2018 / 07
≪ 2018 / 061 2 3 5 7 9 11 13 15 17 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2018 / 08 ≫

 昨日は、ボーカルの鹿嶋敏行さんとライブをやってきました。この日は、鹿嶋さんにとっては珍しい(たぶん)2マンライブの日で、“とんちピクルス”さんという方とのコラボを念頭におかれた“五分五分ライブ”というタイトルを引っ提げてのイベントとなっていました。
 お店は銀座にある Miiya Cafe という所で、この日が祝日だったという事もありますが、場所は銀座でも、路地裏らしい雰囲気が満点の所でもあったので、お店に辿り着くまでが不安で不安でなりませんでした(笑)。また、その一角の建物に入っても、お店はそのビルの4階に位置し、それまでまた、少し不安感が残る階段をひたすら上っていくしかないのです。
 そして4階に辿り着き、1つのドアを開けるとお店の中なのですが、これが意外?にも小奇麗な雰囲気で、予想以上に広い客席が印象的でした。ある意味で銀座らしくないですが、またある意味でも銀座っぽいような…そんな不思議な魅力のある場所でした。

  オレンジ色のネオンが目印の建物に入ります  オープニング風景

 このライブを企画した、たけださとしさん…という方がいらっしゃって、インターネットテレビで自分の企画したライブ・イベントを配信しているらしいのですが、今回はその実写版と言いますか、是非組み合わせたい人がいるという事で、とんちピクルスさんと鹿嶋さんの2マンライブが決定したのだそうです。…ライブのオープニングもそれらしく、まずステージ上に全員が集合して、今回のライブの主旨やら、内容やら、笑いありで(笑)、時間は進んでいきました。

  人形を使って、ピアノを弾き始めていました(笑)  とんちさんのステージで、他の2人も見ているという…(笑)

 とんちピクルスさんは、ウクレレを持っての弾き語りをするのですが、たまにラップ調の場面になったり、熊?の人形を取り出してMCやらお喋りをする等、なかなかユーモア溢れる方でもあります。福岡出身で、自分もたまに九州で演奏してます…と話していくと、なんとあの幻一郎さん〔竹内大輔の写真日記(~2009)、佐野 Dining Bar Ken+幻一郎参照〕を知っていると言うではないですか!…ここで幻一郎さんの話題で盛り上がるとは思いませんでしたが(笑)、だからこそ、何だか納得のいくステージでもありました。ただ、今回は東京だか銀座という場所を考慮したのか、今回の自分は“白とんち”だと仰っていました。本当は“黒とんち”を出していきたい…だそうで(笑)。何だか気になりますね。

 そして、自分達のステージです。鹿嶋さんとライブをするのは久し振りでしたが、今回は鹿嶋さんのオリジナル曲である“過ぎゆく季節の中で”から始まって、シャンソン風の曲調で“枯葉”、もはや自分達のスタンダード曲となっている“ヨイトマケの唄”等、バラエティに、そして変化の富んだ内容となっていました。また、久し振りという状況の中で、更にスリリングに…というわけではないですが、ジャズの名曲“Just Squeeze Me”を半ば即興的に、遊び心たっぷりで演奏しました。こちらも結構面白いステージになったのではないかと思います。

  熱心に聴いてくれる方が多かったです  最後の方も良い雰囲気でした♪

 そのままステージは佳境へ…。ついに…というわけではないですが、とんちさんと鹿嶋さんのコラボ・スタイルでのライブとなります。実際、2人一緒に歌っていくステージとしたもので、とんちさんはウクレレを弾きながら、鹿嶋さんはハモりを付けながら、締めとなる演奏をしていきました。最後には、“遠くでひばりもないている”という、とんちさんのオリジナル曲を自分も参加して演奏し、そのままアンコールへ突入して終了しました。どうもお疲れ様でした!

 今回のライブは2人がメインとなるもので、それぞれ1人でステージに立つ時は約4曲ずつ、コラボ・ステージも大体4曲ぐらいと、何となく少な目なスタイルなのかな…とも思っていたりしたのですが、時間は意外にも経っていて、何だかあっという間に過ぎてしまったという感じでした。喋りも挟んでのステージだったのもあってか、今回は本当にゆったりとした時間が流れていたのでしょう。だからこそ身体にも馴染ませる事が出来た、有意義なライブが実現されたのだと思います。1つ1つ丁寧に、それでも伝えたい事はしっかりと…、色々と手応えを感じる事が出来た1日でした。どうもありがとうございました!

