2017 / 10
≪ 2017 / 09 2 4 7 9 12 13 1415 16 17 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

 一昨日の15日(土)になりますが、ボーカル・ギターのさばいばるいとうさんの UNIT で、春日部の和音というお店でライブをやってきました。この時、自分はライブの梯子の渦中にありまして、この前にもこの後にもライブがあったという、なかなか目まぐるしい状況でのステージとなってしまっていたのですが、楽しく終える事が出来ました。また、和音というお店は初めて出演したのですが、かなり時代的に遡った雰囲気のある所でもあり(笑)、一種独特な空気感の中でやらせて頂いた感じもあります。対バンも何組から出演されたいたので、そちらの写真もお見せしておきましょう。

  駅からは徒歩5分程の距離にありました。この右のビルの3階に、和音は位置します  トップバッターは、ギター弾き語りの団長さん

 まずは、まだ伊藤さんと知り合って1年も経っていないという、ギターの弾き語りの団長さん(右上写真参照)。シャウトしながら、そしてブルース・ハープを用いて強引に歌う様は、ある意味で刺激的なステージでもありました。そして2番目には、ギター・ボーカル2人組の青い風さん(左下写真参照)。こちらは打って変わってフォーク・ソングの曲が中心になり、カバー曲とオリジナル曲を約半分の割合で歌い、穏やかな空気感を演出してくれました。1つ飛ばして、4番目には、こちらは急に出演が決まったようで、2曲だけの演奏になっていた、トラさんという方(右下写真参照)…。長渕剛好き…というのは、言われなくても分かるという程、その方のオリジナルの曲調に表れており、1曲は本当に長渕剛のカバー曲をやってくれました。どの方もステージの雰囲気と相まって、皆個性的に見えた時間でもありました。

  夫婦での出演だった、青い風さん  熱のこもった演奏でした

 そして3番目の出演者は…、九州からの叩き語り、幻一郎さんでした。これまでに何度か紹介してきていますが、一度そのパフォーマンスを見ると、忘れるような方はまずいないでしょう。叩き語り…という、ある意味でポピュラーとも言える表現方法が、この人によって、こんなにもアンダーグラウンドな世界になるとは…(笑)。
 しかしやはり、どうしても惹き込まれてしまうのです。何故だかはよく分かりませんが、目の付け所が鋭かったりするからでしょうね。そして、如何にくだらない事に時間を掛けているか…だと思います。今回も数々の楽器を使い(笛とか、初めて見たかもしれません…)、インパクトのある時間を残してくれました。実は今回、自分と一緒にやる曲を用意してくれていたのそうですが、自分に時間が無く、リハーサルが一切出来なかったので、またの機会…という事になってしまいました。まあ、楽しみは後日に残しておこうという事で、良しとしましょうか(笑)。

  これは楽器…というか(笑)  笛?を使っているのは初めて見ました(これも、たまに叩いていましたけどね…笑)

 そして、この日のラスト・ステージとして、自分達の出番がやってきました。自分は今回は、お店の電子ピアノを使わせて頂きましたが、どうやら楽器の位置が、ちょっとした問題を生んでしまっていたようです。まず、電子ピアノの位置が、ステージの後方の端となってしまっていたのですが、これは動かせないというので仕方無いとの事。パーカッション(最近、ジャンベ以外にも小物類を沢山置き始めたので、もはやジャンベ…ではなく、パーカッショニストと言っても良いかもしれません)のミキヤも、真ん中の後方を陣取るしかなったので(逆側の後方にドラムセットが置いてあって、これも動かせなかったので…)、ボーカルの伊藤さんがミキヤの前に来るしかなく、どう見ても変則的なポジションでの演奏となってしまったのです(要するに、伊藤さんとミキヤが縦に並んでしまっていると…笑)。伊藤さんはよく動くので、これでも良いのかもしれませんが、何故かギターに繋いでいるシールドが3m半しか無く、あまり動けない御様子です。後ろからその姿を見れた自分としては、どうも気になってしまいましたね(笑)。

  最初はミキヤのソロから始まりました  幻一郎さんも見守っております

 曲数も、5曲+アンコール1曲と少なめで、あっという間に終わってしまいました…。ただ、最後の方になるにつれて盛り上がり、お客さんも喜んでくれていたので良かったです。今回の和音でのライブは、自分達も含めて5組も出演者がいたので、1つ1つがすぐに終わってしまったような感覚がありましたが、それぞれに渡された持ち時間の中で、皆が個性を発揮していけた感じもあったので、意味のあるライブとなりました。伊藤さんを介して皆さんが集まったところもあるので、そういった空気感も出ていたのでしょう。
 個人的には時間的にバタバタで、ライブの前後は勿論、ライブ中も慌ただしい雰囲気の中で過ごしてしまった感じでした。もう少しゆっくり出来たら…とは思いましたが、きっとそんな機会もまたある事でしょう。どうもお疲れ様でした。またよろしくお願いします!

 ☆春日部和音のブログ…http://music.ap.teacup.com/waon/

拍手[2回]



【>】
色々と(笑)ありがとうございました。
やはり、インパクトのあるものは残った
ようですね…。伊藤さんの周りには、本当に
個性豊かなミュージシャンが揃ってますよ♪
また是非ともお越し下さいませ!
【>】
あ、自分もその一員ですかね(笑)。
こちらこそ、どうもありがとうございました!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 7
9 12 13 14
15 16 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31