2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 今日は、ボーカルの夢輝のあ(黒光由佳)さんの、ディナーショーの演奏をやってきまして、正にクリスマスという12月25日を思う存分満喫してきました!…場所は、丸の内の東京會館にてで、これは今年の3月に、夢輝さんの誕生日コンサート(正式には“イブ”コンサートだったので、その前日ですが…)〔夢輝のあバースデー“イブ”コンサート@東京會館参照〕を行った所でもあり、今回はバンドでの演奏(前回は演奏者は3人のみ)という事もあって、部屋も広めのロイヤル・ルームという所で行われました。そこは建物の12階に位置し、部屋からは皇居が見渡せるという(流石に演奏時は閉めていますが)、環境的にも素晴らしい場所です。ここで自分はスタインウェイ製のグランドピアノ、そして音響完備のバンド形態での生演奏でやっていけるので、演奏者として喜ばしい事この上ありません。早速クリスマス・プレゼントを貰ったような気分でしょうか(笑)。

  この時期限定と思われる、東京會館ロビーのツリー  リハーサル中は、皇居でも眺めながら…(笑)

 この日のメインは勿論、夢輝さん本人ですが、ゲストの方が沢山出演する1日にもなっていました。まずは宝塚関係で、ボーカルに鳴海じゅんさん、そして夢輝さんの元宝塚時代の同期でもあったという、ボーカルの穂高ゆうさん。更にはハープ奏者の方や、クリスタル・ボウルという珍しい楽器で演奏する方もいらっしゃって、更にバンド演奏で進めていくのですから、これは豪華極まりないと言って良いでしょう。
 故に、色々な出演者の出入りが頻繁なステージにもなっていました。バンド・メンバーは基本的に最後まで板付きでしたが、ハープの方とクリスタル・ボウルの方は、ステージ本編の前と、中間の2曲のみの演奏となっており、そこはバンド・メンバーはお休みだったので、残念ながらそれらの方々とは共演にならなかったのですが(ハープのみ、最後にサプライズ的な感じで一緒にやりました)、ボーカルの鳴海さんや穂高さんは、最初の方は正に出たり入ったり…。特に、クリスマス・メドレーを3曲続けてお送りしたのですが、それぞれが入れ替わって1人ずつ歌うという、結構目まぐるしい展開の時間もあり、お客さんも目が離せなかったと思います。そしてそのまま3人で“Choo Choo Train”を歌います。しかも、振り付け有りです(笑)。宝塚関係の人達のステージにしては珍しい選曲のようにも思いますね。

  夢輝さんのこの衣装は、前半だけです  鳴海さんや穂高さんも、ステージを盛り上げます!

 この後も、ボーカルの3方?は入れ替わり立ち替わりになるのですが、こうして改めて一緒に演奏してみると、それぞれにハッキリとした個性があるのが、やはり流石ですね…。鳴海さんはジャズ・スタンダードでもお馴染みの“Lover Come Back To Me”で大人っぽく、穂高さんは何とマドンナの“Like A Virgin”を取り上げており、色っぽくとでも言いましょうか。その時の夢輝さんは“Over The Rainbow”を歌い上げていたわけですから、本当に三者三様という言葉が相応しいステージです。勿論、演奏する自分達も、その時の歌の人によって雰囲気をガラリと変えていかなければならないので、続け様に曲を演奏する時は難しいものがありましたが、遣り甲斐のある時間でもあったと思います。

  鳴海さんオンステージ  3人同時に歌う事もしばしば♪

 このターンを何回か繰り返してから、後半戦は夢輝さんの独奏で続いていきます…。最近取り上げ始めた“翼を下さい”もやりましたが、これはバンド用に自分がアレンジさせて頂きまして、シンプルな構成ながら、拘りの部分も入れられたので、自分としては満足出来る内容になれて良かったです。むしろ、今回限りだけにしておくのが勿体無いような気がしてしまう程でした。
 そして、今回の時期に相応しい“クリスマス・リスト”を演奏し、最後にはもう夢輝さんの曲としてはお馴染みになっている“フラワー・カテドラル”で終了させて頂きました。この時点で自分的には「えっ、もう?」…という感じがあったのですが、それでもここまで1時間半という長いステージをやってきていたのです。それだけ時間が経っているとは全く思わず、その事を聞いた時は意外でもあったのですが、それだけ充実した時間を過ごせていたのでしょう。特に、今回の夢輝さんの歌は、リハーサル時に比べて、かなり“攻め”のある歌い方をしてきていて、演奏する自分としても面白いと思う事ばかりでした。そもそも、時間を気にしている暇なんて無かったのでしょう。

  夢輝さんのスカート姿は…珍しいんです(笑)  最後にはハープも交えて…

 この後、アンコールは2曲やりまして、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。よく考えたら、このメンバーで1時間半のステージというのは、逆に短過ぎるのかもしれませんね。全て今回のディナーショーの為だけに集められたメンバーではありますが、なんと勿体無く感じたものか…。またの機会を望みたいところですね(笑)。
 最後になってしまいましたが、今回のバンド・メンバーは、ピアノに自分、そしてドラムにはお馴染みの佐々木俊之さん…、ギターに久し振りの後藤郁夫さん、ベースには本当に久し振りの大森輝作さん…でした!…この4人で演奏するのは今回が初めてだったと思いますが、それぞれは何度も共演しているので、音のまとまりもあって良かったです。お陰で楽しい時間を過ごす事が出来ました。お疲れ様でした!

  バンド・メンバー写真!  この日の出演者全員写真♪…お疲れ様でした!

 そして夢輝さんを始め、久し振りに共演させて頂いた鳴海さんや穂高さん、そしてスタッフの皆さんも、どうもありがとうございました!…改めて自分は、良い機会を毎回与えて頂いているなと思います…。今年も色々とやってきた年になりましたが、どうぞ今後ともよろしくお願いします。まずは今年1年、お疲れ様でした!

 ☆GOLDENBIRD Records のHP…www.goldenbird.jp/

 ☆丸の内東京會館のHP…www.kaikan.co.jp/

拍手[5回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/12 pkv games]
[07/12 pkv games online]
[07/12 pkv games online]
[07/12 qq online]
[07/12 KAT]
[07/12 iptv canada]
[07/11 日本超人気のスーパーコピーブランド激安通販専門店]
[07/11 дом 2 город любви]
[07/11 judi online indonesia]
[07/11 pkv games online]
[07/11 pkv qq]
[07/11 pkv qq]
[07/11 Qq Online]
[07/11 Qq Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 xeon-wiki.win]
[07/11 Pkv Games Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 stealth-bookmark.win]
[07/11 judi online terpercaya]