2017 / 06
≪ 2017 / 05 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 29 30 2017 / 07 ≫

 今日は、フルートの西仲美咲さんのカルテットで、三軒茶屋にある Obsounds というお店にてライブでした。ここは2008年オープンという比較的新しいお店なのですが、今回はドラマーの和丸君のブッキングで、ライブが実現したという運びになっていました。彼は現在、日野皓正クインテットのレギュラー・ドラマーとしても大活躍中であり、Obsounds でも、そのメンバーでしか出演した事が無かったと言っていましたが、今回は自分達のカルテットで出演出来た事もあり、半ば興奮気味だったのが印象的でした。もっとも、和丸君以外のメンバーは皆、お店の出演自体が初めてになるので、それもそれで自分達のテンションが上がった状態になっていたのも見逃せない事実でした。

  Obsounds へようこそ!?(笑)  出番直前にパチリ

 こんな背景もあってか、この日のライブは最初からかなり飛ばしての演奏となっていました。しかし単に暴走しているわけではなく、皆それぞれが音を聴き合い、そして反応が鋭くなっての演奏です。少し今までのライブとは違う雰囲気が漂いつつも、ちゃんと聴くと、やはり間違い無く“西仲美咲カルテット”のサウンドでした。即興性を重んじて、メンバーの出音からグルーブを作っていくという状況…、正にジャズのライブではなかったかと思っています。そしてそれは、ジャズを普段あまり聴かない方でも楽しめるような内容にもなっていたと思いました。
 …何と言うか、メンバーそれぞれの絡みが、分かりやすいようにステージから放出されていたような気がするのです。アイコンタクトはもちろん、音に合わせて身体を動かしながら演奏していったりして、正にお店と一体になってライブを進めていった感じでした。そういった演奏時の変化というのは、確かに見ていても楽しそうだな…とか思ってしまいますよね…。最初から最後まで、良い時間を過ごせたのではないでしょうか。

  和丸君のオンステージ!!  ドラムソロ後、皆がステージに出ていきますが、その様子を写真に撮っていたら凝視されました(笑)

 そして2ステージ目の頭には、和丸君が1人でステージへと上がり、正味5分強?の完全1人のドラムソロを見せてくれました。これがまた、いつもより更に熱いソロであり、見ているお客さん、いや、自分達までもが圧巻させられてしまいました。自分も何回も見ているドラムソロですが、どうしても惹き込まれてしまうんですよね。スリリングで、ダイナミックで、、、この後どうなるんだろう…的な要素が全て盛り込まれているのです。正に、お店全体が釘付けになった瞬間でした。
 今回のライブはお客さんもほぼ満員で、そして大好評の内に終えられたのは嬉しい事でした。何だか沖縄でやった時のライブみたいな雰囲気もあったかもしれません。この調子で、これからの季節もガンガンに!…と言いたいところなのですが、実は当のドラムの和丸君が、今年の夏は相当に忙しいらしく(東京にいるのは3日間くらいしかない…とか言ってました…)、ちょっとこのカルテットで何回もライブを行うのは厳しい状況にあるらしいのです。
 …という事で、次回のカルテット・ライブは6月23日(水)で、吉祥寺 Meg にて行わさせて頂きますが、これを過ぎたら、少しばかりお休みを頂く事になるかもしれません。なので、次回ライブは本当に貴重な1回になりそうな感じがします…。是非とも皆様お越し下さいませ。どうぞよろしくお願いします!

 ☆西仲美咲さんのHP…misakinishinaka.com/

 ☆三軒茶屋 Obsounds のHP…www.obsounds.com/

拍手[3回]



【熱い演奏でした!】
 私にとって初めての西仲さん(想像していたとおりのとっても素敵な女性でした)和丸さん(笑顔があんなにカワイイのに演奏はあんなにスゴイ)そしてカルテットの演奏。聴きに行って良かった~。4枚目に出ている写真の時のことですが、ドラムソロの直後、「カメラマン」に徹して撮影しまくりの竹内さんに、西仲さんが、「大ちゃん、早くピアノの前に!」と言っている「心の声」が聞こえてくるかのようなシーンでございましたよ。しかし、ピアノの前に移るやいなや、即「ピアニスト」に変身して弾きまくりだす竹内さん…ここは演奏とは関係ないですがけっこう面白いツボでありました。なんにせよ、素敵な夜をありがとうございました!
【それがライブですよ(笑)!】
自分にとっては、写真を撮っている時も、
その瞬間瞬間を逃さないように構えています。
ある意味、ライブのスタンスと同じでもあるのです(笑)。

…そのままピアノの前に座りましたが、
表現の媒体が変わっただけと言いましょうか、
とにかく、自分的には常に自然体だったのです。
それが良いライブを作り出せた原動力だったかも
しれませんね。昨日はありがとうございました!
【無題】
6月23日のMegに行きます。
よろしくお願いします。
【無題】
おお、是非是非!
お待ちしております♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年7月16日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st.…14:00〜、
2nd.…15:30〜、
Charge…1000円(要1オーダー)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中