2017 / 06
≪ 2017 / 05 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 29 30 2017 / 07 ≫

 先日の〔赤谷湖上花火大会2014でライブ!〕の次の日の8月25日(月)、猿ケ京に前日から泊まっていた自分とサックスの郷原君は、あまり現地でゆっくりと出来ず(それでも朝からBBQをする等、十分堪能した感じはありましたが…笑)、午後には東京へと戻ってきました。この日は、お馴染みの外苑前 Z・imagine で『Bridge』としては初のライブがあった為で、一度それぞれの自宅へと戻り、英気を養う為でもありました。最近の自分達は、今までに比べると、ライブは割りと頻繁にやってきた方ではありましたが、東京で2ステージたっぷりのライブというと結構久し振りな状況でもあったので、いったん頭をゼロに戻したかったのです。
 また、この日は Bridge のレコ発ライブを報告出来た日でもありました。また後にアナウンスさせて頂きますが、こちらもお馴染みの中目黒楽屋にて10月20日(月)に行います。勿論、自分達だけのワンマンライブです。是非とも足を運んで頂けたらと思います。

    

 さて、Z・imagine でのライブは、本当にそれぞれが思うように伸び伸びとやらせて頂けた感じでした。音の環境も良く整っている事からも、開放感がより大きいものになったのかもしれません。選曲も、お互いのオリジナル曲は勿論、今度のCDに収録させるカバー曲もやりました。そしてこの日のポイントとして、ジャズ・スタンダード曲を何曲か入れた事が、程良いバランスのステージになれたようにも思います。
 最近までの自分達の活動で大きな出来事に、初のレコーディングをする…というものがありました〔初めての郷原デュオのレコーディング参照〕。録りの段階では既に2ヶ月前に終わらせていますが、ここから何度も“聞き込む”という作業を経てきました。それはそれで良いのですが、聞き込むと、どうしてもその曲のレコーディングでのイメージが頭にこびり付いてしまいます。これは今までに何度も経験してしますが、それらの曲をライブでやろうとすると、即興が大事なジャズのフォーマットのステージの筈なのに、レコーディングでやったフレーズを再現しようとする脳が働いてしまい、真の意味での“即興性”になれない部分が出てきてしまうのでした。この事自体、どこまで良くないと思うかは人それぞれだと思うのですが、だからこそ、真っ白の気持ちから取り組めるジャズ・スタンダード曲は、デュオという編成に於いて、最も新鮮な気持ちでステージに臨める状況となっていたのでした。自分達もそういった時間を純粋に楽しんでいたように思います。
 この日は久し振りの“自分達で企画したライブ”でしたが、多くのお客さんに足を運んで頂いて嬉しかったです。そして、次回はいよいよレコ発ライブとなりました。気になるCDのタイトルですが、郷原君のオリジナル曲のタイトルともなっている『Fly Beyond』と決めまして、レコ発ライブの正に当日に、CDの販売を開始させて頂きます。こちらも伸び伸びとしたスペースで、自分達のサウンドをたっぷりとお楽しみ下さいませ。


    ●10月20日(月)中目黒楽屋
Open…18:00〜、Start…19:30〜2ステージ
Charge…前売り2500円、当日3000円(共にドリンク別)
Member…≪Bridge≫(Sax)郷原繁利、(Pf)竹内大輔


 それでは、どうぞよろしくお願いします!

 ☆郷原繁利のブログ…http://sgohara.com

 ☆外苑前 Z・imagine のHP…http://www.radio-zipangu.com/zimagine/

拍手[5回]



【無題】
今まで聴いたことのある「あかとんぼ」の中で、今のが一番好きか
も…と思いながら聴いておりましたよー。
曲間のふたりの会話が、自然体なのか?とってもほのぼのしちゃい
ます。曲名のごとく「あたたかい」気持ちになれたライブだったの
でした。
郷原さんはZ・imagine初出演なのだと思うのですが、なんとなく
そんな感じがしなかったのです。楽しめて演奏されていたのだとし
たら、そんな時間に立ち会えて良かったです。
【ありがとうございました!】
このデュオでの“あかとんぼ”、個人的にも非常に
気に入っているのですよ♪…レコーディングで録音した
テイクを、何気に自宅でヘビロテしてたりします(笑)。

郷原君の落ち着いた表情を見ていると、何だか
こちらまで平和な気分にさせられますよね(笑)。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年7月16日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st.…14:00〜、
2nd.…15:30〜、
Charge…1000円(要1オーダー)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中