

 ライブは TRI4TH が先攻で、後攻の JABBERLOOP ステージ時には“ナナナ”で自分が、そしてアンコールの“シロクマ”では TRI4TH Horns が参戦し、更に熱量が上がった時間を提供させて頂きました。正直、仙台でここまで盛り上がった光景を見たのは今回が初めてだったような気もします。遠方からお越し頂いた方も多く、最初から最後まで、皆で1つになって作れたステージになりました。どうもありがとうございました!

    

 仙台では打ち上げも充実していまして、お店は有名人も多く訪れる、ゆめや…。ここの秘伝のタレを付けて食べる牛タン串…。外側が少々カリカリしているも、口に入れると肉が溶けるようなフワフワさ…。参りました。そして次の日のランチも牛タン(笑)。JABBERLOOP チームと一緒に、楽しい時間を過ごせたのがまた良かったのでした。この模様はまた改めてツアー日記に綴っていきたいと思います。ひとまず、どうもお疲れ様でした!

 ☆JABBERLOOP のHP…http://www.jabberloop.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆仙台 space Zero のHP…http://neobrotherz.com/spacezero/

拍手[6回]



 久し振りのブログ更新になってしまいましたが、3月2日、8日、9日とかけて、TRI4TH として今年初めてとなる遠征ツアーを行ってきました。内容は、日本の誇るジャズロックバンドである、勝手にしやがれとの2マンツアー…。その名も『Black Jacket Tribe』です。漆黒の衣装に身を包んだ異なる2バンドとのコラボは、以前からとても楽しみにしていたツアーでもあり、大先輩のバンドと一緒に回れるという、願ってもない機会でもありました。遠征先は東名阪の計3ヶ所。公演数としては僅かでしたが、どこも大勢のお客さんにお越し頂き、素晴らしい盛り上がりを見せた3公演になりました。

    

 これらの詳細は、ツアー初日の東京は下北沢 Garden でも公演を含めて、後にツアー日記として振り返っていきたいと思っていますが、今回のライブは TRI4TH にとっても、1ヶ月程の間が空いてしまった久し振りのステージになりました。2マンライブなので、1バンドのステージは50分程の時間ではありましたが、現在の TRI4TH の魅力を詰め、今までとは異なるアプローチも試しつつ、更に熱い内容を見せられたライブになったと思います。
 勿論、ツアー内でもそのブラッシュアップを高めていきます。実際、自分達としての改善点はすぐに次のライブに盛り込まれ、数を重ねる毎に、対策を生かせたステージを披露する事が出来たのも良かったです。自分達は、5月23日にカバーアルバム『Hybrid ROOTS』のリリースを発表したばかり。その中には、勝手にしやがれの楽曲“円軌道の外”も含まれており、その曲も含めて、既に次のツアーにも意識を向けたステージングにもなっていたと思います。常に進化が問われる TRI4TH。今回も攻めのステージになった事は確かでした。

    

 各公演のアンコールには、総勢12人がステージに上がり、勝手にしやがれの“ロミオ”を演奏させて頂きました。なんて豪華な編成なのでしょう…。ホーンは全部で6人いて、鍵盤は勿論ですが、ベースも2人(笑)。最高の時間を過ごさせて頂きました。打ち上げも含めて、貴重な話しや刺激的になる事ばかり…。沢山吸収をさせて、次のステップに進めればと思いました。つまりは、とても楽しい時間だったのです(笑)。また共演が出来ますように、自分達も切磋琢磨していきます。どうもありがとうございました!

 ☆勝手にしやがれのHP…http://katteni-shiyagare.com/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

拍手[6回]



 1月14日〜16日の3日間、弾楽で長崎県雲仙市に行ってきました。これは雲仙の教育委員会からコンサート開催のお話しを頂いたもので、タップダンスとジャズにまだ馴染みが無い方々へ向けて、子供から大人まで楽しめるコンサートをお送りしたいという願いから生まれたものでした。弾楽で雲仙市は初めての訪問になりましたが、長崎県自体には演奏ツアーで2016年に出向いており〔弾楽、西日本・九州ツアー(2016.7.30〜8.10)参照〕、また、弾楽リーダーのフルートの Izumi さんが長崎県諫早市(雲仙市の隣りです)出身という事もあって、長崎は弾楽に縁がある土地と言っても良いのかもしれません。今回、更なる足掛かりの一歩として、雲仙にメンバー皆で伺う事が出来たのは喜ばしい事で、弾楽の名を少しでも知って頂ける切っ掛けになればと思いました。

    

 コンサートは2日間にかけて行われましたが、そのうち2日目は地元の小学校である大塚小学校へ向けた、言わば授業の一環として行われたものだったので、一般に向けたものは1日目に集中してお送りしていきました。今回、ステージングには、自分達なりに練りに練って時間を掛けたものを用意し、途中にはタップのワークショップを行う等、いつも以上に気合いの入った時間となりましたが、その素直な熱意が伝わったのか、本当に沢山のお客さんに喜んで頂ける事になりました!…その時のアンケートを読み返したりして、改めて勉強になったりする部分もあり、良いステージが実現出来たなと思います。会場内は子供達も多かったと思いますが、笑顔で自分達の演奏を聴いてくれている様子は、来て良かったと思わせてくれるのに十分でした。貴重な機会を、どうもありがとうございました!

 左上写真は数々の山に交じって見える雲仙岳(一番奥に薄く見える山)。そして右上写真は、今回のタップのワークショップに御協力、そしてコラボもして頂いた、長崎市内でタップダンススクールを行っている“SHUFFLE.T”の皆さんとの集合写真です。1つ1つの風景、そして縁を大切に、また次に繋がればと思いました。これらの様子は、後日にツアー日記に綴っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

拍手[0回]



HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

9月20日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


07 2018/08 09
S M T W T F S
1 4
5 6 7 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31