2017 / 07
≪ 2017 / 06 1 3 5 6 7 89 10 11 12 13 14 16 18 2223 24 26 27 28 2930 31 2017 / 08 ≫

 昨日は、大久保 Boozy Muse という、比較的新しいお店にて(自分は初出演のお店でした)、フルートの西仲美咲さんと、以前そのカルテット・ライブでゲストとして出演して頂いた〔竹内大輔の写真日記(~2009)、西仲美咲カルテット、スペシャルライブ再び参照〕ボーカルの Kimika さんの、いわゆる2人をメインとしたライブをやってきました。このユニット名こそが、記事タイトルの“MISAKI4. feat. KIMIKA”…というわけです。
 以前 kimika さんをステージに呼んで一緒に演奏した時は、普通にゲスト扱いでしたが、今回は全くゼロからの新しいプロジェクトと言っても良く、西仲さんと Kimika さんの2人をフロントに出していって、この先ライブを色々やっていく…という事のようです。“MISAKI4”…となっているのは、つまりは西仲さんのカルテットがバックにいるという事ですが、今回は久しぶりに、ベースに村田博志君、ドラムに佐々木俊之さんを迎えてのライブとなっていました。

  大久保駅から徒歩2~3分ぐらいの場所です  他では見ないメンバー構成かもしれません

 今回は、その初ライブとなったわけですが、どのような物にも“初めて”…という試みには苦労が付付き物です。その最たるものは、やはり曲に関してで、自分達と Kimika さんは、今までにまだ2曲くらいしか合わせた事がなかったのですが、今回のライブでやる予定となっていたのは何と15曲でした(!)。これで、曲がジャズのスタンダードとかだったらまだ良いのですが、ジャンル的に言えばR&Bやポップス系が殆どで、しかもリハーサルの時間は殆ど無く、すぐに本番…という手筈です。短時間への集中力を求められる現場でもありました。
 ただ、個人的に幸いだったのは、やる曲の8割方は自分も知っている曲だったという事です。ビリー、ジョエルの“honesty”、アリシア・キーズの“If Ain`t Got You”、そしてホイットニー・ヒューストンの“The Greatest Love Of All”や“I Will Always Love You”等、これらは何度か別の場所で演奏した事もあり、曲の雰囲気は知っているので、今回の現場では大きく役立つ事になりました。
 しかし、曲は知っていても、それをそのまま丸覚えしているわけではないので、例えば曲の終わり方や、途中の細かい構成等、詰めなければいけない所は沢山あったのが現状でした…。結果的には本当にギリギリで、最後まで慌ただしさは否めなかったのですが、それでも何とか形にはなったので良かったです。

  カルテットだけでの演奏!  西仲さんはシェイカー等も使いまして…

 ステージの途中では、インスト、つまり西仲さんのカルテット・メンバーだけでの演奏も組み入れ、ライブ中への変化も付けさせたりはしましたが(これが結構盛り上がりましたが…笑)、やはりメインは Kimika さんです。この日は沢山のお客さんにもお越し頂きまして、皆、じっと Kimika さんの歌に注目していた感じでした。Kimika さんも最初は緊張していたものの、最後の方はノリが出てきて軽くなったのか、大きく身体を揺らしながらも歌ってまして、会場全体も熱くなってきたように感じられました。

 この日のライブは、終わってみると本当にあっという間…という感じで、欲を言えば、もう少し落ち着いて演奏したかったとも思いました…。結構ライブの時間も細かく決まっていたので、気にし過ぎていた部分もあったのかもしれませんが、これは今後の課題にしていきたいです。
 …というのは、また5月、6月とも既にライブが決まっており、前述意外の反省点にしても、次回以降のライブにすぐに反映させる事が出来るからです。これは選曲に関してもそうですし、ステージングにしてもそうかもしれません。まだ出来たばかりのバンド(ユニット?)ですから、自分達らしさを探すのも難しいところではありますが、だからこそ色々と新しいものに挑戦して貰いたいですね。メンバー構成的には珍しいパターンですから、練れば練るほど面白い物が出来るように思います。まずは時間を掛けて、じっくりとやっていきたいですね。
 とりあえず次回のライブは5月17日(月)で、今回と同じく大久保 Boozy Muse にてです。一体どんなものが出来上がるのか、自分自身も楽しみにしている事にしましょう。またどうぞよろしくお願いします!

 ☆西仲美咲さんのHP…misakinishinaka.com/

 ☆大久保 Boozy Muse のHP…www.boozy-muse.com/

拍手[3回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年7月16日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st.…14:00〜、
2nd.…15:30〜、
Charge…1000円(要1オーダー)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 18 22
23 24 26 27 28 29
30 31
[07/27 Cheap The North Face Denali Jacket New Style-10634]
[07/27 Quero Emagrecer 10kg em duas semanas]
[07/26 http://student-loan-relief.blogspot.com/]
[07/25 Pietro]
[07/21 竹内]
[07/19 おちゃ]
[06/27 竹内]
[06/27 竹内]
[06/27 かとー]
[06/22 hideki.m]
[06/21 竹内]
[06/20 おちゃ]
[06/09 竹内]
[06/08 おちゃ]
[06/05 竹内]
[06/02 おちゃ]
[05/29 竹内]
[05/26 おちゃ]
[05/22 竹内]
[05/21 A]