2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 昨年から始めて、いつの間に好評を頂いている(笑)この『奢らせて頂きます!』シリーズ。今年も同様に、奇数月にて開催させて頂きたいと思います。さて、そんな2011年一発目は誰にしようかと悩んでいたのですが、ここで改めて、一番最初の回に登場して頂いた〔竹内大輔の『奢らせて頂きます!』1.(池田暢夫編) 参照〕池田暢夫君に、再度お願いする事にしてみました。その理由は本文中にも話していますが、要はこのシリーズを1年間やってきて、もう一度原点に返ってみたくなったのです…。ある意味で、このシリーズの変遷を一番よく知っている人でもあるので(笑)、今までの1年間の総評も踏まえつつ、色々掘り下げた会話を楽しんでいきたいと思います。場所は、新たな池田君の地元である西国分寺…。今回はどんな話しが飛び出すのでしょうか。

  
鰯料理のお店だそうです  アットホームな雰囲気のお店でした♪


 ●日時…2011年1月23日(日) ●場所…西国分寺 ●お店…たつみ


竹内(以下、緑で表示)「鰯の塩辛とかあるんだ。」

池田(以下、青で表示)「あ、ホントだ。流石、鰯の店だけありますね。」

「俺、なめろうが凄く好きでさ♪」

「へ~…、あ、でも美味そうだな。」

「さて、今回は…、1年振りなんですけど…。」


「そうですね。」

「今までの『奢らせて頂きます!』を全部見て貰えれば
 分かるんだけど…。池田君のだけやたら…、誌面が少ないんですね。」

「誌面?」

「誌面…って言わないのかな(笑)。何て言うの?…量が少ないって言うか…。」

「あ~、はいはいはい。」

「最初だけあってね。」

「そうですね。」

「ちょっと不公平じゃないかって(笑)。」

「あははは(笑)。確かにねぇ…。奢られる額も…、やっぱりまだ…(笑)。」

「はは、ちょっとお試し的な…(笑)。探りながらの感じはあったでしょ。」

「手探り感はありましたよね。」

「…まあ、それはしょうがない(笑)。そう、それで、今は軌道にも乗ってきたので(笑)。」

「回ってきた感じ…ですよね(笑)。」

「そうそう(笑)。それで今までの総評とかも出来るかなって…、この1年の。
 何だかんだで、池田君も含めて6人やってきましたから。」

「男女男女…交互でやってきましたからね。やっぱ反響はあるんですか?」

「…ありますね。あれ結構、見てる人いますね。」

「まあやっぱり、こう…、だんだんと読み応えがあると言うか…。」

「ヨナミネハウス行ったわけよ。阿嘉島の。」

「はいはいはい。」

「その話題になったもん(笑)。あれは見た!…って(笑)。」

「はははは!!…マスターが(笑)。」

「ほら、俺のブログって長いからさ…。最後まで
 見れないらしくて(笑)。だけど…、あれは見た…って(笑)。」

「まあ確かに、会話なんで、読みやすいですよね。」

「そうですね、長くてもね。」

「なんか、説明的なものが少ないと言うか…、なんか朗らかな気持ちで見れますよね。」

「そうなんですよ(笑)。」


