2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 7月6日(日)の夕方、つまり〔自分名義ライブ第52回目〕を終えたばかりの自分は、そのままの足で代官山へと向かいました。それは代官山 UNIT で行われるカルメラ主催のイベント、『JAZZ A GO GO Vol.3』に TRI4TH として出演する為でした。
 関西出身のバンドであるカルメラの、自主企画である『JAZZ A GO GO』というイベントは、これまで関西でしか行われてこなかったものの、TRI4TH も出演する機会もあり、自分も第2弾に参加をさせて貰っていますTRI4TH、関西ツアー(2013.1.11〜1.12)参照〕。そして東京に拠点を移したカルメラが第3弾を行い、そして東京の代官山 UNIT で開催すると聞いた時には本当に驚きました。回を重ねる毎に会場の規模が大きくなっていくのは勿論、カルメラにとっての新しい土地である東京で、しかも規模も前回の2倍近くにまで膨れていたからです。正に飛ぶ鳥を落とす勢いのカルメラだからこそ開催出来るイベントだと思ったものでした。
 出演バンドは
カルメラ、TRI4TH の他に、前回同様 bohemianvoodoo と JABBERLOOP。また以前のように一緒にステージに立てるのは嬉しい限りで、改めてカルメラの皆さんに感謝したい気持ちで一杯でした。前回の第2弾の時を振り返ると、リハーサルの時から楽屋にいる時までも、常に居心地の良い面白い時間が続いていたのが懐かしいですが、今回は前述の通り、自分はお昼にライブがあったので、実は結構ギリギリの時間で現地入りを果たしていました。具体的には、TRI4TH は今回2バンド目の出番で19:00〜の予定だったのですが、自分が会場に着いたのは18:20頃だったでしょうか…。実際、セッティングという時間を考えると、18:45頃からは既にステージ上に居なければならなかったので、だいぶタイトなスケジュールだったとは思いますが、TRI4TH のメンバー含め(たぶん…笑)、皆さん温かく迎えて頂けたのはありがたかったです。焦りには繋がりませんでした。

     

 …つまり、タイミング的には1バンド目である bohemianvoodoo のライブを見ながらの会場入りだったわけですが(笑)、集中力を持って今回の打ち合わせをし、すぐにステージの上の人とさせました。そして、既に会場は多くのお客さんで賑わっており、ライブも物凄い盛り上がりを見せていたのでした。

    

 今回、セットリストに組み込んだ曲は全部で6曲。約45分予定のステージとしては、少し曲数が少ないかなとも思われますが、TRI4TH は個々のソロもガッツリ聴かせたく、特に今回出演する4バンドの中ではそのソロの比重が大きいバンドでもあるので、敢えてその部分を大事にさせて、1曲1曲をたっぷり聴かせるようにしたのでした。そして沢山の声援と熱気がステージを包み、自分達も非常に楽しくライブ時間を過ごす事になるのです…。

    

 1つ1つの音から生まれるリアクションも大きく、自分達がお客さんを煽っていきたいのに、声援を受けてこちらが煽られる事もあり(笑)、これこそ相乗効果が素晴らしく表れている状況だと思いました。自然に楽しい気分になれる事は、当たり前なのですがやはり大事であると思いますし、こうした会場作りが出来ているというのも、主催者であるカルメラあっての事なのかもしれません。何だか、こうしたリアクションを受ける度に、そんな事を思うようになってしまいました…。

    

 今回、カルメラ以外の出演バンドのステージには、それぞれゲストとしてカルメラのメンバーが何人か加わって演奏するという試みが設けられていたのですが、我が TRI4TH に参加してくれたのは、まずトロンボーンの棚瀬祐也君(たなっち)でした!…曲は勿論、自分達のステージのラスト曲とさせて頂いた“Dance 'em All”です。イントロの部分でのサックスの藤田君とのバトルは非常に白熱した時間だったと思います。

    

