2017 / 08
≪ 2017 / 07 1 2 3 4 6 8 10 11 1213 17 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 / 09 ≫

 都内の沼袋と野方の町興しを目的としたジャズフェスタ、『NUNO JAZZ』。今年で第8回目を迎えるこのイベントに、昨年〔自分名義ライブ53回目、Feat. TRI4TH Horns 参照〕に引き続き“竹内大輔トリオ Feat. TRI4TH Horns”として出演をしてきました。このイベントの第1回目のゲストに、実は自分のトリオが呼ばれていたという事〔竹内大輔の写真日記(〜2009)、自分名義ライブ16回目、2周年!!参照〕は以前にお話ししましたが、この時はライブハウスを使って、自分達のみ出演の“まちおこしジャズ”という名目で開催していたので、神社の境内の御殿内にステージが造られ、何バンドも演奏者が出演するという現在の形態と比べると、かなり規模が大きくなっている事が分かります。

    

 昨年まで、このイベントとはご無沙汰をしていたのですが、昨年に久し振りに出演をさせて頂いて、イベントとしての成長を垣間見た時間でもありました。そして昨年に続いて今年の出演。本当に有り難く、また大きなイベントのステージに帰って来れた事が大変嬉しかったです。西武新宿線の沼袋駅から歩いてすぐの所にある氷川神社が『NUNO JAZZ FESTA』の開催地ですが、久し振りに足を踏み込んでみると、昨年同様、いや、昨年以上の人出で溢れており、年を追う毎に多くの人に注目されているという事が瞬間的に感じられたものでした。早速ビールが進んでしまいます(笑)。

 自分のピアノトリオに、TRI4TH の管楽器担当のトランペットの織田君と、サックスの藤田君を加えたのが今回のバンドメンバーになるわけですが、昨年の同イベント以来の組み合わせでもあり、これは他では見れないものであるという事を意味します。…そう、この日は本当に貴重なステージだったのです。今回の出番は最後から2番目という順番で、日も暮れて雰囲気も出始めた頃でした。心配していた天気も大丈夫そうで、お客さんも沢山です。最高の舞台を用意させて貰えた感じでした。

    

 今回はトリでは無かったので、最後まで駆け抜けていくような感じにはせず、1曲1曲が特徴あるステージになるような選曲をさせて頂きました。その意味も含めて、今回の1曲目はピアノトリオメンバーのみで“Love Theme From Spartacus”。実は今年の『NUNO JAZZ』のテーマとして、「Love(愛)」というものがあり、丁度良い曲?が自分達のレパートリーにあったのを思い出したのです。5拍子アレンジというスパイスを効かせ、ステージの幕開けとしていったのでした。
 そしてホーン隊の2人を呼び込み、そのままミシェル・ペトルチアーニの“Looking Up”、そして昨年も演奏した秋田民謡の“ドンパン節”をお届けしました。どちらもテンションが上がる曲であり、お客さん達も身体を揺らしてノってくれている様子が、ステージ上からもよく見えたのが楽しかったです。

    

 また、昨年に引き続き、やはりこのメンバーだからこその選曲を持っていきたい考えは前からあり、それが次にお送りした“Casa Familia”のホーン入りバージョン、そして次の“Freeway”の、竹内大輔トリオ・リズム隊バージョンでした。前者が竹内トリオ用の自分のオリジナル曲、後者が TRI4TH 用の藤田君のオリジナル曲ですが、ホーンのパートを増やす事や、演奏メンバーを変化させる事によって、とても新鮮なサウンドを作り出す事に成功しました。後者の“Freeway”に関しては10月7日発売になる TRI4TH のCDアルバムの宣伝という側面もありましたが、今回のメンバーによって演奏する事に大きな意味を持たせる事が出来たと思います。正にここでしか見られないアレンジ、演奏だったわけで、自分達としても遣り甲斐のある時間になりました。

    

 そして最後には、誰もが知っている「Love」の名曲、“Isn't She Lovely”で締めさせて頂きました。特に構成は決めず、その時の感性でお客さんと一体感を持たせる為に臨んだ曲でもあり、藤田君は恒例?の練り歩きも披露し(笑)、大いに盛り上がれたと思います。本当に大きな拍手を頂けました。皆様どうもありがとうございました!…ちなみに、今回は自分名義ライブ60回目という日でもありました。ここまで続けられる事にも感謝の1日になったと思います。

