2017 / 12
≪ 2017 / 11 2 4 6 8 10 12 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 2018 / 01 ≫

 先日の1月12日(月・祝)の事ですが、池袋 Apple Jump にて、ベースの関谷君がリーダーとなる黒船の、2015年最初となるライブを行ってきました。Apple Jump の出演は、昨年の9月〔池袋 Apple Jump ライブ参照〕以来2度目となりますが、ここは客席を20席程度に限定させた、ステージと客席の近さを満喫する事が出来るライブハウスです。お客さん的には間近で出演者のステージを楽しめ、自分達的にはお客さんとの一体感をより強く感じられるので、共にライブを作っていくという空間を直接感じるには打って付けのお店ではないでしょうか。

    

 激動の1年だった黒船の昨年の主な活動は、昨年末にまとめさせて頂きましたが〔2014年を振り返る 3.参照〕、その昨年末から新たなレコーディングを始めており、今年中には 2nd. アルバムの発売が期待出来るかもしれません。また、昨年行われた、1st.CD『CROSSOVER』発売記念ツアーを経た自分達にとって、この日はツアー後の初ライブという状況であり、ツアーで培われたものをメンバーそれぞれがどう消化させて演奏に望むのか、メンバー内的にも楽しみな1日でもありました。ステージの流れも、約1時間のステージが2回と、時間的にもたっぷりです。こうして黒船の今年最初の航海は幕を開けたのでした。

    

 今年最初の曲目は、パット・メセニーの“Have You Heard”から始まりました。これは昨年の奄美でのライブで初めて取り上げた曲なので、今回が初めて聴いたという方も多かったかもしれませんが、原曲と同じように、ボーカルの里アンナさんのボイスもメロディに乗せて、自分達らしさを出していきます。そして、今後の黒船の代表曲にもなりそうな、奄美民謡の“ヨイスラ”。このように、CD『CROSSOVER』に収録されている曲ではなく、次回のCDアルバムに入りそうな曲を中心に、今回はライブを進めていきました。
 また、2nd. ステージの最初にやったインスト曲の“Ice Dance”は、今回初お披露目となる曲でもありました。黒船はボーカル入りの5人編成のバンドですが、ボーカル抜きの編成でインストとして演奏していく曲が多くあるのも特徴の1つで、これはその中でも最近完成した、関谷君が書き下ろしてきてくれた新曲です。これも次回作のアルバムに入るのかもしれません。
 改めて、今回のセットリストを振り返ってみると、他に“あやはぶら”、“行きゅんにゃかな節”、そして“やんばる”等々、奄美民謡の曲が増えてきた事を感じさせます。勿論、1st. CDに収録されている、お馴染みの“豊年節”や“六調”もやりましたので、民謡アレンジの曲が増えてきた事で、バンドの更なる特徴付けが示されてきたような気もします。恐らく、ここに挙げた奄美の民謡曲も次回作に収録されるでしょうし、更にもう少し増えるかもしれません。民謡以外のカバー曲も含め、楽しみにして頂きたいところです。

    

 昨年のツアーという経験を通して、やはりバンドサウンドの一体感は増していました。そしてどこか心の余裕もありつつのライブになっていたような気がします。しかし、これで満足する事が出来ないのが黒船のサウンド作りです。何故なら、また心の余裕が無くなるような?新曲や、難解なアレンジが施された曲が出来てしまうからです(笑)。これぞジャズの精神に通じるようなところもあるかもしれません。今、正にレコーディング制作“中”と言える黒船…。これからの航海にも期待して下さい。今回はお越し頂き、どうもありがとうございました!

 ☆黒船のHP…http://www.peaceofcake.net/kurofune/

 ☆池袋 Apple Jump のHP…http://applejump.net

拍手[2回]



【すてきに航海していって下さーい】
鬼才なリーダー、華麗な唄姫、かっこいい演奏でかつかわいいひか
りちゃん(お茶目なジャンプ、最高!)。その3人を両側からガッチ
リ固める竹内トリオのおふたりは、この日今迄のどんなライブより
大人(冷静&頼れる感)に見えたのがまた新鮮でした…。
バンドの結束と、心の余裕の表れだったのでしょうか。
心地よくって唯一無二の黒船サウンド、船長さんの驚異のアレンジ
とともに~また楽しみにしていますね。
【メンバーへのネーミングが良いですね♪】
大人なポジションの獲得…有り難いです(笑)。
…と言いますか、バンドにおいて、それぞれの
ポジションが確立するのは良い事なんですよね。それが
バンドカラーとして輝きを見せていたのかもしれません。
驚異のアレンジにめげず(笑)、大人的に攻めていきます。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 8
10 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[12/15 Wallpaper Custom]
[12/15 wallpaper custom]
[12/14 pkinc.biz]
[12/14 rental scissor lift jakarta]
[12/13 竹内]
[12/11 おちゃ]
[12/09 竹内]
[12/01 竹内]
[11/25 最高!]
[11/24 おちゃ]
[11/12 竹内]
[11/06 竹内]
[10/31 おちゃ]
[10/25 竹内]
[10/24 おちゃ]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]