2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 日にち的には、Generation Gap で九州ツアーを終えて、東京に戻ってきた12月9日(日)という日になりますが、この日は毎年恒例の町田 Herbie Xmas Live が行われ、サックスの副田君と共に、東京の羽田空港に到着後、そのまま町田へと足を運ばせてきました。空港に着いた時点で、既に時間的にはタイトで、本当に1分も無駄に出来ない感じだったのですが、電車での乗り換えを経て、無事にお店に到着。Herbie では、いつものように機材セッティングが行われようとしているところでした。

  乗換駅、京浜急行仲木戸駅(JRですと東神奈川駅)で一休み  いつものカレーを…喰らう!

 セッティングはいつもの感じだったので、もはや説明する事は無いでしょう。普段は20席くらいのジャズ・バーが、爆音必至のライブハウスに変化する瞬間でもあります。そんな今回は、このクリスマス・ライブ(…と言って良いのかどうか…)が企画されてから9年目にあたる年らしく、自分も7回目(7年目)の参加となっているわけですが、大きく変化を求めた回でもありました。
 まず、大きく編成が変わりました。それまではサックスとギターをメインで、演奏する音楽もファンク系、フュージョン系が主副田整歩 Xmas Live 2011@町田 Herbie参照〕という感じだったのですが、今回はサックス副田君と、トロンボーンの五十嵐誠さんとの2フロントを全面に出した編成にしてみたのです。そして、今までのメンバーも総入れ替えという事で、ベースに須藤剛志君、そしてドラムに初めましての鈴木郁さんを加え、自分との5人で、わりとジャズらしい選曲で挑んでみたのでした。これは大きい変化で、特にリズム隊が変わるという部分は、サウンド的にも大きな違いを齎すものなのです。良い意味で刺激的な1日になりました。

  今回は、サックスとトロンボーンの2管!  皆が主役になれる1日です!

 ファンク系、フュージョン系の音楽からジャズ系へ…と言うと、少し大人っぽく、そして静かな演奏になったのかと思うかもしれませんが、そんな事は全く無く(…とは言え子供っぽいという意味ではありません…笑)、テンションはそのままに、更なるリズムの攻防が織り成し、緊張感と熱量抜群のライブが繰り広げられたのでした。ジャズの良さである“自由”な部分が、更に際立つサウンドになったと言いますか、メンバーそれぞれが主役になれた1日でもありました。

  ここでもテクニカルなギターを披露!  位置は後ろでも、熱く弾いたります(笑)

 ライブの途中には1曲だけ、ギターの藤井進一君にもゲストで参加して貰い、その熱量を更に増させる事に成功。彼のアドリブに、更なるリズムのアドリブが重なり、正に、個々と個々とのぶつかり合いです。非常に心地良い時間でもあったと思います。そもそも、フロント2管という編成は、口で言う以上に大変な編成で、まず曲のメロディのパート分けや、どこをユニゾンで吹くか…等の事前の準備は必須となっています。それでも、やはりハモりを演奏している状況でのサウンド素晴らしく、自分で伴奏をしていても、素直に格好良いと思ってしまう程でした。労力に見合う効果は絶大でしたね。

  鈴木さんのドラムソロは、とにかく圧巻!  演奏者大集合!…お疲れ様でした

 勿論、お客さんのノリも絶品で(笑)、だからここでのライブは辞められないのです(笑)。自分達とお客さんとの盛り上がりの一致、そして距離感の近さは、ここでしか味わえないものがあると自負出来ますし、副田君も言っていましたが、今回のイベントが無いと、1年が締め括れる感じがしない…と思ってしまう程なのです。変化を求めた今回のライブでしたが、多くの方に楽しんで頂けて良かったです。…そして、来年でついに、このイベントも10年目を迎えるのですね。来年も自分が参加出来るかは分かりませんが、成功をお祈りしたいです。今回も、関係者の皆様に感謝でした。どうもお疲れ様でした!

 ☆副田整歩君のHP…http://www.soedanaomu.com/Top_Page.html

 ☆町田 Herbie のHP…homepage2.nifty.com/herbie/

拍手[3回]



【無題】
来年も是非参加してください!
【初参戦、最高でした】
皆さん、とってものびのびしつつも熱い戦い、Xmas Live
でありながら汗が飛んでいてすてき~。宮崎帰りのお二人の
「スペイン」での音のやり取りも楽しかった…。
入口からとても良い席に誘導して下さった男性が、後でマスター
さんだったと判明し、少し緊張が走り(?)ましたが、おかげさ
まで大迫力を体感できまして、とてもありがたかったです☆
【無題】
>たけちゃんさん
 自分もそう願っております(笑)。

>おちゃさん
 初参戦でしたか。如何でしたでしょうか。
 早速マスターの洗礼?を受けつつ、徐々に
 Herbie の世界観に入っていく様子は
 楽しいですよね(笑)。あんなに客席と
 近いステージはなかなかありません…。
 またどうぞ楽しみにいらして下さい!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31