2017 / 12
≪ 2017 / 11 2 4 6 8 10 12 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 2018 / 01 ≫

 昨日は、津軽三味線のはなわちえさんとデュオライブを行ってきました。今年、はなわさんは毎月様々な“色”を奏でるというプロジェクトを行っており、基本的には小編成でのライブを毎月自主的に行っています。これまで、“ジャズ”や“映画音楽”、“ワールドミュージック”等を取り上げてきたそうですが、今月『紅』ではなんと“ロック”を取り上げてきており、そんな時に自分が呼ばれたというのも不思議な感じではありました。
 …とは言え、TRI4TH も最近はロック指向が強くなってきており(むしろ、激しさや精神面ではロックを超えていると自負しているのですが…笑)、そんな折りに呼ばれるというのは光栄な事でもありましょう。…とは言え、やはりロックにはギターが不可欠でもあり、一部の曲には、ゲストミュージシャン(ここでは挿色アーティストと呼ばれます)として DEPAPEPE の三浦拓也君も参加となっていました。

  

 今回の企画では、事前にセットリストが会場に配られる手法がとられていました。“ロック”というからには、そのセットリストを考えるのも楽しくなってしまいそうですが、正にそれが期待通りで(笑)、恐らくギター好きな方から見たら発狂してしまいそうな?選曲だったのではないでしょうか…。どれもが有名で、どれもが耳にした事があり、ギターをやっている人なら誰もがコピーをしていたような、そんな感じでもありましょう。個人的に、有名過ぎて、逆に今回初めて演奏するような曲もあり(笑)、そんな心境の中で楽しくライブをさせて頂きました。

  

 そもそもこれらの曲は、ピアノでやる事自体が殆ど無い曲も幾つかあります。やはりロックというのはギターのイメージが強いと思うのですが、その中で敢えてピアノでやっていく事の潔さも感じたりしました。
 …ところで、自分からすると、洋楽のジャンルの中で津軽三味線に最も近いものを挙げるとすると“ロック”が出てきてしまうのですが(笑)、その楽器自体の打弦のアタックの強さから来るものなのでしょうか…。その中でも、はなわさんはアタックの強さと共に、しなやかで温かみのある部分があって個人的にも大好きな音色です。その部分に寄り添いたく、ピアノでベーシックな土台を作れるように演奏させて頂きました。…とは言え、それぞれのアドリブ部分になると、そこは1対1の関係になるわけで、音と音との攻防が楽しい時間に変わっていく瞬間でもあったのでした。

  

 三浦君が加わって、更に音の会話は楽しくなっていきます。セッション的な部分も随所盛り込ませて頂き、良い時間が過ごせたと思いました!…そしてアンコールにはテイラー・スウィフトの“Shake It Off”をやり、急遽考えた振り付けも披露し(笑)、ステージの締め括りとさせて頂きました。突然の振り付け注文からステージに臨む姿勢もまた“ロック”であれば、そもそもこの日はリハーサル時間をそんなにとらないで臨んだライブであり、その精神もまた“ロック”でもありました(いや、“ジャズ”かな?…笑)。どうもお疲れ様でした。ありがとうございました!

 …ちなみに、セットリストの写真の所に見えるカードは、今年の『十二単』で配布されているというスタンプカードとの事。ライブ毎に1個スタンプが押され、12個集めると何かの景品と交換出来るとか…。自分もとりあえず1枚頂いてきました。しっかりと“8”の部分にスタンプが押されてあります(笑)。

 ☆はなわちえさんのHP…http://www.chiehanawa.munique.co.jp/index.html

 ☆渋谷 Last Waltz のHP…http://lastwaltz.info/

拍手[0回]



【基本色も挿色も綺麗でした…】
毎月違った趣向で選曲・編曲したライブをされる…なんて素晴らしいのでしょう。和楽器をしっくり洋楽の曲に溶け込ませてのはなわさんの自在な演奏で、竹内さんのいろんな部分を担当しつつも華麗な演奏との共演をじっくり楽しまさせていただきました。三浦さんが加わり、さらにデラックスな感じに…。色とりどりな音を聴けて貴重な時間でした。

スタンプカード、私も頂きましてうれしく~この趣向は良いですねー。

【ありがとうございます!】
この日だけでも、色とりどり演奏をお送り出来たのでは
ないかと思います。有名な曲だけに、自分としても新たな
カラーを加えたかったのかもしれませんね。楽しい1日でした。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 8
10 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[12/15 Wallpaper Custom]
[12/15 wallpaper custom]
[12/14 pkinc.biz]
[12/14 rental scissor lift jakarta]
[12/13 竹内]
[12/11 おちゃ]
[12/09 竹内]
[12/01 竹内]
[11/25 最高!]
[11/24 おちゃ]
[11/12 竹内]
[11/06 竹内]
[10/31 おちゃ]
[10/25 竹内]
[10/24 おちゃ]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]