2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 昨日は、埼玉県日高市にある巾着田(きんちゃくだ)という場所にて、ボーカル・ギターの、さばいばるいとうさんの UNIT でライブをしてきました。巾着田とは、この辺りを流れる高麗川という川が、長年の蛇行により“きんちゃく”の形に似ている事から、そう呼ばれているもので、周りは山に囲まれているものの、直径約500メートル、広さ約17ヘクタールの平地の土地となっています。ここは自然が豊富で、特に秋頃に咲く曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が有名なのだそうですが、今の時期に咲く菜の花も有名で、今回はその“菜の花祭り”というイベントに出演…という事になっていたのでした。
 さて、菜の花はまだしも、さすがに桜はもう散りかけかな?…とも思っていたのですが、伊藤さん宅の最寄りの駅であるJR川越線の武蔵高萩駅に着くと、駅前には沢山の桜が自分を迎えてくれました。どうやら、最近まで寒さが続いていたせいか、桜の見頃も少し長引いたようです。そして、この辺りは山側に近い場所でもあるので、桜の開花も都心よりは少し遅いのでしょう。これは巾着田での景色も期待できそうでした。

  武蔵高萩駅前にて…素晴らしいですね  巾着田の現地にて、ひとまず飯を…

 そして、その期待は絶対的なものに変わりました。これはもう写真を見て頂ければ明らかだと思いますが、辺り一面の菜の花と、それを取り巻くように咲いている桜…。そして意外にも晴れ渡っていた天気と相まって、素晴らしい光景を作り出していました。正に春!…と呼ぶに相応しい環境で、さすがに人出も多かったです。今までこんな場所があったなんて、自分は知りませんでした…。

  豆汽車も走っているようで…(笑)  テコンドーのデモンストレーション

 ステージは、そんな景色に背中を向けるように設置されていたので、出演者からは見えない位置にあったわけですが、お客さん側からすると、出演者越しにこれらの光景を見る事が出来るわけで、成程、よく考えられていると思いました。自分達の出番の前には、手品をやっていたり、クイズ大会をやっていたり、そしてテコンドーの型を披露している団体がある等、本当に様々な出し物があるようでしたが、そんな出演者達のトリを務めるのが、なんと自分達だったのです。実際、15:00には終わってしまうイベントだったので、そうゆっくりとした感じでもなかったのですが、野外の中、気持ち良く演奏出来たように思いました。

  開放的なステージです  水野さんの演奏に、ミキヤも乱入!?

 自分達に与えられた時間は正味1時間でしたが、今回、伊藤さんの知り合いのミュージシャンである、ボーカル・ギターの水野たかしさんも出演されるという事で、それぞれ約30分ずつぐらいのステージを連続してお届けしました。今回、自分達の出演写真は無いのですが、水野さんが“Satnd By Me”を歌っている時に、ミキヤもジャンベで急遽参加していたので、ライブの雰囲気は伝わるかと思います。春という雰囲気を存分に感じられたライブだったと思いました♪

 しかし、自分達の演奏が終わると同時に辺りの雲行きが怪しくなり始め、あっという間に雨となってしまいました…。天気予報では、この日は午後から雨という予報だったので、特に不思議でありませんでしたが、何という絶妙なタイミングでしょう…。自分達の演奏を待ってくれたのかな…と、少し感慨に耽ってしまうくらいでした(笑)。…さて、そろそろ桜の季節ともおさらば…ですかね。

 ☆さばいばるいとうさんのHP…su-zan.net/survival/

 ☆日高(埼玉)巾着田のHP…www.kinchakuda.com/

拍手[4回]



【お久しぶりです】
巾着田、何度か行ったことがあります。
彼岸花の時期しか知らなかったのですが、桜と菜の花のコラボな風景もまたいいですね^^

いとうさんもミキヤくんも相変わらずお元気そうで何よりです。
またお会いできる日を楽しみにしています!
【懐かしいなあ。(清水君に引き続き)】
私も大学院時代に、研究で何度も巾着田に行きました。懐かしいです。
その場所で竹内君が演奏するとは、とても親近感がありますね。
今回の竹内君の出演したコンサートも、今後の「研究対象」になるかも?しれません。(笑)
【無題】
>めいさん
 自分は逆に、彼岸花のシーズンに行った事がありません。
 菜の花と桜のコントラストがこんなに綺麗なのですから、きっと
 秋頃も素晴らしいでしょうね。機会を見付けて行きたいものです。

>高木陽光さん
 さすが、色々と行ってますね!
 是非研究の対象として取り込んで下さい(笑)!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31