2017 / 12
≪ 2017 / 11 2 4 6 8 10 12 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 2018 / 01 ≫

 今日は、二子玉川の高島屋 S・C 内にある Cafe Fouquet's(カフェ・フーケ)というお店で、ボーカルの Mirano さんとライブをやってきました。二子玉川駅で降りるなんて、自分は今回で初めてか、あって2回目か…というくらい個人的に馴染みの薄い場所ではありましたが(笑)、店内で自分で楽器をセッティングして演奏をするというのは、正にカフェ・ライブ…という感じもあり、雰囲気に溶け込ませた演奏が出来たと思いました。

  写真の左奥で演奏をしました

 お店の第一印象は、なんとも不思議な感じでした…。高島屋内とは言え、道路に面した1階にそれは位置しているのですが、まず Cafe Fouquet's という目的のお店があり、その奥側の向かいと言える場所に Achchha Khana(アッチャカーナ)というカレー屋さんがあります。そしてそのお店とお店の間に、天井が吹き抜けの少々のスペースがあり、演奏はそこで行うというものでした。…なので、見た目的には、建物と建物の間に囲まれた公共的な空間…という感じなのですが、そこにも客席は並べられてあり、つまりはそこも“店内”…という事なのでした。後で聞いてみると、Cafe Fouquet's と Achchha Khana は要するに同じお店であり、用途によってお客さんは座る場所を選べる…という事なのだそうです。
 …前置きが長くなってしまいましたが、今回の演奏場所は、店内でありつつ、ストリート的な雰囲気も併せ持っており、それでいてカフェ・ライブという側面も持って挑んでいたので、それぞれの良い所を抽出して、そしてお届けした…という感じだったでしょうか。何だかんだで、上手い具合にバランスの取れたお店だとは思いましたね。

 さて、カフェ・ライブという事で演奏を始めましたが、やはり若干BGM的にお送りしなければならない部分はあり、音量には気を遣って進めていきました。まあ、そもそも今回はボーカルとキーボードのデュオ編成ではあったので、騒がしくなる筈はなかったのですが、選曲も基本的には静かめのものが多く、お客さん同士の会話が差し支え無く出来るぐらい…という雰囲気を目指してやっていきました。それでも、ちゃんとライブに耳を傾けてくれたお客さんが多かったのは嬉しかったですが、そうなると、もう少し賑やかめな曲をやっても良かったかな…と思ってしまうのが心情というもので(笑)、やはり、その場その場のバランスなのだと思いましたね。

  ライブの雰囲気は、こんな感じです  ライブ後に食べた、チキンのカレー…美味♪

 今回は、Mirano さんも自分も初めての出演…という事で、最初はどうなるかと思いましたが、沢山のお客さんに来て頂き、楽しく演奏する事が出来ました。お店の方にも気に入って頂けたようで、次回は9月26日(日)にやらせて頂く事も決まりました。また色々と練って、良い雰囲気で音楽をお届け出来ればと思います。どうもありがとうございました!

 ☆二子玉川 Cafe Fouquet's のHP…le-cafe.co.jp/

 ☆Mirano さんのHP…teddy-rose.com/mirano.html

拍手[2回]



【落ち着く土曜の夜をすごしました】
 お店の中なのに、外の風も感じられるいい空間でしたね。
 Miranoさんの演奏は初めてお聴きしましたが、ユーミンの懐かしの曲などなどを堪能、穏やかな物腰の方で、バッグ作りのお弟子
になりたい?感じです。お嬢様もかわいらしかったです。音楽を聴きに行くのをきっかけに、いろんな場所に行くのも私にとっては小さな旅のようなもので、楽しまさせていただいています!
【素晴らしい夕涼みでした!】
ミラノさんの透き通る歌声と大輔さんの調べ、ちょうど良い涼しさで素晴らしい夕涼みでした。音響も吹き抜けのためか凄くよく感じました。音の大きさも丁度良かったです。子連れのため堅苦しくない雰囲気も良かったです。個人的にはベッドミドラーの曲が良かったです。セカンドステージが終わったときはもう数曲聴きたい気分でした。これでチャージ無しはお得な感じではないでしょうか?(少しばかり共同募金させていただきましたが(笑))また機会あれば聴きに行きたいです!
【無題】
>おちゃさん
 旅!…なるほど、音楽を巡る旅ですね!ライブを見に行くと、
 本当にそれぞれの場所の環境も大きいなと感じる事も多く、
 それが旅と思わせる魅力に繋がるのも分かる気がします。
 また色々な旅をお楽しみ下さい。ありがとうございました!

>にーにさん
 そうですね、昨日は全てにおいて、バランスが良かったのかも
 しれません。自分達にとって初めての場所でしたが、あまり
 そうは感じさせない心地良さを感じました。またどうぞ♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 8
10 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[12/15 Wallpaper Custom]
[12/15 wallpaper custom]
[12/14 pkinc.biz]
[12/14 rental scissor lift jakarta]
[12/13 竹内]
[12/11 おちゃ]
[12/09 竹内]
[12/01 竹内]
[11/25 最高!]
[11/24 おちゃ]
[11/12 竹内]
[11/06 竹内]
[10/31 おちゃ]
[10/25 竹内]
[10/24 おちゃ]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]