2017 / 12
≪ 2017 / 11 2 4 6 8 10 12 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 2018 / 01 ≫

 9月29日には、黒船企画の2マンイベント『和魂洋祭〜第七幕〜』をお送りしてきました。前回が〔黒船、2017年初のワンマンライブ〕だった為、『和魂洋祭』としては今年の4月に行われた〔『和魂洋祭〜第六幕〜』〕以来、約半年振りという事になりました。幕を進める毎にバラエティに富んだ共演陣をお呼びしていますが、今回はギターリストの Kelly SIMONZ さんをお迎えしました。Kelly さんとは以前、関谷君と一緒に NUNO JAZZ で共演した事がありましたが〔NUNO JAZZ FESTA 2014 に出演!参照〕、今回は当然 Kelly さん自身のプロジェクトでの出演です。濃い内容のステージになる事は間違いありませんでした。

    

 黒船メンバーとしても、超絶ロックギタリストである Kelly さんのステージに負けないよう、本番前にはいつものようにお酒の気合いを入れてきたのですが(笑)、それでも尚、Kelly さんの持つステージング、パフォーマンス、トークは圧巻でした…。今回はなるべくアコースティック編成で…という話しにはなっていた筈なのですが、蓋を開けてみればガンガンのエレクトリックなステージ(笑)。ギターは歪むは揺らすはで、これぞ Kelly さんの世界観!というような空間を作り出していました。このようなステージは予想はしていたのですが、それでも自分達の想像の斜め上を行くインパクトがそこにはありました…。流石のステージでした。
 そして黒船の出番となりましたが、自分達はいつものように演奏するべく、それでも気持ち的にはロックな精神を持ってステージに上がっていったような気がします。気合いは十分に入っており、それぞれのソロも激しさガンガンで盛り上げていきました。特に真新しい曲は無かったものの、黒船の持ち曲を更にブラッシュアップさせ、ライブならではの即興感も積極的に取り入れていったステージだったのではないでしょうか。

    

 そしてやはり注目すべきは、アンコールで Kelly さんを交えてコラボ演奏した、チックコリアの“La Fiesta”。ここでベース、ギター、津軽三味線の3人でソロバトルを行うスペースがあったのですが、これぞ異種格闘技戦?のような時間で、それぞれ三者三様の奏法でソロを繋いでいく様は、この『和魂洋祭』というタイトルに相応しい時間だったように思いました。最初はお互いの出方を伺うような弾き方でしたが、途中からその演奏もアッパーになっていき、いつしか3人の激しい主張が表れるようになりました。和と洋とのぶつかり合い…とでも言うのでしょうか。他では滅多に見られない、貴重な光景が展開されていました。

    

 実は Kelly さんと関谷君は同郷で、関谷君は Kelly さんを見て、音楽の世界、そしてアメリカへ旅立つ切っ掛けを貰ったとの事です。そのせいか、今回の関谷君は終始キラキラと輝いているような気がしてて、それは憧れの先輩ミュージシャンとの共演の喜びが素直に表れているからだとも思いました。楽しい時間になって良かったです!
 そして、次回の黒船ライブは『和魂洋祭〜第八幕〜』!…日にちは10月29日(日)、やはり渋谷の gee-ge. にてですが、今度はお昼公演となりますのでご注意下さいませ。対バン相手には女性尺八奏者の辻本好美さんのユニット AJIGUL を迎えてお送りします。どうぞよろしくお願いします!

 ☆黒船のHP…http://www.peaceofcake.net/kurofune/

 ☆Kelly SIMONZ さんのHP…https://www.kellysimonz.com/

 ☆渋谷 gee-ge. のHP…http://www.gee-ge.net

拍手[3回]



【「和魂洋祭」史上、最濃“La Fiesta”。】
いやはや、生の迫力はそれはそれは素晴らしゅうございました♪

Kelly さんの超絶ギタープレイと味わい深いMC、りりしく鋭いリズム隊兄弟のExthunders、ずっと聴いていたくなりました。
もちろん、黒船も負けじとしかしMCを対抗するのはあきらめつつの(笑)、すてき演奏、ありがとうございました。
「黒だんど節」やはりいいですね~。
いろんな音楽の出逢いのあるこのイベント、貴重です。
【MCの諦めは正解ですね】
…何なら、黒船もMC無しでやったら良いのでは
ないかと思った1日でしたが(笑)、演奏でガンガンに
検討出来たので良かったです。Kelly さんの世界観は
流石でしたよね。“La Fiesta”のコラボは貴重な経験でした。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 8
10 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[12/15 Wallpaper Custom]
[12/15 wallpaper custom]
[12/14 pkinc.biz]
[12/14 rental scissor lift jakarta]
[12/13 竹内]
[12/11 おちゃ]
[12/09 竹内]
[12/01 竹内]
[11/25 最高!]
[11/24 おちゃ]
[11/12 竹内]
[11/06 竹内]
[10/31 おちゃ]
[10/25 竹内]
[10/24 おちゃ]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]