 ☆銀座 Miiya Cafe のHP…http://www.miiya-cafe.com/

 ☆たけださとしさんの“歌のフリーマーケット”…http://takedasatoshi.seesaa.net/

 ☆とんちピクルスさんのブログ…http://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 ☆鹿嶋敏行さんのブログ…http://blogs.yahoo.co.jp/kajimarl_to_the_world

拍手[1回]



【不安感を乗り越えて良かった・・・】
お店のあるビルを確かめた後どうしてもすぐ階段を上がることが
できず、時間が少しあったため、近辺を散歩して心を落ち着けまし
た。すると東京宝塚劇場までたどり着き、劇場の前に、たぶん出演者が出てくるのを待っている人々が、ずらっと整列しているのに
出くわし、また別の刺激を受け、若干「くらっ」としながら、勇気
を出して階段を上がっていったのです。でもお店に入ってしまえば
居心地良く過せました。

以前からお聴きしたいなあ~と思っていた鹿嶋さん+竹内さんの
演奏、やはり期待どおりに素晴らしく、「ヨイトマケの唄」では
涙目になってしまいました。「Just Squeeze Me」は鹿嶋さ
んが「この曲では竹内さんとのバトルがある」(?)という意味
のようなことを唄う前に話されてましたが、そのとおりで、スリ
リングな感じで聴いていて楽しかったのです。
コラボ・ステージも異質なはずのおふたりが溶け合っていました
ね。

ライブも良かったのですが、意外なところで冒険心も味わえ(?)
思い出深き夜となりました。ありがとうございました。
【勇気を振り絞って頂けて良かった…】
ブログにある通り、自分も建物の前に辿り着いた時には
どうしようかと思いましたが(笑)、4階のお店に入った時には
かなりホッとしたものです。アットホームなお店でしたよね。

鹿嶋さんのステージ、如何でしたでしょうか。歌声の中に、
歌詞に重きを置いているというか、言葉の1つ1つと丁寧に
向き合っている姿が窺えるような気がしています。また機会が
ありましたらお越し下さいませ!…また冒険心も併せて(笑)。
【遅ればせながらお礼です】
竹内さん、おちゃさん。秋分の日はご出演&ご来場、ありがとうございました。
別にぼくが歌ったわけでもなんでもないのに、結構しばらくぼーっとした日々が続いてしまいましたが、あらためて、このライブの様子を番組で配信するために、何度も聴き返して、やはりみなさんに出演していただいて、よかったなぁと思っております。

会場のMiiya Cafe、内装は綺麗なんですが、入っているビルが、ものの見事に高度経済成長期で時間が止まったかのような、いかにも銀座の路地裏の雑居ビルで、確かに慣れないと入るのに勇気が要るかもしれませんね(汗)
幻一郎さんというかたの話題、いやぁ、世の中って狭いと言うか、どこかでちゃんと繋がっているものなんですね(^o^)
【お疲れ様でした】
こちらこそ、呼んで頂きありがとうございました!
逆に、あの場だったからこそのライブという雰囲気も
あったのではないかと思っています。やはり、独特の
空気感と言いますか(笑)、演奏に対して影響のある
状況ではあったと思いますし…。とにかく楽しかった
です。またどうぞよろしくお願いします!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

7月8日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st…14:00〜、
2nd…15:30〜、
Charge…1000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 5 7
9 11 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[07/22 somatotropin]
[07/22 Film semi]
[07/21 baca infonya disini]
[07/21 genf20 Plus]
[07/21 nonton film semi terbaru]
[07/21 Genf20 Plus]
[07/21 đèn led ốp trần hải nam]
[07/21 film semi]
[07/21 Genf20 Plus]
[07/21 918kiss apk]
[07/21 lipo cla avis]
[07/21 camera wifi giá rẻ hà nội]
[07/21 Genf20 Plus]
[07/21 agen bandarq]
[07/21 agen bandarq]
[07/21 psychic giant]
[07/21 klik disini]
[07/21 situs bandarq]
[07/21 http://cleanclinic.co.kr/reservation/495450]
[07/21 psychic's]