2018 / 02
≪ 2018 / 01 1 3 5 7 9 11 12 13 14 15 16 18 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 2018 / 03 ≫

 日にちは1月10日(金)の事になりますが、様々なアーティストをサポートするメンバー達が集まったユニット、Fub Bond のライブに、サックスの宮里陽太君と共にゲスト出演をしてきました。ゲスト…と言っても、自分も宮里君もほぼステージに出ずっぱりであり(笑)、あたかもメンバーのようにライブに参加させて頂き、楽しい時間を過ごせました。
 Fab Bond は、ベースに川内啓史君、ドラムに小笠原拓海君、ギターに伊藤ハルトシ君の3人によるもので、このメンバーとは昨年の8月に行われたセッションライブ宮里陽太×小笠原拓海セッション参照〕で御一緒したのが記憶に新しいと思いますが、今回のライブは、それを更に深い部分に掘り下げさせたものと言っても良いでしょう。ライブの名義そのものがユニットの名前となっている所に、一歩進んだ参加を感じさせてくれました。

    

 今回のライブ会場は、六本木にある BeeHive というお店にてで、ロビーのような所でラーメンが楽しめるという、なかなか珍しい環境のお店でもありました。しかも、これがなかなか本格的なラーメンでして、雑誌等にも幾度となく紹介される程だとか…。勿論、ライブ前にはメンバー全員が頂いたのは言うまでもありません。鶏白湯…最高でした(笑)。

 さて、ライブの話しに移りましょう…。以前の8月に行われたライブと同じく、選曲はそれぞれのメンバーが2曲以上ずつ持ち寄るという形をとっており、しかも今回は、その内1曲は個々のオリジナル曲を持ってくる…、という縛り?まで付け加えられました。形式的にはセッションライブではありますが、それぞれのオリジナル曲を取り上げるという事は、メンバー陣が今まで以上に、お互いの曲について追求する努力を必要とされるわけで、その部分が言わば、一歩深い所に進めたライブ…なわけです。お互いが無関心だったら、こうはなりません…。そんなライブに参加出来たというのは、本当に有り難い事なのでした。

    

 自分が提供した2曲というと、1曲がオリジナル曲の“New Life Standard”で、もう1曲が、竹内トリオでも度々取り上げている、リアレンジ・バージョンの“Spain”でした。どちらも、個人的なライブでは何度か演奏する機会がある曲目ではありますが、これらの曲を今回のメンバーで演奏したらどうなるか…という思いがまず大事なわけで、恐らく他のメンバー達も同じ気持ちでしょう。今回、事前リハーサルを1日設けまして、その時にも色々なアイデアが飛び交ったものでした。例えば、伊藤君はチェロも弾くのですが、“Spain”では自ら、チェロで参加してみたいと言ってくれたり、宮里君と小笠原君は、わざわざ今回の為に2人共作の新曲を作ってきてくれたりと、ライブにかける意気込みの大きさが、このリハからも想像出来たものだったのでした。

    

 …当然ライブは盛り上がり、全2ステージたっぷりと、お客さん方は堪能出来たのではないでしょうか。事前に決められた曲ではありますが、ステージに上がればやはり「ライブ」で、演奏中のその時ならではの瞬間も沢山ありました。良かったのは、そういった部分もレベルが高く、しかも皆で楽しめていた事だと思います。様々なアーティストのサポートという役割でステージ経験を積み、そして自分達の音楽にフィードバックさせるというのは、何度も大きなステージに立ったからこその説得力があります。それもまた自分達の“オリジナル性”であり、そんな部分に皆で共感出来たのが、今回のライブの楽しさの原点にあったのではないかと思いました。自分も本当に楽しかったです。どうもありがとうございました!…また御一緒出来る事を楽しみにしております♪

 ☆川内啓史君のHP…http://music.geocities.jp/k2_bassman/k_top.html

 ☆小笠原拓海君のブログ…http://ameblo.jp/takumiogasawara/

 ☆伊藤ハルトシ君のブログ…http://ameblo.jp/harry-guitar-cello/

 ☆宮里陽太君のHP…http://www.yotamiyazato.com

 ☆六本木 BeeHive のHP…
http://live-beehive.com

拍手[2回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

3月24日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


01 2018/02 03
S M T W T F S
1 3
5 7 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
[02/18 situs casino online]
[02/18 uk seo solutions]
[02/18 Dámske zimné kabáty]
[02/18 blúzky]
[02/17 carp soulfulness euphemism dreamy]
[02/17 elvira]
[02/17 おちゃ]
[02/17 Sniper 3D Assassin Shoot to Kill Hack]
[02/17 werbefilm drehen]
[02/17 Read This]
[02/17 jasa konsultan ISO 9001]
[02/17 judi online]
[02/17 jasa konsultan ISO 9001]
[02/17 oblečenie]
[02/16 Timothynok]
[02/16 cosmetic dentistry in amman jordan]
[02/15 cara daftar sbobet]
[02/15 Read More Here]
[02/15 read more]
[02/15 harga genteng metal pasir]