2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 今日は六本木 Morph-Tokyo にて、ボーカルの彬子さんのライブをやってきました。この時期はどのバンドも今年最後の…と言われるライブになってしまいますが、彬子さんの今回のライブも例外ではなく、正に集大成のライブにしたい日でもありました。
 今回も対バン形式で、合計7バンドも出演するという、かなり大所帯なライブになっていたのですが、お店的には深夜に別のイベントが入っているようで、自分達は7バンド目のトリという出番設定にも関わらず、20:50スタートという、そもそもライブ自体が早い時間帯で考えられている流れになっていたようです。

  六本木ライブでは必須だった“つるとんたん”  今年は、この看板の出番は少なかったような…

 さて、今回のライブですが、前述したように7バンド出演の日でもあったので、1バンドあたりの演奏時間は短く、セッティング別で30分…という枠がありました。これは思ったより短い設定で、曲数で言うと、6曲でギリギリ…という感じでしょうか。ただ、今回は最後に、かなり久し振りに取り上げる“優しい人”という曲をやるので、全部で5曲とさせて頂きました。…と言うのは、“優しい人”はバラードの曲で結構時間も長く、それだけで2曲分ぐらいのボリュームを持っているからです(笑)。ただ、内容の濃さ、ダイナミックさもそれ以上であるので、むしろ丁度良いくらいだったかもしれませんね。全体的に見てもバランスの良い流れでした。

 今回、まず1曲目に取り上げたのは、今年の3月頭に、それこそ約1年振りに行われたライブ〔彬子ライブ@東京キネマ倶楽部参照〕で初披露となった“Game”でした。この曲は、その時のライブの会場となった鴬谷の東京キネマ倶楽部を意識したアレンジを自分がやらせて頂いたのですが、いつの間にか彬子さんのライブではお馴染みの曲となってしまいました。よく考えたら、この曲が彬子さんの曲で、自分が一番初めに本格的にアレンジを手掛けた曲でもあったわけで、唯一、今年のバンドのライブでは常にやり遂げた曲として、自分ながら嬉しく感じてしまう瞬間でもあったと思います(笑)。
 …2曲目は、早速新曲の“Same”です(“Game”の後に“Same”って…笑)。もう、自分が新曲をアレンジするのは通例になってきましたが(笑)、この曲はちょっと大人っぽく、緩急を大事にしたアレンジをさせて頂きました。自分はいつも、彬子さん自らの弾き語りで演奏している音源を貰ってアレンジをしているのですが、これは元と聴き比べると、かなり大幅に印象を変えるアレンジになったと思います。大胆にも、歌の1番は、Aメロがギターとボーカルのみ、そしてBメロは全員が入るものの、ピアノが細かいアルペジオを弾いていて、後の楽器は白玉(長く伸ばす音)しか弾きません。そして、歌のサビは再度ギターとボーカルのみになるのです。正に今までに無かったアレンジで、これがそのままこの曲の特徴にも繋がったのではないでしょうか。その後のソリストはベースですし、最後にはドラム・ソロでエンディングを迎えるというのも、新しい試みだったと思います。更に見ていくと歌の1番と2番ではコード進行を変えたり、最後のサビの2回目は、なるべく自然に転調させたり、、。…と、色々な試みがありつつも、根底にあるのは大人っぽい雰囲気という事で、演奏するのはかなりの技量を必要とする気がしました。しかし、もう何度も彬子さんのライブをサポートしている今のメンバーなら、その心配は無用というものです…。自分も思う存分アレンジさせて頂きましたし(笑)、無駄の無い構成が自分でも気に入っています。これから何度も演奏していきたい曲の1つになりそうです。

  大分、ステージ映えしてきたと思いませんか?  慣れてきたコール&レスポンス!