 …この後はトリのバンドとして、ボーカルの河波浩平さんのバンド JAGUNARISM でステージを締めて頂きましたが、そのままプログラムはスーパー・ジャムセッションへと突入していきました。何故か自分がセッションホストを務める事になっていたのですが(笑)、ひとまず3曲程用意して、その場の出演者、その場の選曲、その場の構成で、後は即興的に演奏をしていったのでした。いつの間にステージ上は、自分達のメンバーや河波さんのバンドメンバー、そしてその他のバンドのメンバーを組み合わせて演奏していて、正にセッションという名に相応しい時間をお送りする事が出来たのではないかと思います。

    

 最後には、河波さんと、もう1人ボーカルの Ayuko さんの2ボーカル編成で、今年のテーマでもあり、ジャズスタンダードの名曲でもある“Love”を披露し、今年の『NUNO JAZZ』の締めの1曲となりました。企画者から、セッションで2ボーカル編成が見たいというリクエストも受けており、その念願が叶えられた瞬間でもありました。最後までお客さん方も大勢残って頂けて、皆さん大満足の表情でお聴き頂けたのではないかと思います。本当に楽しい時間でした!

 今年も『NUNO JAZZ』は大盛況で、ライブ時間も多いに盛り上がりました。今でこそ沢山のジャズフェスがありますが、『NUNO JAZZ』のような雰囲気の場は、他ではなかなか見る事が出来ないと思います。それだけ特徴的でもあり、地域と人の結び付きを強く感じさせるイベントでもあるのでしょう。これでまだ第8回目というのですから驚きですが、まだまだ続けていって貰いたいですし、まだまだ成長していってほしいイベントでもありますね。今回は遠方からお越しの方も多く、沼袋や野方という場所も色々な方に知って頂けた事でしょう。今後も楽しみにしたいと思います。そして、また来年も皆様にお会い出来ますように!


  ●今回のセットリストです!

  1、Love Theme From Sparutacus(トリオ演奏)
  2、Looking Up

  3、ドンパン節
  4、Casa Familia(オリジナル)
  5、Freeway(藤田淳之介オリジナル)
  6、Isn't She Lovely

 ☆NUNO JAZZ FESTA のHP…http://nunojazz.cinq-rivage.com

 ☆沼袋氷川神社のHP…http://hikawa-n.or.jp

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

 ☆池田暢夫のHP…sites.google.com/site/nobuoikedawebsite/

 ☆佐々木俊之のブログ…http://toshi-sasaki.seesaa.net/

拍手[4回]



【攻めの選曲…楽しい時間でした✫】
あの曲もこの曲も、うきうきでしたが、“Freeway”の前奏が始まり
「わっ、ここで!」とわくわくに。ドラムソロの最中に、この方の
演奏ではこの曲、二度と聴けないかも、と我に返りレア感に感動してました。
“Isn't She Lovely”のじゅんじゅんお練りとともに、ほんとうに
自然に会場から手拍子が生まれる感じのすてきな時間でしたね。
このフェスの会場全体が楽しむ気持ちにあふれていて、最高です。
【レア感たっぷりでした♪】
…そして今思ったのですが、こうしたコラボでのライブって、
トリオにしても TRI4TH にしても、これまでの1年間で得てきた
活動を映し出す鏡のような存在になっているのかもしれませんね。
“Casa Familia”にしても“Freeway”にしても、それぞれのライブや
録音で成長してきた曲でもありますし、自分達ならではの「今」の
音楽をお届けする、良い媒体曲になっているような気がしました。
次の1年、そのまた次の1年がどうなるのか、本当に楽しみです!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

竹内大輔ソロピアノライブ

9月3日(日)
南青山 ZIMAGINE
Open…18:00~、
1st.…18:30〜、
2nd.…20:00〜、
Charge…2500円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、


竹内大輔トリオライブ

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 8 10 11 12
13 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/19 Paket Wisata Belitung,Travel Belitung Murah]
[08/19 smartphone android]
[08/19 poker player by being aware of the gamblers fallacy]
[08/18 best resume writers reviews]
[08/16 竹内]
[08/16 おちゃ]
[08/09 竹内]
[08/03 竹内]
[08/02 いちファン]
[07/30 おちゃ]
[07/21 竹内]
[07/19 おちゃ]
[06/27 竹内]
[06/27 竹内]
[06/27 かとー]
[06/22 hideki.m]
[06/21 竹内]
[06/20 おちゃ]
[06/09 竹内]
[06/08 おちゃ]