2018 / 07
≪ 2018 / 061 2 3 5 7 9 11 13 15 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2018 / 08 ≫

 今日は、お馴染みの黄門御一行バンドでライブの日でした。このお店ではいつも、約40分のステージを合計3回と、それはたっぷりとお届けしています。もちろん、選曲は事前に決められてありまして、それに沿ったステージングというのも(一応…笑)考えられていて、いつも順調にライブは進められているのであります。
 しかし、この日は様子が違いました。いつものように、事前にボーカルの恭子さんから曲順表のメールが送られてきたのですが、2ステージ目だけが殆ど空白となっており、その代わり最初の部分に、“ロッキー・ナイト・ニッポン”…と書かれてありました。何か、どこかで聞いたような名前ですが(笑)、要するに、2ステージ目を丸々リクエスト・コーナーにしてしまおうという試みなのです。
 確かに、このバンドではよくリクエストを受け付けていますが、その為に事前に決めた曲をやらなくなるという事もよくありました。…ならば、最初から決めなければ良いのではないか!…という発想の元に生まれたのだと思いますが、黄門バンドらしいと言いますか、思い切った試みですよね(笑)。まずは、1ステージを普通に行って、その後お客さんにリクエスト・カードを配布し、後は来るのを待つだけでした。果たして、どんな結果になるのやら…。

  本日の賄いは、かなり豪華でした!  色々ありますなあ…

 それは、右上写真の通りです!…予想以上に来ています(笑)。恐らく恭子さんが、1人何枚でも書いて下さいと言った為でしょうが、これではとても1ステージには収まり切りません。…とは言え、もうこの時点でステージ始まりの時間が迫っていた為に、あまり悩んでいる時間もありません。とりあえず何とかなるか(笑)!…という事で、殆ど決めずにステージに上がってしまいました。

  こんな光景も珍しい…(笑)  マイクの位置が難しくて…(笑)

 ♪~♪「黄門バンドがお送りするぅ、ロッキィー・ナイト・ニッポーン!」♪~♪~♪

 …という掛け声の下、リクエスト・コーナーは始まりました。ここは既存の番組?のスタイルに乗っ取り、左上の写真のように全員が座るという、絵的に結構珍しい感じが展開されていましたが(笑)、そして自分がリクエスト・カードを読み挙げさせて頂きました(恭子さんですと、もう小さい字が読めないらしいので…笑)。これがなかなか興味深いリストだらけで、恭子さんのジャズ・スタンダード・レパートリーから、自分のオリジナル曲まで…、究極は、黄門トリオ時代〔竹内大輔の写真日記(~2009)、黄門トリオ!参照〕に演奏していたという曲まで取り上げられていたという事です。よく覚えているな~、と感心するばかりでしたが、流石に今回バンドでいきなりは厳しそうです…。また何かの機会を待つ事にしましょう!

  “Diana”熱唱中…だと思います  恭子さん…飛び跳ねてますな(笑)

 とりあえず、リクエストの数が多い順にやっていきましょう。まずは恭子さんのレパートリーの中でもお馴染みの、“ハナミズキ”、“I Will Always Love you”。これは誰もが納得の選曲ではないでしょうか。そして、ギターの坂上さんへのリクエストとして、ジェフ・ベックの(インストですね)“Cause We're Ended As Lovers(悲しみの恋人達)”を演奏♪…このバラエティさ…、流石黄門バンドです。そして、オールディーズのナンバーから“Diana”をやりまして、ここでお客さんの誕生日祝いもやっておきます(笑)。そして、ベースの植木さんへのリクエストとしまして“星降る街角”、“I Saw Her Standing There”をやって、リクエスト・コーナーは無事終わりを迎えました。数で言えば6曲ですが、非常に盛り沢山な内容だったのではないでしょうか。…これで、この日のイベントはやり遂げた。この時、誰もが思っていた事でした。

  スーツがまた似合う…(笑)  気合いが感じられます(笑)


 
…マスターがスーツ姿!!??