「あと、お店のバリエーションも…ありますしね。前のフレンチ、
 イタリアンのラインはちょっと大きいんじゃないかと(笑)。」


「そうだよ、郷原君なんか、お店を予約したんだよ?…確か(笑)
 〔竹内大輔の『奢らせて頂きます!』5.(郷原繁利編) 参照〕
。」

「ははは、まあG原さん(池田君は、郷原君の事をこう呼びます…笑)
 予約しそうですよね。堅気の人だから(笑)。」


「あはは(笑)。」

「りこさん(桜井りこさん)も…、是非また呼んでくれって。熱望してましたよ。」

「ああ、そう!?…大反響じゃないですか(笑)。」

「ははは。まあ、あの人はただダラダラ飲みたいだけなんだろうけど…(笑)。」

「そう言えば最近、色々な人から『出させてくれ』とか言われるんだよな(笑)。」

「あはは(笑)。でも、トシさん(佐々木俊之さん)が、まだっていうね…。」

「あれは敢えてです(笑)。」

「ははは!…ジョーカーだ(笑)。」

「まだ…時期尚早じゃないかと…(笑)。」

「ちょっと俺は、サックスのかわ島さんとか興味ありますね。
 あまり、語らなそうな気がするので…。どこまで掘り下げられるのか…。」


「成程…。それ言ったら、そろそろ和丸がタイム・リミットだからね(笑)。」


「はははは(笑)。あと数ヶ月で二十歳かぁ…。まあ、確かにありますね(笑)。」

「場所は、Crazy Love(経堂)…(笑)?」

「ははは~、Crazy Love か~(笑)。」

「あははは(笑)。」

「…まあ、女性がやっぱり鬼門ですよね。」


「まあ~…ね。サシで飲みに行ける相手…ですからね。限られますね。」

「限られますよね~。…あ、お婆ちゃんとやったら良いんじゃないんですか(笑)?」

「ははは(笑)。どうなのそれ!」

「自分は見たいですけどね。まあ、とりあえず
 ミキヤと出来るようになるまでは…続けたいですよね(笑)。」


「…ですね(笑)。あと、4,5年(笑)?…長いな~(笑)。」



----西国分寺----


竹内「どうですか、西国分寺での生活は…、何か変わった事とか?」

池田「変わった事?」

「生活習慣とか…。でもたぶん、言われなきゃ分からないけどね。」

「何がですか?」

「いや…、だから家を出たって事…。いつだっけ?」

「10月ですね。…変わるって、なんか顔付きが凛々しくなったりするんですかね。」

「いや、何か生活感が凄く出るとかさ。ありそうじゃん…。
 急に現実的になったり…、あ、元々現実的かもしれないけど(笑)。」


「まあ…、あまりにも近くに自由な人がいますからね。」

「確かにね。」

「でも、まあ自分自身の生活的には、実家にいるよりも何かこう…、
 ひと山越えて、今は大分楽しめるようにはなってきましたけどね。
 若干もう、何か色々考えても仕方無いのかな…って感じですね。」


「成程。」

「なんか実家で楽しもうってすると、楽しようとする方向になっちゃうじゃないですか。
 でも今は家賃を払わなければいけないので(笑)、やる事をやりながら、その
 やる事を自体を楽しむみたいな…。それが上手くいってる感じはしますけどね。」


  
やっぱ瓶ビールでしょ!

