2017 / 12
≪ 2017 / 11 2 4 6 8 10 12 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 2018 / 01 ≫

 2002年にスタートした、日本を代表するジャズイベント、東京 JAZZ。毎年夏に行われ、今年で15回目を迎える、もはやアジア最大級のジャズイベントと言っても良いくらいに成長していますが、なんとこのステージに TRI4TH が立たせて頂いてきました。初めてこのイベントを知ったのは大学を卒業して間も無い頃で、世界から著名なミュージシャンが集結し、いつか自分もこのステージに…と思っていたのは言うまでも無いでしょう。感無量の出来事でもあり、思い切り楽しんできました。少し振り返ってみたいと思います。

    

 東京ジャズ、今年は9月2日(金)〜4日(日)の3日間で行われ、会場は国際フォーラム内で行われる『the HALL』をメインに、丸の内コットンクラブで行われる『the CLUB』と、入場無料の野外ステージ、『the PLAZA』の計3ヶ所。このうち、初日の9月2日は『the PLAZA』でのステージだけとなっており、我々 TRI4TH はその日のその会場でのトリ(!)に抜擢されていました。メインとなる会場ではないものの、入場無料という事で、多くの方に気軽に自分達のパフォーマンスを披露出来るチャンスでもあります。TRI4TH のステージ時間は21:15〜と遅めではありましたが、早めに会場入りし、ゆっくりと周辺を下見させて頂いたものでした。

    

 そんな感じで夕方になってくると、陽が沈んで辺りも暗くなってきて、ジャズらしい雰囲気がどこか漂ってきます。この日の『the PLAZA』でのステージも、自分達を含めて3アーティストのみしか出演しないので、東京 JAZZ のプレオープン的な意味合いもあるのかもしれませんが、だからこそ集中したパフォーマンスが出来るというものでもありましょう。会場にも徐々に人が集まってきて、国際フォーラムの前の広場も華やかになってきました。

    

 この日の1バンド目はスイスからのアーティスト、バスティアン・ベイカー、そして2バンド目には TRI4TH とも交流のあるマウンテン・モカ・キリマンジャロ。どちらも凄い盛り上がりを見せており、マウンテン・モカ・キリマンジャロはステージ袖でも見させて頂きましたが、迫力あり、グルーブあり、そして文句無しに格好良いと思わせるステージが最高でした。これらの刺激を受け、自分達のステージにも繋げていきたいものです。そんなステージ裏のアーティスト待機所には、キンキンに冷えたアルコール飲料が沢山置かれていました!…これは、テンションが上がってしまうではないですか(笑)!

    

 そうして TRI4TH のステージへと繋がっていきましたが、その前にサウンドチェックを少々行います。こういった場所では自分達の出番の直前にチェックをするしかなく、タイトな流れではあるのですが、これも含めた緊張感は案外心地が良かったりもするのです。そして気合い入れも行い、いざ東京 JAZZ のステージへと乗り込んでいったのでした。

    

 …そこには、沢山のお客さんに出迎えられたという世界が広がっていました。衝立てで区切られた客席スペースがどこまであるのか分からないくらい、それはステージの脇にまで広がっているようです。後ろの方は暗くて見えないせいもありますが、どこまでお客さんがいるのか分からない状態でした。いつものようにSEを流して登場して、気合いを入れて1曲目を演奏していきます。その曲は、いきなりの“SNAKE”。このパターンは初めてでもありましたが、インパクトのあるイントロがあり、曲中にMCを入れられる箇所もあるので、今回にもってこいの選曲だったかもしれません。それでいて、踊りやすいテンポにリズム…。掴みやすい1曲になったのではないかと思います。
 その後、“Blow This Moment”、“Freeway”とお馴染みの曲を続けさせてきましたが、今回もピアノで“モノクローム”の独奏をやらせて頂きました。ここ『the PLAZA』では野外ではあるものの、グランドピアノが用意されているのです。これが個人的にはとても嬉しく、しかも独奏という事で、ピアノの音が野外に響き渡る雰囲気を存分に楽しむ事が出来ました。そしてこの直後に演奏したのが、“A Night in Tunisia”です。久し振りにこの流れに戻した感じではありましたが、自分達としても慣れている流れでもあるので、思い切り演奏に挑む事が出来ました。

    

 ラストは勿論“Dance 'em All”。ドラムのタカオさんの「踊ろうぜ!」が、会場全体に響き渡るのを確認しつつ、皆で騒ぎ狂います。そしてお客さん方の盛り上がりも凄かったです。会場全体がディスコになった…というのは表現として古いのかもしれませんが、ホールではこうした状況にはならなかったと思うのです。この場、このタイミングだからこその自分達のパフォーマンスが最大限に発揮出来た1日になりました。最高の時間でした!

 ライブ後の物販コーナーでは、この日だけの特別受付として、最新作CD『Defying』の特別限定先行販売、そして来年1月9日(日)代官山 UNIT で行われるワンマンライブのチケット即売会を行わせて頂きました。どちらも盛況で、本当に有り難かったです。あまりにも人数が多かったので、この日はそれぞれにサインは出来ず、握手のみのやり取りとさせて頂いてしまいましたが、またCDはライブ会場等に持ってきて頂ければサインさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。
 …あっという間に終わってしまった今回の東京 JAZZ でしたが、TRI4TH にとっても、自分個人にとっても、とてもメモリアルな1日でした…。お客さんは勿論、多くの方の協力があって、このステージまで辿り着けたと思います。本当にありがとうございました。東京 JAZZ は、来年以降は場所を渋谷に移して続いていきます。またお会い出来る日が来ますように…。


 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆東京 JAZZ のHP…http://www.tokyo-jazz.com/

拍手[9回]



【輝かしい時間!】
サウンドチェックの時、この舞台に「賭ける想い」がひしひしと感じられてステージ上も客席もただならぬ雰囲気が漂っていたのが忘れ難いです。
そして沢山の人と盛り上がりまくった5人のほんとうに滝のような汗…終わるのが惜しい気持ちで最高に感動しました。
何かでつらい時、効き目があるこの夜の記憶を思い出して乗り切ることにいたします。





【大切な時間にしていきたいです】
念願の舞台…というと大袈裟かもしれませんが、
この日に限ってはメンバー誰もが心かそう思って
いたのではないでしょうか。皆それぞれ、自分達が
出せる最高のパフォーマンスを披露していった事
でしょう。滝のような汗は、もはや勲章ですね。
どうもありがとうございました!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 8
10 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[12/15 Wallpaper Custom]
[12/15 wallpaper custom]
[12/14 pkinc.biz]
[12/14 rental scissor lift jakarta]
[12/13 竹内]
[12/11 おちゃ]
[12/09 竹内]
[12/01 竹内]
[11/25 最高!]
[11/24 おちゃ]
[11/12 竹内]
[11/06 竹内]
[10/31 おちゃ]
[10/25 竹内]
[10/24 おちゃ]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]