2019 / 12
≪ 2019 / 111 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2020 / 01 ≫

 7月7日(日)、そして7月20日(土)と、ジャンベ奏者のミキヤ(伊藤樹明)によるリーダー・ライブが行われました。これは、今年の3月に行われた〔伊藤樹明トリオ、初ライブ〕の続編とも言えるライブでしたが、それ以上に、ミキヤがニューヨークに音楽修行をしにいく直前のライブとして、壮行会としての意味合いも持たせたライブでもありました。前者は赤坂 Pro-Amuse、後者は所沢 Mojo で行われ、それぞれに特徴が見い出された、とても有意義な時間を過ごせたものだったと思います。順に振り返っていきましょう。
 まずは7月7日のライブです。これこそ、お客さんの手によって開かれた、正に壮行会のような内容のもので、オープン時からお店は、半ばお祝い事が行われているような雰囲気がありました。ここでのメンバーは、ミキヤに自分に、そして Pro-Amuse でよく御一緒するお馴染みのボーカリスト、白石恭子さんを迎えて3人でお送りしました。

    

 全体の構成としては、まずはミキヤと自分のデュオ編成で何曲かやり、途中で恭子さんを交えて3人で演奏し、休憩を挟んで再度3人で演奏し、そのステージの後半はまたデュオで演奏…というものでした。デュオの曲は、以前にやった曲もありますが、新しい曲も用意されており、今回もミシェル・カミロの難易度の高い曲を演奏する事になりました。これは後にお伝えする事にしましょう。
 そして恭子さんを交えての方ですが、こちらも、恭子さんのレパートリーを中心に選曲がされていたものの、よく見ると新しくやる曲が入っているではないですか。それがビリー・ジョエルの“New York State of Mind”で、ニューヨーク出発直前のミキヤに相応しい選曲だったのかもしれません(勿論、ミキヤ自身が選んでいます…笑)。恭子さんは、この日の為に曲を練習してきたそうですから、流石ミキヤ…、大物になりそうです(笑)。

    
 この日は、お店のお馴染みのお客さんも沢山集まって下さって、何人かは既にミキヤと顔見知りのようになっていたので、皆で協力してミキヤを祝ってあげていた感じでした。勿論、これはミキヤのニューヨークに対する強い想いが伝わったからでもありましょう。この日のライブ・チャージは投げ銭制としており、このお金が実際にニューヨーク渡航への資金に繋がるらしいので、想いが強くなるのも当然と言えるのかもしれません(笑)。まずは、赤坂でのライブが終了となりました!
 続いて、7月20日に所沢 Mojo で行われたライブは、正にミキヤ自身が動いて実現したライブでもありました。メンバーにはベースの池田暢夫君を加えて、最初の伊藤樹明トリオの編成でお送りしていきます。そしてこちらは、入念なリハーサルも行って臨んだライブなのでした。

    

 …というのも、この日は難易度の高い曲が多く設定されていたからです。前回の3月の時にも演奏した、ミシェル・カミロの“Piece of Cake”を初め、チック・コリアの“Armando's Rhumba”や“Spain”は、もうレパートリーの1曲として当たり前の地位にまで上っているかもしれません…。そして、この日の最も難易度の高い曲として、ミシェル・カミロの“From Within”という曲が挙げられましょう。テクニカル的にも音楽表現的にも相当なものが求められる、確かに遣り甲斐のある曲ではありました。
 “From Within”は7日にも演奏したのですが、やはり元々ピアノトリオの編成でやっている部分のドラムを、ジャンベ(ミキヤの場合、シンバル等の小物も使っていますが)に置き換えて行うのは、曲の捉え方にも若干の変化が出てきます。そして、これはピアノだけではなく、ベースも難しいフレーズが多用されていて、あまり余裕の無い演奏だったかもしれないのですが…、お客さん的には盛り上がって頂けて良かったです。また練習していきたい曲かもしれませんね。

    

 また、この日の見所として、ミキヤの父親である、さばいばるいとうさんが特別ゲストとして共演した事も特筆出来るかもしれません。何だかステージ的に、満を持して…と言いますか、非常にベテラン感を持った登場シーンになっていて面白かったです(笑)。しかし、さばいばるいとう節を存分に発揮出来た演奏でした。曲目は、最近の新曲でもある“くそじじい”。会場も、割れんばかりの拍手に包まれた瞬間でした(笑)。
 この日の売り上げも、ニューヨーク渡航の資金に充てられたようですが、この日は非常に沢山のお客さんにお越し頂け、しかもミキヤを昔から知っている方達も多数いらっしゃっていたので、本当にメモリアルな1日になったのかもしれません。誰もがミキヤを応援し、そして温かく迎えてくれていたように思いました。皆さん、ありがとうございました!

 今回のプロジェクトの準備には、色々と大変な部分があったと思いますが、このような光景を見ていると、やはりミキヤは恵まれていますよね。精一杯期待に応えて、そして一回り大きくなって、また日本に姿を現してくれれば良いなと思いました。その時は、帰国直後ライブ!…とかになるのでしょうか(笑)。自分も、強い想いで迎えたいと思います。とにかく…楽しみです!

 ☆伊藤樹明のブログ…http://ameblo.jp/djembe-mikiya/

 ☆赤坂 Pro-Amuse のHP…http://www.pro-amuse.com/

 ☆所沢 Mojo のHP…http://www.mojo-m.com/

拍手[3回]



【ありがとうございます!】
進化して帰って来ます!(笑)
また、よろしくお願いします!
【そりゃそうでしょ!】
まあ、身体にはくれぐれも気を付けて!
【無題】
ミキヤさんwith池田さん&竹内さん、本当に楽しいライブ、ありがとうございました。ミキヤさんのキラキラした表情が素敵だったなあ。夢に向かって走ってる人は素晴らしいです。私もおじさんですが夢を見つけて頑張りたいなあと思いました。アフターライブ楽しみにしてますよ!
【ありがとうございました!】
楽しんで頂けて良かったです。生演奏の良さ、そして
ミキヤの強い想いが感じられたライブでしたよね。
これで、帰国後は一体どのようなライブになるので
しょうか…。今後ともどうぞ注目してみて下さい!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[12/09 mẫu nhà cấp bốn đẹp]
[12/09 https://nhalouis.com/mau-nha-pho-nha-ong-dep]
[12/09 cheap psychic readings phone]
[12/09 mài sàn bê tông]
[12/07 더킹카지노]
[12/07 bao hiem chubb life]
[12/06 바카라]
[12/06 ikdditard]
[12/06 betnow.cc]
[12/05 innovation]
[12/05 Watch Jav Free HD]
[12/04 quest bars cheap]
[12/04 chicago Accident Attorneys]
[12/02 tạp chí doanh nghiệp và thương hiệu]
[12/02 토토사이트]
[12/02 코인카지노]
[12/02 토토사이트추천]
[12/02 leczenie kanałowe]
[12/02 DENTYSTA TORUŃ]
[11/29 vách ngăn thạch cao tphcm]