「じゃあ、わりと良い方向で…。」

「そうですね…、ですけど、今度の竹内さんのトリオライブ用の曲が
 まだ完成してないっていう…(笑)。今日も朝からやってたんですけど。」


「ふふ…(笑)。実は俺、前にトシさんに電話して、何となく聞いてみたんだよね…。
 前にお願いした、それぞれのオリジナル曲って、どうなってますかね…みたいな。」


「はいはい。」

「…難航してる…と(笑)。」

「あははははは~(笑)!!…まあ、トシさんとこの前
 一緒に仕事した時、その話題1回も出ませんでしたからね(笑)。」


「はっはっは(笑)。」

「今日なんか、朝7:30に起きてやってたんですから。」

「ホントに!?…曲って朝に書けるの?」

「そうです(笑)。」

「俺なんか、寝る前が一番浮かぶなあ…。まあ、起きると大抵忘れてるんだけど(笑)。」

「まあ、ここまで書けなかったら、逆に朝だ!…みたいな(笑)。
 アイデアはあるんですけどね。それを、どう曲に落とし込むかみたいな。」


「そうなんだよね。それが難しい…。」

「しかも今回は、竹内さんとトシさん…って言う中に、自分のやりたい事を、
 入れていって、それでどうやってバランスを取るか…みたいな感じですしね。」


「トシさんも似たような事を言ってたなぁ…。」

「でも、今回は自分の色を少し出そうかなとも思ってるんですよ。」

「あ~、いいね。そうなんですよ…。これからの自分のトリオは、
 そういう方向性なんじゃないかと思ってるんですよ。」


「おお~!」

「もしかしたらブレブレな感じになるのかもしれないけどさ。」

「いや~…、それは無いんじゃないですか?」

「そうかなあ。…まあいずれにせよ、そういった方向は試してみたいんだよね。」

「まあたぶん今回は、今までの竹内大輔トリオには無かったような曲を…、
 持っていきたいなと…。ぶつけてみたいなと…。思いますね。」


「は…はい(笑)。」

「昨年、俺1曲も書いてないんですよ。」

「あれ、そうだっけ?」


「アレンジはしてるんですけど…。まったく新しい曲…ってのは
 書いてないんですよ。まあ、今年は曲も書いていきたいですね。」



----竹内大輔トリオ----


竹内「もう4年やってるんだよ?」


池田「竹内さんのトリオですか?…4年もやってるんですか?」

「だって、この間のライブ
自分名義ライブ、祝30回目、4周年!参照〕
 が4周年だったじゃん!…あれ、違うっけ(笑)?」

「4周年だったんすか?」

「覚えてないんかい(笑)!」

「4周年って事は、始めた頃は俺は24歳だったのか。…若いな。」

「まあ、最初の頃はそんなにライブをやってないしね。」

「へ~…。いやーー、長いなあ、それ。」

「MJQ(モダン・ジャズ・カルテット=ミルト・ジャクソン・カルテット)
 目指してますから(笑)。」


「あはははは(笑)!!…TDT(竹内大輔トリオ)ですね、じゃあ(笑)。」

「何なに(苦笑)?」

「…いやいや(笑)。だけど24歳の時って、何を思ってたのかな…。」

「たぶん、24歳に成り立ての頃だよね。」

「あの頃の演奏なんて、怖くて聴けないですね。」

「一応、音源はあるけど(笑)。」

「ちょっと…泥酔してないと聴けないですね…。」

「まあ、俺はたまに聴いちゃうけど…(笑)。」

「…って事は、“Guernica”って、もう4年もやってるんですか?」

「確か一番最初のライブではまだやってなくて、
 2回目からだけど…。まあ、大体4年ですね。」


「…で、ほぼ毎回欠かさずやってますもんね。」

「そうですね。」

「もう、“TDT”=“Guernica”的な感じですよね(笑)。」

「はははは(笑)。」

「でも、見てる人って、そう思ってるんですかね。」

「まあ、最近は母校の高校の教え子がカバーしてくれてるから…(笑)。」

「はははは(笑)!…コピーでは無く、カバーですか?」

「カバーです(笑)。まあ、随所に聞き覚えのあるフレーズは出てくるけど(笑)。」

「でも、“Guernica”をカバーするって辺りは、結構キてますよね。」

「最近は自分でもリアレンジしちゃったしね。これもまた
 新しく作るCDに入れたいんだよなあ…。難しいけど(笑)。」


「CD作って、色々な場所に行きたいですよね。」

「そうだね。とりあえず北海道は行けそうだし…。」

「鹿児島ラインもありますから(笑)。」

