2017 / 10
≪ 2017 / 09 2 4 7 9 12 13 1415 16 17 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

 先月末の9月30日は、埼玉県は加須市にある龍興寺にて TRI4TH でライブをしてきました。これは昨年〔TRI4TH、加須龍興寺で『わらべ JAZZ』と『寺ごころ』ライブ参照〕に続き今年もお声が掛かったもので、昨年と同じく昼の部に『わらべ JAZZ』、夜の部として『寺ごころ』と名付けられた TRI4TH の通常ライブをお届けするプログラムが組まれ、多くの方と龍興寺での時間を共有出来た1日になりました。昨年のノウハウを生かし、更にブラッシュアップして臨んだ今回のライブ。果たして、どんな1日になったのでしょうか。

    

 今回、昼の部と夜の部では明確に差を付けたい思いがありました。昼の部の『わらべ JAZZ』は子供達をメインの対象(勿論、大人達も沢山ですが)としているので、流石に現在の TRI4TH の通常のライブスタイルでは無理がありそうだと思ったのです。そこで衣装も、インタビュー等を受ける時ぐらいのカジュアルさに留めておき、MCも織田君が担当。勿論、演奏する曲目というのは『わらべ JAZZ』が中心となっていましたが、それ以上に見た目的にも、気軽に楽しめるライブというような雰囲気で進めていったのでした。
 写真のように、客席前を陣取るのは子供達で、ここでステージを進めていきます。自分達としては久し振りに『わらべ JAZZ』をやったわけですが、今までの経験がここにも生かされていたように思いました。初めは座らせていた子供達も、ライブの後半では皆でスタンディングで踊ろうとばかりに、皆で身体を揺らして聴いてくれます。夜の部との差を付けたいとは言え、やはり我々は「踊れるジャズバンド」。ここはいつものように煽っていきました。お寺の住職も一緒になって踊り、皆でワイワイ騒げた楽しい時間になったと思います。

    

 ライブの最後には、この日限定でお寺の境内に屋台をオープンしていて、そこで提供されていたお菓子の1つ、蓮のたい焼き?…を、織田君が食レポするという、何とも不思議な光景が生まれていましたが、とにかく宣伝が得意な住職です。お菓子や飲み物の宣伝は勿論、我々の新しいCDの事や、タオル等のツアーグッズについても触れて下さっていました(笑)。…何とも有り難い事で、ここで大きな休憩を挟み、夜の部へと繋いでいったのでした。

 昼の部が終了したのが14:15ぐらいで、夜の部は17:00に開演となっていました。この間、なかなかな時間がありましたが、自分は間に、ある所に車を走らせていました。…というのは今朝、龍興寺に向かう時には電車で鴻巣駅まで来たのですが(そこでメンバーと待ち合わせて、そこから車移動となっていました)、改札を出たところで、スーツ一式を車内に忘れた事に気付いたのです。あっ!!…と思うも、時既に遅く、駅員に相談するも、終着駅で探した後に連絡待ち…との事で、車との待ち合わせもあり、入り時間も迫っていたので、とりあえず龍興寺に向かったのでした。
 この時点で自分は、まあ恐らく籠原駅で見つかるだろう…と思ってました。自分の乗った電車は新前橋駅行きという、なかなか遠い行き先だったのですが、全15両編成の内、前5両が籠原駅で切り離される運転となっていて〔鉄道さんぽ 17.(JR東日本、高崎線編)参照〕、自分はその前5両側に乗っていたので、ここでストップするだろうと思ったのです(今思えば、後ろ10両の方に乗っていなくて本当に良かったです)。…とは言え、籠原駅は鴻巣駅から20分強ぐらいの距離にあり、すぐに連絡は来ない筈だと思って、龍興寺で楽器をセッティングしながら待っていたのですが、そこに来た連絡が「そのような物は車内にありませんでした」…と。
 …何という事でしょう。そんな筈は無いと思っていた事が現実になってしまいました。しかし情報が遅れてくる事も有り得るので、今度はJR東日本の忘れ物センターに問い合わせて、現時点での最新情報を何回かに分けて聞き、そして『わらべ JAZZ』のステージが終わって再度問いただしてみると…、


 「それらしきものが籠原駅に届けられています。」


 …と!…そして、自分は車をお借りし、一目散に籠原駅へと車を走らせたのでした。この時点で見つからなかったら、もうどこかで購入するぐらいしか手は無いと思っていたので、そこで湧いてきた朗報だったのです。龍興寺から籠原駅は、グーグルマップで片道40分程との事で、余程の事ではない限り、夜の部に間に合わないという事も無さそうでした。…そうした籠原駅で無事に自分のスーツと対面。龍興寺にトンボ帰りし、開演1時間前の16:00には到着する事が出来たのでした。そして、、、

    

 無事に夜の部を開始する事が出来たのでした!…なんだか危ない橋を渡ってのライブになりましたが、その分、演奏の勢いもひとしおだったのではないでしょうか。この日は事前のお客さんの予約が140名程になっていたそうで、本堂内も熱気で溢れていました。ここで自分達の演奏パフォーマンスを見せて、更なる熱い時間を過ごそうではありませんか。

    

 …とは言え、勢いだけではありません。この龍興寺でのライブは、東日本大震災のチャリティを目的としていて、住職から“Circle”のリクエストがありました。この曲は震災後に、何か自分達に力になれる事があればと思って作られた曲…。それが住職と今回のイベント、そして自分達の音楽とどこかで繋がったのでしょう。久し振りにサックスとピアノのデュオで、丁寧に演奏させて頂きました。
 そしてこの後はライブも後半戦へ。ここでお客さんを立たせて、お寺の本堂をクラブへと変貌させてしまいます。手を振り上げ、身体を揺らし、何なら声も出しても良いでしょう。自分達の音楽に合わせて、皆で1つになって踊り狂った時間を過ごす事が出来ました!

    

 多くの人との縁があったからこそ生まれた今回のライブ…。その縁を自分達もお客さんも大事にし、今回の素敵な空間が実現しました。ライブ開催にあたって、自分では想像出来ないぐらいの苦労もあったと思いますが、住職の強い想いによって2度目の開催が決定。ライブも大成功を収める事が出来ました。どうもありがとうございました!…個人的にもこれからも続いていってほしいイベントの1つです。引き続き、更なる新しい縁が生まれますように。お疲れ様でした!

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆加須龍興寺のHP…http://ryuukouji.jp.net/

拍手[3回]



【思いやリがあふれる最高な空間です】
住職さんのお袖の中から次々と繰り出される、ゆかりの品々…。お言葉からあふれ出るお寺でのTRI4THのライブについての熱い思いと、その目的について。スタッフの皆様の思いやりいっぱいの対応。すべてがとてもありがたく、楽しく、素晴らしい1日を過ごすことができて感謝しています。
最後の2枚の写真が、素敵なご縁を象徴していますよね。
衣装とのご縁もあってほんとうに良かったですね。
【衣装と師匠の御縁】
ここでのライブは、既に特別な空間になっていますよね。
とても温かみのある場所…。今後も大事にしていきたいです。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 7
9 12 13 14
15 16 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31