 そして、同じ曲の後半部分で、今度はキーボードのパクシン君が参加です!…そのまま、わりと珍しい光景だとは思いますが、鍵盤同士のソロバトルを行いました。なかなか鍵盤同士でソロを回す事は少ない(そもそも同時に2人出ている機会が殆ど無いのです)ので、相当新鮮且つ、最高に楽しかったです♪…気付いたらお互いのキーボードも弾いていましたが(笑)、こちらも皆で盛り上がれて良かったです。

    

 そのままのテンションで、TRI4TH のステージは無事に終了出来ました!…もう、感想は本当にシンプルで、とにかく楽しかった…これに尽きます。お昼のライブから続け様に行ったライブだけに、疲れも結構あったと思うのですが、そんな気持ちも吹き飛ぶくらい、晴れやかな気持ちでステージを降りられました。メンバー皆も、恐らく同じ気持ちだったのではないでしょうか…。会場と1つになれた瞬間でした。本当にありがとうございました!

 …この後は、
JABBERLOOP、カルメラとライブが続いてきまして、こちらも非常に楽しく、そして刺激的に見させて頂きました。そして、そんな場に TRI4TH が居させて貰っている事に、改めて感謝しなければいけないと確信したものです。また呼んで貰えるように…、いや、こちらから皆さんを呼べるように、更なる向上を目指して今後も臨んでいきたいものです。

    

 最後には、カルメラのステージで、出演者が揃ってステージ上に出揃い、皆でセッションをしていきました。『JAZZ A GO GO』の恒例の時間ですが、何故か自分は客席から見ているような状態に…(笑)。これはこれで、非常に贅沢なステージを見ているような感じではありました。本当に凄いイベントでした…。

 盛り沢山でお届けした『JAZZ A GO GO Vol.3』も、これで無事に終了となりました。ライブの余韻を引き摺っていたい気持ちと、次に向けた向上心とが入り交じるような、何とも不思議な気持ちで時間を過ごしたのですが、とても刺激的な1日になった事は確かでした。そして、これからの自分達の活動に於いても、きっとフィードバック出来る部分も沢山あった事でしょう…。その意味でもとても貴重な体験であり、何度も言っているように、本当に感謝の1日でもあったのでした。素晴らしい時間をありがとうございました。そして、お疲れ様でした!

 ※やはり、この時も自分のカメラは無い状況だったのですが、有り難い事に、
  こちらも素晴らしい写真を頂きました。どうもありがとうございました!

 
☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

 ☆カルメラのHP…http://www.calmera.jp

 ☆bohemianvoodoo のHP…http://bohemianvoodoo.jp

 ☆JABBERLOOPのHP…http://www.jabberloop.com

 
☆代官山 UNIT のHP…http://www.unit-tokyo.com

拍手[5回]



【4バンドの魅力凝縮♪】
いろいろ楽しかったのですが、特にTRI4THの「Dance 'em All」が!
たなっちさん参加の熱くて厚い音の攻防も良かったですし、何といってもパクシンさんと
竹内さんの鍵盤バトルが衝撃的過ぎて…頭の中であのシーンが何度も再生される有様。
いつぞやのパクシンさんからの指折り宣告も思い出したりしてスリルも増すわ(笑)で二人ともカッコ良く、最高の想い出となりました。
コラボステージじゃなくても、4グループすべての熱気が感じられるような、貴重な空気の夜でした。
【ソロバトル、面白かったですよね】
元々、自分の中では“ソロ”の“バトル”という言葉は変だと
思っていて、皆で1つの曲を作っていくのだから、それは
“バトル”ではなくて、意味的には“協調”なのではないかと
言っている派?…だったのですが(笑)、この時のそれは
正に“バトル”でした。しかも良い意味で!…自分の中の
何かが殻から飛び出してきたような、そんな気分でした。
まだまだ音楽の世界は深いようですなあ…(笑)。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31