「あはは(笑)。まあ、色々とラインは作っておきたい。」

「これは、曲が作れない…とか言ってる場合じゃないですね(笑)。」

「ははは。まあでも、ある意味で新しいCDに入れたい曲ってもう決めてるから、
 今年の活動という単位で見れば、曲的には足りてるし、完結してるかもだけど。」


「いやいや、CDに入っている曲はやりません!…ってスタンスも大事ですよ。」


「成程ね…。まあ、流石にそれは東京で演奏する時だけかね(笑)。
 地方でそのスタンスでやっていく自身は、自分にはまだ無いです(笑)。」



----そろそろ本題にいかないと----


竹内「では、今ままのは前置きとしまして…(笑)。」


池田「長かったですね…。」

「池田君の昨年の1年をちょっと振り返って貰いましょうか。」

「そうですね。2010年を…振り返ると…。」

「ええ、そうしてくれると…有難い。」

「まあ、やっぱり、一番大きかったのは引っ越し…ですよね。」

「やっぱそうなのかな。でも、それって10月の話しでしょ?
 それまでの10ヶ月で、何か大きな事は無かったの?」


「でも、部屋を探し始めたのは8月なんで…。」

「そうか…。でも例えば5,6月頃は、まさか家を出るとは…って思ってたわけでしょ?」

「そうですね。若干、不動産ノイローゼにも掛かりつつ…(笑)。」

「初めから西国分寺…ってわけではなかった…?」

「そりゃー。出来れば中野で20万円で住みたかったですよ(笑)。」

「ははは(笑)。車的にも超便利。」

「まあ、それは無理として、今の場所で丁度良いのが見つかったので…。
 やはり誰にも気兼ね無くベースが弾けるっていうのは…ありがたいですね。」


「弾く時間とか…増えた?」

「弾く時間は…いや、あまり変わってないんじゃないですか?
 でも、集中して出来るってのは大きいと思いますよ。
 メンタリティな部分でも変わったと思いますし。」


「そうだね。」

「ま、でも金が無いんで…(笑)。金が無い中でどこまで楽しめるかって感じですよ。」

「まあ…、お金は残念がら…、重要な要素ですよね(笑)。」

「そうですね。でも、実家を出て、考え方も少し変って…、今も
 成程な…って感じなので。やはり出るのって良いなと思いますよ。」


「帰ったりする?」

「しょっちゅうですよ。自転車で移動してますし…。」

「寝泊まりとか…。」

「いや、それは無いですね。実家っていう扱いというか…、
 ホント、一瞬帰って、…なんか、ペッ!…って(笑)。」


「何だそりゃ(笑)。まあ、そういうものですかね。
 じゃあ、ここ1年の…音楽的な変化というか。」


「変化(笑)?…そうですね。」

「まあ、俺は先に言っておくけど、無いね!」

「は~は~は~は~は(笑)!…まあでもホント、楽しくやるしかないって言うか…。」

「あ、捉え方か…。向き合い方…かな?」

「でもこう…、家でじっくりと楽器を弾くとか、音楽をじっくり考えるとか、
 そういう時間が実家に居た時よりも出来るというのは、大きいのかも…。
 そもそも、昨年は自分がジャズの方向にシフトさせてた年でもあったので、
 そういう場所に身を置く事によって、気付かせられる事は多かったですね。」


「だって、昨年何て言ったか覚えてる?…今年(2010年)はどういう年にするか…。」

「あ~…、何か言ってましたね…。」

「ピュアで有りたい…って(笑)。」

「あははは(笑)。」

「まあ、ピュア…だったと俺は思うけどね(笑)。色々な現場で一緒に
 なったけど、事ある毎にそんな言葉を思い出したもの(笑)。」


「まあ、それまで外のバンドでやる事もあまり無かったですし…。」

「ま、池田バンドもやりましたね。」

「そうですね、結局1回(2回?)しか出来なかったですね。」

「デュオ…やっちゃったからな(笑)。」

「もう日本酒モードですよね(笑)。」

「こういう時は身に沁みますな。」

  鰯料理が沢山!

「でもまあ…、何かこう、自分がチャレンジしたい事を
 曲にしてみたい…って事はありますね。メンバーだったり、
 場所だったりとかではなくて、それこそ…、“ピュア”に…と。」


「なんかブログ用的な発言…(笑)。まあ、ピュアは大事ですよね。」

「あと、今まで何か、30歳…っていう年齢で、その…、お金が稼げる稼げない
 …っていう事を色々考えたりしてたんですけど、またなんか…、別に音楽って、
 辞めるものでもないし、続けるものでもないかな…みたいな。」


