2017 / 07
≪ 2017 / 06 1 3 5 6 7 89 10 11 12 13 14 16 18 2223 24 26 27 28 2930 31 2017 / 08 ≫

 最初は六本木に店を構え、後に神泉(渋谷)にお店を移した時に自分が足を運んで演奏させて頂いたのが、今から9年前の2006年9月の事。後に2度目にブッキングをさせて貰ったのが2ヶ月後の11月の事で、ここで自分のブログに初めて登場するのですが〔竹内大輔の写真日記(〜2009)、渋谷“玄”にて演奏参照〕、これこそ今は赤坂にお店を移した Kuro の事です。
 あれから毎月のように演奏する機会を頂き、お店も12周年〔Kuro は開店12周年!参照〕、赤坂に移ってからも6年が経ち〔赤坂 Kuro、移転6周年!参照〕、地道に営業を続けてきたわけですが、ついにその幕を一度閉じる時がやってきました。…先日の11月11日をもって、今の営業形態の赤坂 Kuro は終了となりました。

    

 当日は沢山のミュージシャンの方が駆け付けてきてくれました。まず、そもそもが小編成で演奏を行うお店なので、自分と同じ役割を持つギターの松下譲次さんは暫く御一緒していなかったのですが、この日は久し振りに御一緒出来ました。また、ボーカルに、折井敦子さん、宗像夏子さん、バイオリンに Tsukasa さん…、全てここ Kuro を介して出会えた方達です。そしてベース(本来はサックスですが…笑)のかわ島崇文さんは、ここ Kuro を紹介して頂いた方でもあり、言わばこの日は Kuro ファミリーが集結した日でもあったのでした。

    

 勿論、この日はお客さんも大賑わいでした。Kuro は常連さんが集うお店でもあるので、自分もどの方とも面識があり、とてもアットホームな空間を感じる事が出来ました。中には開店当初からの常連さんもいらっしゃっていて、1つの区切りとなるこの日を、ゆっくり、そしてじっくりと楽しんでいるようでした。
 
Kuro らしく、突然のミュージシャン同士のコラボ演奏も繰り出します。狭いステージではありましたが、カウンターの上に沢山の譜面を置き、ジャンルを問わず、初見で頑張って演奏するというスタイルは、ここで鍛えられた感じもありました(笑)。

    

 また、例年でしたら今月は、Kuro のママの誕生日月を祝う月でもありました。勿論、この日もお祝いはし、シャンパンも豪勢に入りましたが、やはり12年間お疲れ様でした!…という意味合いが大きかったと思います。その後、時間が経つに連れて最後のステージが近付いてきてしまいますが、流石に後半は誰もが名残惜しい感覚になっていってような気もしました。
 そんな中、この日はお客さんとして来ていた、往年の?Kuro のボーカリストだった江梨香さんもステージに登場!…御自分の十八番である“魂のルフラン”を常連さんにリクエストされるも、譜面が無いので、急遽ノートパソコンを使って歌詞カードにコードが振ってあるサイトを見ながら対応して演奏させて頂きました。考えたら、このような即席演奏スタイルも、Kuro で鍛えられた感じもありましたね(笑)。最後の日に Kuro らしい経験が出来て良かったです(笑)。

    

 ラストステージは、夏子さんと Tsukasa さんが担当…。それぞれが御自分のオリジナル曲を演奏し、赤坂 Kuro のラストを飾りました!…本当にお疲れ様でした。自分としても、毎月のように顔を出すお店で、9年間も演奏をし続けさせて貰ったお店というのはなかなか無かったので、改めて本当にお世話になったのだと思います…。Kuro という場所で出会えたミュージシャンの方々、そして沢山のお客様、そして Kuro ママに感謝です。どうもありがとうございました!

 …そして、ここからが大事なのですが、「ママのいる赤坂 Kuro は営業終了」…という事で、今後このお店はリニューアルをし、来月12月から新たに赤坂 Kuro として、営業形態は大きく変わりますが、続いてきます。今度は一般のお客さんも入りやすい値段とし、ライブバーとして演奏も入れていくようです。自分も、細々ながら演奏していくと思いますので、どうぞチェックしてみて下さい。
 また、この「ママのいる Kuro」という遺伝子を持ったお店は、実は再度渋谷に舞い戻り、こちらも来月12月から新たにお店がオープンします。こちらの店名が「Kuro」になるのかは定かではないのですが、ひとまず言える事は、まだまだ Kuro の遺伝子は消えていないという事です!…勿論、こちらにも自分は出演させて頂きますので、スケジュールが分かり次第、またお伝えしたいと思います。…という事で、赤坂の Kuro も、渋谷に出来る Kuro?も、今後ともどうぞよろしくお願いします!

 ☆赤坂 Kuro のHP…http://www.livebar-kuro.jp

拍手[3回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年7月16日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st.…14:00〜、
2nd.…15:30〜、
Charge…1000円(要1オーダー)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 18 22
23 24 26 27 28 29
30 31
[07/27 Cheap The North Face Denali Jacket New Style-10634]
[07/27 Quero Emagrecer 10kg em duas semanas]
[07/26 http://student-loan-relief.blogspot.com/]
[07/25 Pietro]
[07/21 竹内]
[07/19 おちゃ]
[06/27 竹内]
[06/27 竹内]
[06/27 かとー]
[06/22 hideki.m]
[06/21 竹内]
[06/20 おちゃ]
[06/09 竹内]
[06/08 おちゃ]
[06/05 竹内]
[06/02 おちゃ]
[05/29 竹内]
[05/26 おちゃ]
[05/22 竹内]
[05/21 A]