2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 3 8 910 11 1617 18 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302017 / 10 ≫

 10月27日(土)、28日(日)の2日間、TRI4TH で NIROCK Vol.7 のサポートをしてきました!…自分は今回で初参加となる NIROCK ですが、これは俳優の新納慎也さんの企画する、今年で7回目(毎年1回行われています)となるライブの事で、TRI4TH が演奏でサポートするのは今回で3回目との事でした。TRI4TH と新納さんとの出会いは、2009年に行われた三谷幸喜さんのミュージカル作品、“Talk Like Singing”で共演したのが切っ掛けとの事で、そこからの付き合いが現在でも続いているというのは嬉しい事ですよね。
 打ち合わせは、選曲の時点から言えば結構前から始まっていましたが、やはり時間を要したのは演奏曲の“アレンジ”という部分でした。新納さんのオリジナル曲もやるものの、7割強はカバー曲を予定していたので、これを自分達なりに、譜面等を書き直していかなければならなかったのです。身近な部分で言うと、曲のキーの変更というのが挙げられますが、それ以上に、2管という自分達の編成に合うような楽器の割り振り、そして NIROCK という舞台に似合うような曲調を考え、それでいて元曲のイメージを崩さないような、なかなかバランス感覚が問われるようなアレンジが求められたのです。そんな中、今回のバンマスとなっていたベースの関谷君、そしてギターリストの平田崇君(彼も、NIROCK は3度目の出演)を迎え、大量のアレンジが完成…。まさに、新納慎也+TRI4TH という、オリジナルのライブ音楽が出来上がったのでした。後は、それを演奏していくのみです。

  4公演、全て渋谷 Glad にて!  今回のバンマス担当は、ベースの関谷友貴君!

 演奏するのみ…と、口にするのは簡単ですが、1日に付き2公演、2日間なので合計4公演を行った自分達にとって、その演奏内容は非常にハードなものでした。自分は今回が初参加だったので、過去の NIROCK とは比べようがありませんが、皆口を揃えて「今回は特にハードだった」との事です(笑)。確かに、全部で約20曲のセットリストに、中にはアニメソングのメドレー等も盛り込んだりして、アレンジ面でも演奏面でも、相当な技術が求められたように思います。ステージ時間は軽く2時間は超えており(MCも含めていますが)、同じ姿勢でいるのも大変なのに(笑)、ほぼぶっ続けで演奏というのは、本当に体力との勝負でもあったのでした。

  お世話になった Glad のステージ  新旧ピアニストの共演?(笑)

 しかし、やはり楽しんで頂いているお客さんの表情を見ていると、こちらも負けてはいられないという気分に自然になるものです。NIROCK という言葉からも、ロック調の曲が多く、それはバラードというジャンルでもその要素が垣間見える雰囲気ではありましたが、皆、本当に真剣に聴いてくれています。こちらも真剣(真面目に…という意味ではなく)に演奏していくのは当然の事です。誠意と誠意のぶつかり合い…とでも言いましょうか。2日間、とても身になるライブになりました。そして、非常に充実した2日間をおくれたと思います。
 最後の公演には、TRI4TH の初代ピアニスト、喜多形寛丈君が遊びに来てくれ、なかなか貴重な1ショット(右上写真参照)が実現しました。これで急遽、ライブにも参加したら面白かったのですが…(笑)。

  打ち上げ会場にて、新納さんと  赤ワインが似合っております(笑)

 4公演の演奏は本当にやり切った感じがあり、それは打ち上げも楽しく盛り上がれるというものです(笑)。改めて、このような機会を頂けた事に感謝し、今後の活動の糧になればと思いました。また、今回演奏した曲というのは、普段 TRI4TH でやっているような音楽とは、ジャンル的にも結構異なるものだったのですが、それでも TRI4TH らしい要素がステージ上には表現出来ていたという感触はあったので、TRI4TH の表現の幅の広さを、更に実感した2日間でもありました。ジャズという枠組みだけに留まらず、自分達オリジナルの音楽性を見付けていくという意味で、意義のある期間になっていたとも思います。まだまだ躍進し続けていきたいものです。

  今回、スタッフとして手伝ってくれた、山上祐子さんと加納里奈さん  出演者、スタッフの皆さんと♪…お疲れ様でした!

 さて、TRI4TH のツアー活動も後半戦に入ってきました。今後は東北ツアーや広島ツアーが控えており、そしてツアー・ファイナルは12月10日(月)の、渋谷 Duo(今回ライブを行った渋谷 Glad とは、目と鼻の先です…笑)でのワンマンライブとなります♪…今までのステージで培ってきた経験を生かし、皆が楽しめるようなライブを目指したいです。どうぞよろしくお願いします!…そして、今回のライブもお疲れ様でした!

 ☆新納慎也さんのHP…http://www.shinya-niiro.jp/

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆渋谷 Glad のHP…http://shibuya-glad.com/venue/

拍手[6回]



【行って良かったわ~】
この公演にしかない、スペシャルなとっても刺激的な時間
でした!
【無題】
返信遅れましたー!

確かに、まず自分達のライブだけでは
出来ない事ばかりだったかもしれません。
こんな一面もある…と楽しんで?
頂ければ幸いでございます(笑)。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中