「うんうん。」

「別に、やりたい時にやれば良いし、やりたい事が無くなれば、別にやらなくても
 良いのかな…って。まあ、形だけ、『やりたい!』…って人もいますけどね。」


「うん。…まあ、音楽に対する自分との距離感って、大切だったりするよね。
 何だろう…、近過ぎても、自分を苦しめる事になるだけの場合も…ありそうだしね。」


「あ~…、そうですね。ありますね。」

「まあ…、どういう距離感が、その池田君の言う“ピュア”な(笑)スタンスに
 なれるかって事なのかね。それが人それぞれ…って事だとも思うし。
 まあ、俺も最近、その距離感がやっと掴めるようになってきたというか…。」


「おっ!…じゃあ、俺もあと2年ですね。」

「え~っと、三十路…(笑)。」

「あははは(笑)。」

「まあ、その歳がラインなのかどうかは分からないけどね(笑)。自分が40歳になって
 今の30歳を振り返った時に、ああ、若かったな…って言ってそうだし(笑)。」


「でも、今までは30歳くらいを1つのターニング・ポイントに置いておいたんですけど、
 最近は40歳とか、50歳の頃の自分はどうしてるんだとか、考えちゃいますね。」


「そうかー。まあ、40歳なんて、ホントにすぐだと思うよ(笑)。」

「いや、もうホントにすぐですよ!…とりあえず、自分は今年29歳になっちゃうんで、
 たぶん30歳、30代をどう過ごすか…みたいに考える年になるかもしれないですね。」


「あー…、あと1年…、1年半…か。」

「そうですね。まあ、今年と言うか、来年も…っていう考えかもしれないですけど。」

「自分の方向性を探す…みたいな。」

「探す…って言うよりも、その土台を造るって感じですかね。もう自分の中には
 30歳~40歳をどう過ごすかっていうプランがあるんで…。」


「へ~…、それは聞いても良いんですかね。」

「それはちょっと…駄目です(笑)。」

「え~~(笑)!?」


----まだまだ話しは…続く!?----


竹内「じゃあ、ちょっと時期的に質問になっちゃうけど、今後の展望を…(笑)。」

池田「やはり聞きますね。」

「しょうがないよね。」

「まあ、俺が質問する側だったら、絶対に聞いてますしね(笑)。」

「でしょ?…という事で、どうぞ!」

「まあ、でもやっぱり…、それこそ単純に、楽器弾いて、曲書いて、あと色々なんか
 聴いたりして…。あとはホントなんか、自分がやりたいように演奏して、表現して
 いくしか無いんだなあ…って改めてそう思いますよね。別に、売れようと思ったって
 …売れないわけだし…。まあ、わけだし…って事もないかと思いますけど。」

「売れようと思ってやってた?」

「まあ、それが出来てたらやってますよねー(笑)。」


「ははは(笑)。」

「まあ、今までやってきた事とか、自分の性格も含めて…。元々器用に
 やっていけるタイプではないので…、もう、それはそれとしてやっていくしか
 ないですし…。勿論、音楽でやっていきたいという気持ちは変わりませんし…。」


