2017 / 10
≪ 2017 / 09 2 4 7 9 12 13 1415 16 17 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

 昨日は、ベースの関谷友貴君がリーダーを務めるバンド、黒船のライブでした。津軽三味線奏者の白藤ひかりさんを新しく迎えて今回で2回目のライブとなりましたが、場所は今回は銀座へと移し、少しラグジュアリーな雰囲気でステージを披露出来た1日になりました。また、今回はライブ・レコーディングも行っている等、イレギュラーな状況が多い中での演奏ではあったのですが、楽しく過ごせたライブだったと思います。

    

 お店は No Bird という、個人的にも初めて出演させて頂きました。銀座だから…というわけではないですが、今回の衣装は、男性は黒スーツで統一、そして白藤さんは鮮やかな赤色の着物、ボーカルの里アンナさんは、地元奄美の服である大島紬のドレス…と、各々気合いの入った出で立ちでステージに上がり、そもそもが複合する音楽をテーマにしている黒船の“らしさ”を紹介する事にもなりました。

    

 今回も全2ステージが行われましたが、実はお店的に、本来1ステージに付き1時間の演奏…という決まりがあったらしく、1ステージ目を約45分で終えた自分達に対して、お店の方から「もう少し長くやってほしい」…との注意を受けてしまいました。成程…と思ったのも束の間、そもそも45分くらいのステージを考えていた自分達にとって、では2ステージ目はどのようにするか…という問題点が出てきてしまったのでした。
 急遽、白藤さんにソロで津軽五大民謡の1つ、“津軽よされ節”を弾いて頂きましたが、これでも時間は余りそうな気配はしていました。…かと言って、もう不自然に曲を増やすのも考えものです…。ひとまず、時間を気にしながらステージを進める…という事にしていたのですが、その時のステージ上の状況はというと、恐らく、曲のソロを長めにとる…というのが、メンバー内の暗黙の了解として一致していたのではないでしょうか。

    

 ステージ中にお互いが確認していたわけではありませんが、それぞれのソロの演奏を聴けば、何となく分かります。…言わば自然発生的な状況だったわけですが、これが自分達のステージのスタイルを大きく変えました。今までは、わりと1曲1曲のテーマを重視していて、曲によっては楽曲をコンパクトにまとめる事も多かったのですが、ソロを長めにとる事で、ジャズらしい、即興感とダイナミックに溢れる演奏スタイルが展開されていったのです。
 この事により、今まで何度も演奏してきた曲たちにも、新たな魅力と言いますか、演奏している自分達を、自分達自身の手で奮い立たせるような、そしてジャズの真髄に1歩近付けたようなステージになったと思いました。個人的に、まさかこういった感覚が新たに得られるとは思っていなかったのですが、所謂、怪我の功名というやつでしょうか…(笑)。結果、2ステージ目はアンコールを含めて1時間15分の熱演となりました。1ステージ目と合わせれば、丁度2時間ですね(笑)。自分達的にも、演奏し切った感があったと思います。

    

 演奏する事によって、新たな方向性を発見出来た今回のライブでしたが、これはライブをしないと見付けられない部分でもあります。確かに、黒船の音楽活動というのは、レコーディングをしていたり、曲の完成度の高さから考えると、まだまだライブの数は少ないのかもしれません。レコーディングや、リハーサルの中での曲との向き合い方は、これまでに何度もやってきた事ですが、ライブという場所での曲との向き合い方というのは、それらとはまた異なる要素を持っていそうです。ジャズというフォーマットを重視するなら尚更でしょう。
 勿論、これらは方向性の1つという話しに過ぎないので、まだ過渡期の段階ではありますが、黒船というバンドの音楽性に、1つの刺激を与えてくれたライブになったのは確かでした。これからどういった変化を経ていくのか…、末永く見守って頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします!

 ※黒船は、CDリリースのプロジェクトを、Motion Gallery で
  スタートさせています。詳細は➡こちらを御覧下さい。

 ☆関谷友貴君のHP…http://www.peaceofcake.net

 ☆銀座 No Bird のHP…http://www.no-bird.com

拍手[2回]



【無題】
お店に行くにあたって若干緊張してましたが、とても聴きやすい落ち着くところでした。メンバーの衣装も素敵でしたね。
この記事でステージの時間の工夫のお話をなるほど、と読みました。ライブすること、ライブで出会う状況によって深まることが多いのですね。「やんばる」はじめいろいろ印象的な曲があり、複数の要素が違和感なく混ざる音楽が心地よいのです。時々かみ合わなくなるMCも魅力のひとつでしょうか(笑)。今後もいろいろ期待しています。
別メディアで竹内さん風邪気味?かと伝えられてますが、ここのところライブだけでもそして他にも山場がたくさんあったり多忙でしたものね…。
実感できるのは追っかけも山場を迎えて奮闘しているから(笑)。
ここ一番、気を付けながらも無理はしないで、なんとか乗りきられれてくださいネ。
【復活してきました】
文章を書くと、何故か気分がハッキリとしてくるので…(笑)。
今回のライブは、切っ掛けこそ第三者的なものの、そこから
派生した感覚は大切にしていきたいと思っています。何せ、皆の
中で、打ち合わせを特にしていない状況で成し得た事なのですから。
今後の曲のアレンジ、作曲の上でも変化があるかもしれませんね。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 7
9 12 13 14
15 16 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31