2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 3 8 910 11 1617 18 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302017 / 10 ≫

 …また日にちが経ってしまいましたが、去る22日(土)、新大久保にあるクロサワ楽器日本総本店にて、TRI4TH でインストアライブを行ってきました。勿論、今年の8月8日にリリースした自分達の 2nd.アルバム『TRI4TH AHEAD』によるもので、クロサワ楽器では町田店でもお世話になりましたが〔TRI4TH、クロサワ楽器町田店でインストア・ライブ参照〕、今度は総本店という事で、リリースから1ヶ月以上は経っているものの、気合いが入るのは当然でした。
 また、ここは昨年の『わらべ JAZZ』の時にも、インストア・ライブとして演奏をさせて貰っていてTRI4TH『わらべ JAZZ』インストアライブ参照〕、聞くと、事ある毎に関わりのある場所でもあるとか…(メンバーの使用楽器を見ても、そうですからね…)。CDをリリースする度にこの場所に帰ってきて、そして演奏をやらせて貰えて…、もはや自分達の成長を確かめ合うような場所…と見るのは、考え過ぎでしょうか…。

  以前も、マックで腹ごしらえをしたような…(笑)  天井が狭く感じるのは…?

 今回も、多くの方にお越し頂きました!…予約制となっていたのですが、これは満席と言っても間違い無いでしょう。また、今回は1段分?の高さのステージが用意されていて、インストアという状況とは言え、より本格的な演奏をお届けしなければいけないプレッシャーのようなものを感じさせてくれました(勿論、常にそうなのですが…)。ステージ時間もたっぷり1時間は予定されていて(実際、盛り上がってしまって、1時間20分くらいは演奏していました…笑)、これはもうインストア…と言うよりは、普通に“ライブ”でした。
 この“ライブ”という感覚は、自分達は最近特に意識している事柄ではないでしょうか。幾分、個人的な観点が入りますが(笑)、先日の Motion Blue でのライブ〔TRI4TH ワンマンライブ@Motion Blue Yokohama!〕を終えて自分は、TRI4TH の中の自分の立ち位置の1つの答えを導き出せたような気がしたのです。演奏の方向性…と言っても良いのかもしれませんが、それは後にバンドの方向性にも繋がる事ですから、慎重にならなければいけない事ではあります…。それでも明らかに、それ以前のライブとでは充実性が異なるというか、質の向上は図られたように感じられたのでした。…勿論、自分達は過渡期の状況である事は、十分に認識しているところですので、今の段階で…という話しではありますが、ハッキリ言える事は、どんどん楽しくなってきている…という事です。今回のインストアライブも、Motion Blue とは環境は違えど充実感が大きかったのは、その部分の変化が大きかったのではないかと思うのです。

  多くのお客さんに見て頂けました!  とりあえず、各自の楽器を持って…(笑)

 “Night Hawks”のソロの展開、“Seven”のイントロの入り、“Himawari”の音の掛け合い等…、これらは事前に決められていた部分もあったのですが、その時の空気感を読まなければいけないのがライブです。ステージの上で言葉を掛ける事無く、楽器から出る音という媒体で、それらから逸脱した演奏に皆で向かう事が出来ました。“New Life Standard”も、日に日に自由度が増してきている気がしますが(笑)、その方向に向かう事で、自由の中での皆のベクトルの一致を、演奏中に確かめ合う事が出来るのです。
 これこそジャズの真髄とも言える考え方で、TRI4TH はやはり、“ジャズ・バンド”としての要素を高くする事によって生きるバンドなのだと、改めて思ったのです。当然、それが成り立つ為には、ステージ構成やセットリストの流れ、そして演奏の技術が確かなものである事が求められるわけですが、自分達もまだまだとは言え、そこに近付いていく事で自らの成長を楽しめると言いますか、それが今後の活動の原動力にも繋がっていっている気がします。
 また、今回の“Circle”のように、サックスとキーボードのデュオを初めて行う…といった、新たな試みも捨ててはいません…。事前に用意してきたものという考えが1つ。用意してきたけど、やはりライブ中の雰囲気を判断し、それらを逸脱した方向性、(ライブ中に突然)持っていくという考えが1つ…。これら双方のバランスは大事ではありますが、最近のライブを判断するに、後者のような状況の方が、何だかんだで皆、好きなようですね…(笑)。ある意味で、ライブなのだから当然だとは思う事なのですが、こういった考えに無意識的になれるのは、実は結構難しかったりするのです。その域に到達出来たというのは、TRI4TH も新たな局面を迎えられるような気がしました。良いライブでした。

  明らかに韓国系の店ですね  フロントの2人よ

 …という事で充実したライブを終え、この日はクロサワ楽器のスタッフの方々に、食事に招待して頂ける事になりました。町田店からの流れもあるので、2つのインストアライブの総合打ち上げ!…と言っても良いのかもしれません。新大久保という場所を生かし?て、焼肉をたらふく食べさせて頂きました。そして、沢山飲ませて頂きました(笑)。
 改めて、多くの方々に囲まれて、バンド活動を続けさせて貰っているのだと認識させられた日でもありました。今後ともどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました!

 ☆TRI4TH のHP…
http://www.tri4th.com/

 ☆クロサワ楽器のHP…http://www.kurosawagakki.com/

拍手[4回]



【どんどん楽しくなってきている…】
受け取る客席もそう思ってます。それはインストアでも変わりま
せん。毎回新しい試みがありますし…そして、ライブの雰囲気で
変わっていく部分…なるほどと読みました。

「いったいこの素敵な初めて聴く前奏(もいちど聴いてみたいで
す)の曲は何~?」と思うと“Himawari”が始まりました。
“Circle”の初デュオもワクワクでしたが、特に印象的だったの
は“New Life Standard”半ばで織田さんと竹内さんが対面しながら演奏していた時。トランペットとキーボードでまるでしみ
じみ会話のやり取りをしているようで「あ~できればずっとこの
好もしい会話を立ち聞き(座ってましたが)させて下さ~い」と
いう気分でした。この曲の印象があの日聴いた後変わった感じで
す。

全員で楽器を持って写ってる写真、いいですね~!ドラムの前で
ドッシリ構える織田リーダーがツボです(笑)。こんな楽しい
写真も撮れて、焼肉をたくさん食べさせてももらえるクロサワ
さん…ありがたい、またいつの日か、インストアライブ開催して
くださいませ~。
【有難いですね】
聴いて下さる方へのワクワク感…。自分達は、これを
忘れてはいけないと思っています。ライブに関しては
勿論そうですし、CDにしても同じ事でしょう。
そうなると、ライブだからこその時間を提供したく
なるのは当然で、それを今回は、演奏内の変化という
点で表現をしてみました。如何だったでしょうか。

また今後も色々なアイデアを持ってライブに臨みたいと
思います。流石に、メンバー皆で楽器を持ち替えて…という
事は無さそうですが…(笑)、どうぞ期待していて下さい♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中