「うん。」

「…もう、こうなってくると、自分がやろうと思えば
 やれるし、辞めようと思えばいつだって辞められるんですよね。」


「音楽を?」

「音楽を。」

「まあ、辞めてから再開する人だっているしね。」

「沢山いますよ。その方が幸せなのかなっていう…。」

「まあ、ある意味で潔いしね。自分に正直になれるっていう…。」

「それね、りこさんも言ってたんですよ。」

「はあ…。それ…、書けねぇな。」

「書けないですね。やめましょう(笑)!」

「薄い(笑)。」

「薄い。はははは(笑)!…もう、辞められるもんなら、辞めたいわ!…って。」

「よく言うわ~。辞めてから言ってくれ!完璧に。
 …辞めるって言うのはさ、連絡も取らなくて…って事だからね。」


「そうですよね。」

「今の世の中、連絡なんて、取ろうと思えば取れるからね。」

「自分だったら、楽器も売っちゃって…って事ですよね。」

「そうだね、覚悟が伝わってくるしね。」

「…かと言って、自分は音源制作や、どこかのハコバンでずっと
 演奏していって…っていう感じではないんですよね。」


「池田君はあれですか。やはりプレイヤーの仕事ですか。」

「そうですね、ちゃんとしたライブで演奏していきたいですね。
 だから、そういった意味では、今月なんかは衛生上良くないですね。」


「衛生上(笑)?」

「精神衛生上(笑)。あまりにも演奏機会が少なくて…。
 やはり、週3か4は弾いてないと、衛生的に良くないなと。」


「成程…。池田君はあれですね、一度、週に6回くらい演奏の仕事が入って、
 尚且つそれを1年ぐらい続けていく…っていう機会があったら良いかもね。
 また何か、それを体験していく事で、考え方とか変わりそう…。」


「あー、そうですね。」

「週6だとリアリティが無いか…。まあ、普通の仕事と考え方を
 同じにして、週5ぐらいで…。そういう状態になった時に、どうなるか…。」


「ええ、やっぱりこう…、自分のやりたい事を表現して、そして色々と批判される
 ところまでいかないと、週5であれ週6であれ、仕事出来ないと思うんですよね。」


「う~む。」

「だから、結局は楽しくやっていくのが良いのかなと。勿論、お金的という最低限な
 ものはありますけど、その中で自分がより良く…って事ですかね。変な話し、
 60歳くらいになった時に、自分のオリジナルがどういうものか分かれば良いなと。」


「先を見据える感じですね。…まあ、流石に
 来年の今月は、池田君の番じゃないと思うんで。」


「あらっ…。えええええっ!?」

「流石に…ねえ?」

「ちょっとこれ…、今年一番ショックですね。」

「ははは(笑)、まだ1月じゃんか!」

「2011年で、ショック・ランキング第1位ですよ。」

「何、毎年1月は池田君…みたいな?…他に出来る人が減っちゃうんじゃん!」

「俺からの…みたいな(笑)。」

「そしたら、1年間で男性は他に2人だけになっちゃうしさ…。
 むしろ、足りてないのは女性の方なんですから!」


「そうですか。ま、じゃあ…、自分もこれで卒業って事で…。」

「そうですね、、、、ありがとうございました、、、(笑)。」

「はははは…、締まった!」

「締まった…みたいだね。何か早い気がするけど…、ま、いっか(笑)!」

「閉店ガラガラですね。」

  締まりましたが、このまま2軒目へ…♪


 ☆本日の注文品

・サッポロ瓶ビール(500円×2点)…1000円
・鰯のなめろう(550円×2点)…1100円
・鰯の竜田揚げ…500円
・いか納豆…450円
・もずく酢…400円
・冷トマト…300円
・さんが焼き…600円
・つみれ鍋…1100円
・鰯の塩辛…500円
・焼きニンニク…400円
・景虎…600円
・からり芋(お湯割り)…500円
・八海山(清酒)…700円
・焼き鳥(塩1点…250円、たれ1点…250円)…500円
・お新香盛り合わせ…400円
・お通し(200円×2点)…400円


 計9450円!…奢らせて頂きました!!

 ☆池田暢夫のHP…sites.google.com/site/nobuoikedawebsite/

拍手[6回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/04 buy shopify store]
[07/03 スーパーコピー時計]
[07/03 casino]
[07/02 DonaldDub]
[07/02 zigzagkr]
[07/02 فندق اتلانتس دبي]
[06/30 Cedricvon]
[06/30 Donaldskirl]
[06/29 Williamerubs]
[06/29 hat die]
[06/29 وصفات طبيعية]
[06/28 Petahutouts]
[06/28 Petahutouts]
[06/28 nude ladies videos]
[06/27 apnews.com]
[06/26 apnews.com]
[06/26 blaux air conditioner reviews]
[06/26 JamesCresk]
[06/26 الجيزه للبرمجيات]
[06/26 바카라사이트]