2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 1年前のツアー日記が続きます(笑)。なんとか昨年に行われたものは今年中には書き留めておかねばならないのです!…このツアーは、北九州のシンガーソングライターである Daddy 津田さんに呼ばれて開催された、お馴染みのものではありますが、今回のツアーの発端はボーカルの谷口満(ルージュω)さんが、歌と語りの癒しのコンサートを開きたい…という事からでした。これまで、ルージュさんとは何度か一緒にステージに立つ機会はありましたが、いわゆるメインとしてステージを開くというのは初めての事で、お馴染みのツアーに一石を投じる事になったと思います。そして、このスケジュールを基に、Daddy さんとのステージや、自分ソロのステージを展開させるブッキングを進め、今回のツアーに至ったのでした。それでは振り返ってみたいと思います。

  1日目(11月27日)
 このブログを何度も見ている方は分かると思いますが、自分のソロツアーで九州方面に向かうのは基本は飛行機で、それこそ毎回毎回バラエティに富む行き方で訪れました。そろそろ行き尽くしたのではないかと思いそうですが、航空会社の事情も変化に富んでいるようで(笑)、また新たなやり方で九州に飛ぶ事になりました。

    

 〔竹内大輔、北九州ツアー(2012.4.5〜4.11)〕の時に使った Peach という航空会社を覚えてますでしょうか。この時は就航したてで、まだ東京には就航していなかったのですが、最近、成田空港〜関西空港便が就航しまして、ついに東京(成田ですが)にも顔を出す事になったのでした。値段は、就航キャンペーンという事で、2980円という破格の値段が提示されていまして(タイミングさえ良ければ、もっと安い運賃もありました)、恐らく、今後ツアーを行う時にもお世話になる機会が増えてくると思うので、今のうちに乗っておく事は責務のような感じがしてしまいました(笑)。また、お気付きかもしれませんが、行き先が関西空港になっているので、ここでまた別の航空会社に乗り換え、そこから先はスターフライヤーで福岡空港に向かう事にしました。どちらも大手会社より安い値段を展開させている航空会社ですが、片や LCC、片や高品質と、その戦略は全く異なるものです。その2社を乗り比べてみるのも面白いかもしれません。Peach は成田空港の第1ターミナルの1階にチェックインカウンターを設けてあり、例によって早起きを敢行し、いざ関西空港へと(笑)向かったのでした。

    

 今回で2度目の搭乗となりましたが、やはり狭さは否めません…。足を組むのが少し難しいくらい…とでも言いましょうか。飛行機によっては最新式の座席になっていて、そちらは若干足下が広くなっているのですが、今回は以前のタイプでした。…とは言え、約1時間半程の所要時間なので、この値段なら文句を言っている場合ではないでしょう。折しも、この日はとても良い天気で、富士山は勿論の事、関西空港に到着する前に見える、奈良盆地(左下写真参照)や、和歌山県の紀ノ川付近(右下写真参照)等、飽きさせない機窓が続いていたものでした。

    

 こうして、関西空港に定刻に到着しました。以前、ここに来た時は、まだターミナルというものが無いような状態だったのですが、ついに関西空港には Peach 専用と言えるターミナルが出来まして、これは国内初の LCC 専用ターミナルでもあるそうです。ここを発着する Peach の飛行機はボーディング・ブリッジを使わず、タラップのみ。しかし前後に2つ取り付けて旅客の乗降をスムーズにし、定刻を維持しようとしています。また、トーイングカーも使わず、飛行機は出発時、最初から自走で滑走路に向かう等、徹底したコスト削減化が図られているのです。

    

