2018 / 08
≪ 2018 / 07 1 45 6 7 8 10 12 14 18 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2018 / 09 ≫

 3月24日は竹内大輔ピアノトリオでライブでした。会場は銀座の No Bird。ここではお店の雰囲気も相まって、銀座らしいエレガントな空気感で演奏を毎回させて頂いています。ステージに置かれているのはスタインウェイのグランドピアノ。このピアノとも、演奏する毎に仲良くなれている気もしていて、今回も一緒になって演奏が楽しめたような感じがしました。お客さんも沢山お越し頂き、有り難い夜となりました。

    

 ライブ前にビールで乾杯をし、本番へと臨みます。まずは自分のオリジナル曲“Scramble”で、メンバーの今回のステージに対する出方?を確かめ合うといったような感じだったでしょうか。即興性も求められ、瞬発性も求められる曲でありますが、今までに何度も何度もメンバーで合わせてきた曲なので、ある程度の出方は分かります。その相互作用?から敢えて外してくる方向でくるのか、それともフレーズをキープさせてくるのか…等、色々と頭を働かせつつ、目の前で行われている音楽の会話を楽しむのです。2曲目には久し振りの“The Day Of The Black Key”。1st CDアルバムに収録されているだけに、トリオの初期の頃を思い出させてくれる曲です。
 このように、トリオの初期の頃の曲は、メンバーの演奏し慣れている上での出方を見て、そして“Talking Bells”等の、まだレコーディングもしてない比較的新しい曲は、曲のより良い景色を求めながら演奏していく…という感じだったでしょうか。このトリオでは、曲の進化を一番に体現出来るのはライブだと思っていて、こうした1つ1つのライブで新たな方向性を見出だしたりするのです。それはやはり、音の即興性を重んじている部分もあると思いますし、自分の大事にしたい拘りでもあるからでしょう。ライブで出されたアイデアがアレンジに反映され、更に大胆にブラッシュアップさせる…。今後も追求させていきたい事でもありますね。
 その意味では、同じ時期に作曲した
“Gare de Chasse-sur-Rhône”と“Transit Jam”の2曲は良い組み合わせでした。これらは、どちらも昨年の7月中旬頃に作ったのですが、前者はその時に初披露以降、何度も演奏(トリオでも、それ以外でも)しているのに対し、後者はその時以降、今回で2度目の演奏となっていました。即興という部分では、新鮮味で言えば“Transit Jam”の方が明らかにあるのですが、“Gare de Chasse-sur-Rhône”はこれまでに何度もステージで演奏する事で曲の理解度も上がっているので、だからこそ良い即興空間が出来上がったりするのです。…とは言え“Transit Jam”も、前回アレンジ面で気になっていた部分を取り入れて演奏に臨んだりしていたので、これでまたこの曲の理解に一歩近付けたかなと思ったりしました。…どちらにしても、ライブをやり続ける事で曲は成長していくという事を、改めて感じた夜になったは間違いなかったのでした。それがまたライブの楽しさの1つでもある事を忘れてはならないですね。

    

 こうして2ステージ、たっぷりとお届けする事が出来た今回のライブ。お客さんと作れているという手応えも感じられ、良い時間になれたと思います。どうもありがとうございました。次回のトリオライブはまだ未定なのですが、また決まり次第、お伝え出来ればと思います。またどうぞよろしくお願いします!


  ●今回のセットリストです!

 ・1ステージ 1、Scramble(オリジナル)
        2、The Day Of The Black Key(オリジナル)

        3、Talking Bells(オリジナル)
        4、Love Theme From Spartacus
        5、Monte Fiesole(オリジナル)
        6、Hagatna(オリジナル)

 ・2ステージ 
1、Morning In Trastevere(オリジナル)
        2、Transit Jam(オリジナル)
        
3、Chirdrens Game

        4、Casa Familia(オリジナル)
        5、From East(オリジナル)

 ・アンコール Gare de Chasse-sur-Rhône(オリジナル)

 ☆銀座 No Bird のHP…http://www.no-bird.com

 
☆池田暢夫のHP…https://sites.google.com/site/nobuoikedawebsite/

 ☆佐々木俊之のブログ…http://toshi-sasaki.seesaa.net/

拍手[7回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

9月20日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


07 2018/08 09
S M T W T F S
1 4
5 6 7 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31