2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 3 8 910 11 1617 18 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302017 / 10 ≫

 昨日は横浜 Hey-Joe にて、お馴染み Generation Gap(以下 GG)のライブをでした。前回のライブ〔2010年最初の Generation Gap ライブ!参照〕からは約3ヶ月も経っていて、結構久しぶりとも言える日取りではありましたが、いつものように激しく、そして楽しい内容のものが出来たように思います。
 この日は楽器担当に特徴がありました。今回は、自分との共演は久しぶりの藤田淳之介君が出演していたのですが、手には黒いバリトン・サックスを持っているではないですか!…今までの記事を見れば分かるように、GG では彼はテナー・サックスを担当していたのですが(代わりに、それまでバリトンを吹いてきたバンマスの上杉君が、テナー・サックスを担当していました)、いきなりのバリトン・サックスの変更、そして色は黒!…もちろん最初は驚きましたが、ライブのMCで上杉君が、サックスの色はミュージシャンの心を表すと言っていたので、そのまま真に受けてライブを進める事にしましょう(笑)。

  立ち位置にも変化が…  早速、黒バリトンを突っ込まれてますね(笑)

 そして、ライブはやはり新鮮味が感じられました。実は楽器担当が変わったものの、ステージ上での楽器の位置は変えなかったので、いつも自分(ピアノ)の隣りが立ち位置の上杉君の代わりに、今回は藤田君が立っていたわけです。つまりは、自分の位置から見える光景が通常と全く異なっていたわけで、それが個人的には大きな違和感でしたね(悪い意味じゃないですよ!)。もちろん、音使いの違いとか、他にも色々あるとは思うのですが、やはりステージ上に立つ人の雰囲気というのは、ライブに影響を与えるものだと思いましたね。聴覚だけではなく、視覚的な部分も大きい…という事でしょう。

  GG の低音を支えてくれています!  今回はギターの使い所が、いつもと結構違いましたね

 今回は新曲こそ無かったものの、曲中に様々な試みが設けられていたように感じました。しかもそれは、予め事前に打ち合わせされたものではなく、恐らく演奏中の雰囲気を見て、突然誰かが仕掛けて…というものだったのです。もちろんその仕掛け後は、演奏がどういう方向に進んでいくなんて、誰も知る由は無いのですが(笑)、その急なスリリングな雰囲気こそがライブ感に繋がっていくわけで、そして盛り上がりにも発展していったのだと思うのです。

  変な弾き方…(笑)  ピアノとドラムの掛け合いも久々でしたね

 こういった即興的なプレイというのは、自分の音楽感の中でも特に大事にしている部分でもありまして、故に、個人的にとても有意義なライブとなりました。もちろん、その即興的な部分というのは、誰か1人だけで成し得られるものではありません。自分が『こうやりたい』…という気持ちを、相手方に分かって貰う事も大切なのです。それこそが、メンバー間の意思の疎通…というものに結び付いていくと思うのですが、今回はそれが上手く回ったのでしょう。正に、皆で作るライブ!…という感じがして、楽しい時間を過ごす事が出来ました。皆さん、どうもありがとうございました!

  サックス同士の掛け合い時の写真です  それぞれの表情にも注目ですね!

 さて、ますます今後が目が離せない GG ですが、前の記事でも話した通り、このバンドは今年で結成10年を迎える事になります。そして只今それに向け、「何か」を企画中です(笑)!…もちろん、決定次第報告させて頂きますので、どうぞ楽しみにお待ち下さい!


 そして、この日のライブ後ですが、実は自分の両親と祖母がライブに来ておりまして(笑)、そのまま自分と4人で、横浜のホテルに泊まる事になってしまいました。そのホテルというのがホテル・ニューグランドという、以前 GG 系のメンバーで、結婚式披露宴の演奏の仕事をした場所でもありまして〔竹内大輔の写真日記(~2009)、横浜で結婚式演奏 2days
参照〕、何だか変な所縁を感じてしまいましたね…(笑)。泊まった部屋からは、横浜マリン・タワーを間近に臨む事ができ、優雅なホテル・ライブを満喫させて頂いたものでした♪

  泊まった部屋からの眺めです  父親登場(笑)

 …次の日には、車で横須賀の方までドライブしつつ、また中華街に戻ってきて、遅めのランチなんぞを頂きつつ、、、。…めでたしめでたし(笑)♪

 ☆Generation Gap のHP…www.generation-gap.jp/

 ☆横浜 Hey-Joe のHP…www.ne.jp/asahi/hey-joe/yokohama/

拍手[6回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中