 2曲目の説明が長くなりましたが(笑)、3曲目は前回の新曲、“スパンコール”です。これはもう説明不要の盛り上がる曲で、何も考えずに楽しく!…という感じでしたね。前回初挑戦の、曲の途中にある「コール&レスポンス」も慣れてきていたようですし、今回のライブでの、良い1つのアクセントになっていたのではないかと思います。
 そして4曲目は、彬子さんもお気に入りという“Keep On”でした。ゴスペル且つポップという感じ(笑)でアレンジさせて頂いたこの曲ですが、こちらもライブではお馴染みになってきたような気がします。お客さんと手拍子を合わせ、よりステージとの一体感が強まった時間でした。いつもは最後に持ってくるパターンが多いこの曲ですが、今回は最後から2曲目という順番…。それは勿論、この後に演奏する“優しい人”があるからに他なりません。
 さて、その今回のライブ…改めて言うならば、今年最後のライブの曲ともなった“優しい人”ですが、本当に久し振りの選曲でした。しかし彬子さんは、この曲を今回のライブの最後に入れるというのは、随分前から決めていたようです…。それ程思い入れのある曲というか、自分が考察するに、節目節目で歌っておきたい曲なのではないかと思っています。…そう考えると、今回のライブは出演時間こそ短かかったものの、彬子さんにとっては、相当気持ちの入っていたライブだったという事で、確かにそれは本番時の雰囲気からも伝わってくるようでした。
 この日は1曲目から良い雰囲気だったのです。ただ、雰囲気が良いから、ライブが良かった…という事ではありません。演奏にしても、適度な緊張感と集中をもって臨む事が出来ていたと思うのです。そしてMC時も、彬子さんは自由奔放に楽しんでやっているという感じがしました。これが自分の考えるベストな状態で、だからこそメンバーも自分のやる事がよく見えていたのだと思います。2010年の最後に相応しい、“良い”ライブだったと思います。どうも皆様ありがとうございました!

  ライブの締め括り!  お店の入口で記念写真!

 …そう言えば、今回のライブの曲目を見ると、“優しい人”も含めて(こちらは少しですが)、全て自分がアレンジした曲で占められていましたね。確かに、毎回毎回その数は増えていってますので、いつかはその日が来るとは思いましたが(今回の曲数にも助けられた?…笑)、何だか感慨深かったです。
 ところで、そう考えると今年は何回も一緒にライブをやっている感じがしてしまうのですが、実際のところ、彬子さんのバンドでのライブは、今年は今回も入れて4回だけしかやっていないのです。もっと活動しているような気がしてならないのですが、それだけ1回1回が濃く、新曲も増えていったからなのでしょうね…。確かに、今年最初のライブと今回のライブでは、かなりカラー(髪の色ではないですよ…笑)も異なっていっている気がします。これからが楽しみではないですか。
 そして来年の1月にも、早速同じ場所でのライブが決まっております。前にも言ったように、月に1回のライブを目指していますからね。そして、その都度新曲を用意するという事ですし、アレンジする自分も大変ですが、まだまだ頑張っていきましょう!…日にちは1月24日(月)です。…という事で、とりあえずは今年1年お疲れ様でした!

 ☆彬子さんのブログ…ameblo.jp/akiranochikara/

 ☆六本木 Morph-Tokyo のHP…www.morph-tokyo.com/

拍手[1回]



【つるとんたん】
先日近くに行った時に足を運んじゃいました。
完全にこのブログの影響です。
初トライだったので普通に季節ものを美味しくいただきましたが、
よくメニューを見るとトッピングなどいろいろ選べるようになっており、たくさんのオリジナルメニューが作れそうでした。
バンドの皆さんはここの「おうどん」、毎回違う組み合わせにトライしてるんでしょうか?
【完璧に影響ですね(笑)。】
何だか嬉しいですね…(笑)。

トッピング…昔はよくやっていたような気がしましたが、
今ではメニューそのままを頼んでいると思います。
ただ、大概2玉か3玉いくメンバーが多いですね…(笑)。

あとは…ビール…!?
【いろいろな燃料補給】
ライブ前には必須なのでしょうねえ。
加えてここのお店の丼が!写真では気づかなかったのですが、
実物は巨大・・・うどんの替玉がいくらでも入りそうな・・・。
木のスプーンも大きくてちょっとした「巨人の国」気分も
味わえたりして、おかげ様で面白かったです!
【そうなんです!】
もう何回も行っているので自分は慣れてしまいましたが、
ここの器は予想以上に大きく、それは普通のうどん屋の
常識を覆すものです。大きな器に1玉だけというのも
少し上品に見えるかのようです。是非一度お試し下さい!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/04 buy shopify store]
[07/03 スーパーコピー時計]
[07/03 casino]
[07/02 DonaldDub]
[07/02 zigzagkr]
[07/02 فندق اتلانتس دبي]
[06/30 Cedricvon]
[06/30 Donaldskirl]
[06/29 Williamerubs]
[06/29 hat die]
[06/29 وصفات طبيعية]
[06/28 Petahutouts]
[06/28 Petahutouts]
[06/28 nude ladies videos]
[06/27 apnews.com]
[06/26 apnews.com]
[06/26 blaux air conditioner reviews]
[06/26 JamesCresk]
[06/26 الجيزه للبرمجيات]
[06/26 바카라사이트]