2017 / 12
≪ 2017 / 11 2 4 6 8 10 12 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 2018 / 01 ≫

 ベースの関谷君がバンマスを務めるバンド、黒船の、対バン相手を選んで2マンライブを行うというこの企画、今回は輝&輝バンドの皆さんとの出演となりました。輝&輝は、本格派の津軽三味線ユニットであり…という説明よりも前に、この輝&輝の津軽三味線奏者の1人が、黒船のバンドメンバーである白藤ひかりさんである事を説明した方が早いかもしれません。言わばこの日はダブルヘッダーという状態であったわけですが、そのせいもあってか、いつも以上に気合いが入って臨み、そしてコラボ演奏もより特別感溢れるものになっていたと思います。

    

 トップバッターは輝&輝バンドでした。もう今回に限ってはトリの方を輝&輝バンドにやって貰っても良かったのではと思ってしまう程でしたが(笑)、いつもの流れに沿って進めていきました。…津軽三味線をフロントに置くという編成は、黒船のインスト曲をやっている時の編成の状況に近いですが、バンドメンバーが異なれば、披露していく音楽も異なると言いますか、よりキャッチーで、よりポップな音楽の世界がそこにはありました。耳に入りやすく、フレーズも覚えやすい感じで、津軽三味線がより身近に聞こえるのではないでしょうか。若さ溢れる演奏は、見ているこちら側も元気にさせる程でもありました。

    

 その輝&輝バンドに、黒船のボーカリストの里アンナさんがゲストで加わるという時間も設けられていました。これこそ黒船に近い編成でもありますが、曲も前回の自分達のライブでやらせて貰った“斎太郎節”〔『和魂洋祭〜第二幕〜』は“かららん”と参照〕を取り上げていました。むしろ輝&輝バンドの方が昔から取り上げていた曲でもあったわけですが(笑)、こちらはバラード調で仕上げており、捉え方は本当にバンド毎によって個性が光りますよね。良い時間を過ごさせて頂きました。

    

 さて、黒船の出番となりました。この日も相変わらず、本番前に皆で飲みに行くという流れをとっていたので、バンドのテンションも絶好調な感じでした。特にその絶好調っぷりは里アンナさんに顕著に出ていましたが(笑)、それもまた面白かったので良しとしましょう。演奏的にも激しさが増しており、メンバーの気合いを十分に感じられる時間にもなっていたと思います。
 こちら側のコラボでは、輝&輝のもう1人の津軽三味線奏者、武田佳泉さんに加わって頂きました。曲は、久し振りに演奏したインスト曲、“Affirmation”。黒船のレパートリーにも入っている曲ですが、せっかく津軽三味線が二丁という状況なので、少々アレンジを加えて演奏させて頂きました。メロディーをハモらせたり、津軽三味線同士でソロバトルをして貰ったり、なかなか見応えある仕上がりになったと思います。

    

 そうして、また通常の黒船編成に戻ってステージを続けていきましたが、この時点では歌を入れてのコラボとはなっていなかったので、アンコールでは再び武田さんにステージに上がってきて貰い、ここで黒船メンバー全員とのコラボが実現したのでした。更に特別に、輝&輝バンドのピアニストである伊藤辰哉君にも急遽メロディオンで参加して貰い、豪華な編成でお送りする事になったのでした。曲は、関谷君のオリジナル曲である“A Night in Bali”。個々のソロの際立つ曲でもあるので、それぞれの演奏の個性を味わえるアンコールだったと思います。これぞコラボ感溢れる、この日ならでは時間でした!

    

 …こうして、『和魂洋祭〜第三幕〜』は終了しました。2連荘だった白藤ひかりさんは本当にお疲れ様だったと思いますが、むしろまだまだ弾けるぞ的なオーラが漂っており、流石でした。どちらのバンドも、津軽三味線をフィーチャーさせたバンドスタイルの編成…という共通点がありますが、演奏スタイルや曲調の差を見てみると、本当に興味深い1日になっていたのではないかと思います。
 さて、和魂洋祭は、次の第四幕の日取りも決まっています。日にちは12月9日(金)、そして場所は、黒船では久し振りの渋谷 Last Waltz です!…対バン相手はまだ未発表となっていますが、発表出来次第お知らせ致します。それではまた、よろしくお願いします!

 ☆黒船のHP…http://www.peaceofcake.net/kurofune/

 ☆輝&輝のHP…http://www.shamisenkiki.com/


 ☆渋谷 gee-ge. のHP…http://www.gee-ge.net

拍手[2回]



【スリリングでした】
コラボはとてもうっとりしますね。いろいろなバンドとの化学反応が楽しいシリーズライブだと思います。
そうして、今まで私が聴くことのできた黒船ライブの中でも、最強と言っていいくらいのMCのスリリングさを味わいました。いやはや。
そして、黒船ステージもその流れを受けてか、留まることを知らない大迫力な展開に…特に「六調」のソロバトルの許してくれない感じ(良い意味です)が激しくて、強烈に印象に残っています。
第四幕もどんなふうになっていくのでしょうか、期待です。
【スリリングさは感じておりました(笑)。】
ステージ上からニンマリばかりしておりましたが(笑)、
確かにMC最強説と言わんばかりの時間でしたね。
そして、それを武器とした自分達のステージは、
我ながら見事なものでした(笑)。とにかく楽しい
時間だったと思います。第四幕も御期待下さい!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 8
10 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31