2017 / 10
≪ 2017 / 09 2 4 7 9 12 13 1415 16 17 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

 約10日間程のブログ休みを頂いていましたが、また本日からコツコツと書き始めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。…今回のブログ休みにより、間が空いてしまいましたが、先月の8月25日には、Generation GAP(以下、GG)で Motion Blue Yokohama にてライブをやってきました。随分久し振りな気がしますが、それもその筈で今年初というライブであり(笑)、前回が昨年の11月の事〔副田整歩のいない Generation GAP ライブ参照〕だったので、約9ヶ月振りのライブでもあったのでした。しかし、今年は GG のバンド結成15周年でもあるという事で、何か記念になるライブをドカンとやりたいところであり、そして満を持して大々的に行う事になったのでした。

    

 バンドの結成15年とは言え、自分は途中からのサポートメンバーとしての参加であるので、流石にここまでの長い付き合いではありませんが、それでも自分は2005年11月に行われたツアー〔竹内大輔の写真日記(〜2009)、2005年を振り返る(11月)参照〕が最初である事を考えると、既に10年が経っているという事に気付かされました。ある意味で、自分的には参加10周年記念ライブ(笑)!…この日の Motion Blue は満員御礼で、とにかく目出度い1日だったのでした。

    

 いつもは GG は8人編成としてライブを行っていますが、今回はリーダー上杉君の学生時代からの盟友である、ビブラフォンの宅間善之君を迎えて、全9人編成と豪華に行われました。迫力のあるサックス・カルテットに、ビブラフォンの柔らかい音色が包み込み、上品且つ温かみのあるサウンドになっていたような気がします。…これだけで既にスペシャル感が漂っていますが、サポート陣も更に豪華であり、正に今回だけの特別な時間が出来上がっていたように思います。聴き馴染みの高い曲から最近の曲まで、長い15年を経た選曲でお送りしていきました。

    

 中には新曲もお送りしました。別作曲者に頼んだという“下高井戸の女”と、GG の楽曲の殆どを手掛ける、サックスの副田君が作曲した“15 Ave.”、そして後に紹介する“Four Ship”です。久し振りのライブであるからこそ、現在の GG サウンドをお送りするという攻めの姿勢…。よく考えると、これは以前からブレていないやり方であり、だからこそ多くのお客さんを惹き付ける魅力があるようにも思いました。楽曲毎に工夫を凝らし、それぞれの曲で見所を作っていき、それは曲の個性、そしてバンドの個性へと繋がっていきます。その積み重ねがあって、15年の GG があるとも言えましょう。

    

 この新曲の中でも“Four Ship”という曲は、サックス隊が全員ソプラノサックスへと持ち替え、後は宅間君との5人編成でお送りするという、こちらも特別な試みでした。GG の曲はそれこそバラエティに富んでいますが、そのどれもに共通するのはサックス・アンサンブルであり、その部分に特に重きを置いた曲になっていました。クラシカルな要素も含みつつ、やはりメロディは GG らしいので、初めて聴いた方は勿論、長年自分達を聴いて頂いている方でも、すんなりと耳に入る事が出来る曲だったと思います。

    

 そして、ライブの最後にお送りした曲は“Next 10 Years”。これはバンド結成10周年ライブ〔Generation Gap 10周年記念ライブ@渋谷 Jz Brat 参照〕の時に初お披露目した曲ですが、15周年という節目でお送りする事によって、更に味わい深くなる感覚がありました。本当に、これからの5年、10年後はどうなっているのでしょうか…。自分の未来さえ分からない状態ですが、そんな時でも、GG のライブは変わらず健在なんだろうなという気もします(笑)。とにかく、15周年という大変貴重なライブに参加させて貰えた事に感謝の1日でした。どうもありがとうございました!

 ☆Generation GAP のHP…http://www.generation-gap.jp


 ☆Moiton Blue Yokohama のHP…http://www.motionblue.co.jp

拍手[3回]



【無題】
音楽が好きで、ライブを聴くことが好きで、ほんとうに良かった!
と、素直に感じられた素晴らしいライブでした。
メンバーも、サポートの皆さんもそれぞれ満開に花開いていて、
何かもう、特別な時間が流れていたように思います。
【ありがとうございます!】
GG としても、本当に音楽が好きなメンバーが集まって
音を出しているという感じで、何よりもその事が伝わって
頂けたなら嬉しいですね。演奏側としても特別な時間でした。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 7
9 12 13 14
15 16 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31