 ターミナルは大きな倉庫ような、とても簡素でシンプルなものでしたが、新しく綺麗な雰囲気はあり、これから施設等も充実してくるのかもしれません。旅客的に、何も問題無さそうなターミナルではあると思いますが、1点を挙げるとすれば、今までの第1ターミナルと離れた場所にあり、かなり余裕を持って行動をしなければならない事かもしれません。無料バスで両ターミナルは結ばれていますが、約5分程掛かり、飛行機の到着時には結構な混雑になるので、予定を詰め詰めで行動する方にとっては危険が伴いそうです。自分は、次の飛行機までの時間を多目にとっておいたので大丈夫でしたが、値段が安いなりに、どこかで覚悟をしておく気持ちを持つ事が大切かもしれません(笑)。

    

 …という事で、軽めの昼食をとり(笑)、お腹も膨れてスターフライヤーの搭乗口へ。こちらは LCC という括りでは無いものの、大手より安い、…そして高品質を提供してくれるという、独自性の戦略を打ち出している航空会社で、自分も既に何度か利用しています。

      

 座ってみると、まあ広い事広い事…。先程が Peach だったので、比べるのが少し可哀想になるくらいですが、スターフライヤーでは通常の航空会社よりもシートピッチを広めに設定してあって、更にフットレストや個人用モニター等、エコノミーシートとしては国内で最も豪華な座席の1つに挙げられるかもしれません。こうなると先程とは逆で、この短い所要時間が惜しまれてしまうような気がしてしまうのですが(笑)、実際、機窓を見ていたり、モニターの番組を楽しんでいたりしていると、もう福岡空港に向けて高度を下げている状態でした。あんなに晴れていた天気が、福岡ではどうやら雨という天気で、たちまち雲中飛行になってしまいましたが、こちらはモニターがあるので退屈知らずなのです。

    

 そして無事に福岡空港に到着しました。この時点で、まだまだ昼過ぎという時刻で、この日のお店には18:00入りぐらいで良いと言われていたので、またのんびりと空港探索。そして、のんびりと電車に揺られながら会場に向かおうと決心した次第でした(笑)。

 そうして時間になり、いつものように小倉駅で Daddy さんと待ち合わせ、この日の演奏場所である、ぎゃらりー環という場所に到着しました。薬屋の2階に位置し、見た目は普通の建物だったのですが、中に入ってみると、だいぶ広いスペースの向こうにアップライトピアノが置かれ、マイクもセッティングされているような状態でした。外からは想像も出来ないような感じでしたが、なるほど、ギャラリースペースと考えれば納得いくような広さだとも思います。

    

 早速、リハーサルを行いますが、いつものように時間をあまり掛けず(笑)、そのまま本番を迎えるという形になりました。ピアノの位置的に、どうしても客席に背を向けなければならなかったのが気になりましたが、これはピアノソロステージの時には少し角度を付け、なんとかそれらしい形を取るようにしました。
 最初は Daddy さんとのステージ、次に自分ソロのステージという順番で進めまして、この日はお客さんは少なめではありましたが、和やかなムードでやっていけました。もう自分も何度も北九州に来させて貰っているので、顔馴染みのお客さんも増えて、本当に嬉しく、そして有り難く思います。この日も、そんな方々と楽しくやり取りをさせて頂き、北九州に呼んで貰えている喜びを感じたものでした。

    

 お店の方にもお世話になりました。こうして、色々と演奏する場所が増えていくというのも、非常に有り難い事なのです。無事に1日目を終え、次の日の為にこの日は早めの解散となりました。この日だけ見ると、旅日記と酷似してしまいそうですが(笑)、それもまた自分にパワーを蓄えられる原動力にもなるのです。勿論、元気に2日目を迎えられそうなのでした♪


 まだまだ続きます!

拍手[0回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/12 pkv games online]
[07/12 pkv games online]
[07/12 qq online]
[07/12 KAT]
[07/12 iptv canada]
[07/11 日本超人気のスーパーコピーブランド激安通販専門店]
[07/11 дом 2 город любви]
[07/11 judi online indonesia]
[07/11 pkv games online]
[07/11 pkv qq]
[07/11 pkv qq]
[07/11 Qq Online]
[07/11 Qq Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 xeon-wiki.win]
[07/11 Pkv Games Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 stealth-bookmark.win]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 judi online terpercaya]