 いやー、驚きました…。今回のマスター・コーナーでは、マスターはギターを持たずに歌だけに専念するという事で、衣装まで用意しての登場となったのです。お客さんは勿論の事、自分達だって呆気にとられてしまいました(笑)。そして気なる曲ですが、歳とった…じゃなかった、敏いとうとハッピー&ブルー(これ、マスターが自ら言っていた事ですからね!)から、“わたし祈ってます”を演奏しました。これで自分達は確信しました。今現在、黄門バンドで一番やる気のあるメンバーは、紛れも無くマスターです(笑)。…あれ、いつの間にメンバー?…とかは気にせず、今後とも見守ってやって下さい…。さて、今度こそ、この日は色々とやり遂げたと、誰もが思った筈でした…。

  一瞬、違和感が無い!?  何気に真面目に叩いておられる…(笑)


 ドラムの誠二さんがメイン・ボーカル!?


 …ん?…いや、、、


 恭子さんがドラム!!!???


 マスターが前で歌っているのを見て、触発されたのでしょうか?…そのまま前に出てきたらと思ったが矢先、代わりに恭子さんがドラム椅子に座り出しまして…。一体何が起きるのかと思いきや、恭子さんがドラム・スティックを持ち、そのまま曲が始まってしまうではないですか!…曲は、安部恭弘の“ロング・バージョン”でしたが、これが意外にしっかりとしたリズムを叩いてくれていて…。ちょっと、何気に安定しているじゃないですか(笑)!
 …聞くと、人前で叩くのはこれが初めてという事でしたが、どうやら、ドラム演奏に火が付いてしまったようです(笑)。これは、またやる時が来てしまうのではないでしょうか(笑)。…うーん、今後の黄門バンドのスタイルがどうなるのか…怪しい感じになってきましたが、とにかく今日のライブは見所が沢山でしたね…。一体、次回からどういったスタイルでやっていけば良いのか、難しくなってきましたが(笑)、次回は5月21日(金)です。どうぞお楽しみに!

 ☆五反田 Rocky のHP…livecafe-rocky.com/

拍手[3回]



【お疲れ様でした。】
おつかれさまでした・・・

のひと言に尽きますね!(笑)

次回、どうなることやら・・・(笑)

【どうもありがとうございました!】
どうなんでしょう…。
まあ、意外と“普通”になる可能性は否めませんが(笑)。
【新鮮で良かった。】
実は、ロッキーナイトニッポンでは単なるパクリでちょっとねと思っていたところ、ドラムに替った恭子さんが意外とまともに演奏していましたね。きちんと刻んで、叩いてと自然に聴こえました。
マスターはスーツになる必要はなかった思うけど、余計素人ぽくて良かった。
【どうもでした!】
まあ、実際のところ、自分は本家をそんなに
知らないわけなのですが(笑)、それでも恐らく
新鮮なのであろう事は理解できました。流石に
他でドラムは叩かないでしょう…(笑)。
これからどうなっていくのか…見ものですね♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

7月8日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st…14:00〜、
2nd…15:30〜、
Charge…1000円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 5 7
9 11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[07/17 selengkapnya disini]
[07/17 jasa backlink murah]
[07/17 baca disini]
[07/17 Infonya Disini]
[07/17 jasa backlink berkualitas]
[07/17 jasa backlink berkualitas]
[07/17 oxzipper.com]
[07/17 psychic Giant]
[07/17 Noatattoo.com]
[07/17 jasa backlink murah]
[07/17 jasa backlink murah]
[07/17 Mikel]
[07/17 legit psychic readings]
[07/17 whjxsb.com]
[07/16 buy spartagen xt]
[07/16 free tarot card readings online new age]
[07/16 newtown casino cheat]
[07/16 discounteffexortoday.blogspot.com]
[07/16 addiction recovery]
[07/12 おちゃ]