2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 昨日、今日と、Generation Gap(以下 GG)で2daysでライブをやってきました。場所はどちらも、GG のホーム・グラウンドとも言える横浜 Hey-Joe にてで、ここで GG で2daysライブを行ったのは初めてでしたが、10周年の節目とも言える(厳密に言えば、結成10年を超えてしまってはいるのですが…笑)、印象に残るライブになったと思います。

  和気藹々と始まったような感じも…  前回に引き続き、吹きまくってくれた海野さん

 まず、1日目の16日(日)からです。この日はアルトサックスに海野あゆみさんを迎えての編成となっていて、これは前回〔Generation Gap+海野あゆみ参照〕と同じメンバーでもあったので、慣れた感じで始められた状況ではありました。しかし、その“慣れた”という部分で最も前進していたのが海野さんでしょう。アンサンブルやソロの切り口等、前回とは明らかに“攻め”の度合いが違っていたように思います。これこそ GG のスタイルでもあり、それを見事にステージ化させてみせたのは、流石と言っても良いのかもしれません。

  ベースとバリトンサックスの掛け合いも楽しい♪  2日間お疲れ様…の、リーダー上杉君

 選曲こそ、前回初めて発表した新曲を2曲含めて、似たようなラインナップはあったものの、曲中における新展開への挑戦は、毎回演奏しても新鮮に映るものです。今回のライブで言えば、例えば“Dog Eat Dog”においてはベースとバリトン・サックスが掛け合いを行ったり、お馴染みの“Sappy!!!”ではサックス4人でソロを回していったり(その後の、いつものピアノとドラムの掛け合いは、何だか自分でも不思議に思うくらいな展開になっていったり…笑)、本当に色々ですね。今回で10年、いや、11年を迎える GG ですが、思い掛けない展開になっていくという意味では、まだまだ新鮮味は失われていないと思いました。そして、今後にも期待して良い部分なのでしょう。どんどん駆け抜けていきたいところです♪

  かなり長く続けたピアノVSドラム  やはり、サックス4人の絡みを注目していきたいです

 しかし、この日は個人的に、最初から張り切り過ぎた部分があったのか、2ステージの後半を過ぎてから、本気でバテてきてしまいました。ピアノとドラムの掛け合いがあったので、そのまま演奏に出すわけにいきませんでしたが、恐らく体力的な問題だったのかもしれません…(単に空きっ腹だったという噂も…笑)。演奏のペース…というのも大事に思わせてくれたライブとなりましたが、何だか GG は頑張りたくなってしまうんですよね(笑)。8人もメンバーがいるからかもしれませんが、サポートながら、主張もしてみたくなる思いに駆られてしまうわけです。そんなスタンスでやってきて、早6年(自分は2005年から参加しているので)。これからもよろしくお願いしたいものです。

 さて、2日目の17日(月)に移りましょう。この日はアルト・サックスに、GG 本メンバーでもある宮里陽太君に、久々に登場頂きました。〔2011年初の Generation Gap ライブ参照〕以来の事なので、約半年振りの勢揃い!…という感じになりましたが、もうこの日は、この事がそのままスペシャルな1日になったような気がしました。

  久し振りの揃い踏みですね!  半年振りは意外な感じも…

 この日は、1ステージ目はちょっと曲が少な目と言うか、いつもより1曲少ない、計4曲で挑みました。…と言うのは、2ステージに盛り沢山の企画を持ってお送りしたからです。それは、久し振りに行われたサックス隊のソロ・コーナーで、振り返ってみると、2007年に行われたワンマンライブ〔竹内大輔の写真日記(~2009)、Generation Gap ワンマンライブ at 六本木 Morph-Tokyo参照〕でもやってましたよね。今回はそれ以来となる試みとなりまして、流石に以前のジュリーのようなオチはありませんでしたが(笑)、この時の宮里君のコーナー(曲は御自身の曲である“Happy Tree”でした)での、本人のサックスの吹きっぷりは凄まじかったです(ちなみにこの時のみ、珍しくソプラノ・サックスで挑んでいました!)。シンプルな曲だからこそ、ソロ・ワークが問われる曲でもあると思っているのですが、タイトル通り、本当に幸せな時間を過ごせたような感じでした(この時、他のサックス隊のメンバーは休んでいるのですが、そんな楽屋から、「イエーイ♪」の掛け声が聞こえてきたぐらいでしたし…笑)。

  マイルス・デイビスの名曲“Tutu”を演奏した副田君  “水戸黄門のテーマ”を、ジャズ風にアレンジさせて演奏に臨んだ藤田君

  “Cantaloupe Island”で、ベースと激しいバトルを披露してみせた上杉君  自身の曲、“Happy Tree”で、見事に吹き切って見せた宮里君

 こうして4人それぞれのソロ・コーナーを終え、そのまま3曲も畳み掛けて2ステージを終了させました…。更にアンコールもやりましたから、曲数的にも盛り沢山な1日となりましたが、これこそ節目に相応しいライブだったと言えましょう。終わってみれば、あっという間の2日間でしたが、それぞれの日にちに特徴を見出せる、有意義な2日間だったとも言えそうですね!

  リズム隊も頑張ります!  今回もどうもありがとうございました!

 次回の GG ライブはまだ決まっていないですが、噂によれば、また Hey-Joe の年末イベントに参加するのではないか…という感じになっているようです。まだ何とも言えない部分があるので詳細は未定ですが、分かり次第、お知らせしていきたいと思います。とにかく、2日間、どうもありがとうございました。そしてメンバーの皆様、お疲れ様でした!

 ☆Generation Gap のHP…www.generation-gap.jp/

 ☆横浜 Hey-Joe のHP…www.ne.jp/asahi/hey-joe/yokohama/

拍手[12回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31