2018 / 02
≪ 2018 / 01 1 3 5 7 9 11 12 13 14 15 16 18 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 2018 / 03 ≫

 先日、ボーカルの彬子さんのバンドで久し振りにライブをしてきました。場所は吉祥寺にある Star Pine's Cafe にて、『ココロノナカカラ』と銘打たれたイベントに出演…という形でした。いつものようにワインを身体に染み込ませてステージに立つスタイルは健在で、久し振りながらお馴染みの光景に、何だかホッとしたものです(笑)。

    

 この日は対バン形式となっていて、自分達はトリの4バンド目となっていたので、自分達の前に出演されていた個性的な出演者達をゆっくりと見る事が出来ました。それらの1バンド目から飛ばしていたのが、スーパー高校生と言われる、美里ウィンチェスターさん(右上写真参照)。鮮やかな赤い髪こそ印象的なものの、ギターの腕前はかなりのもので、激しい演奏や動きと共に繰り出される楽曲は正にロックでした。

    

 そして2バンド目には、ピアノ弾き語りの上田千仁さん(左上写真参照)。こちらは打って変わって?透明感のある光景が広がり、ピアノの良さを全面に引き出すかのような歌い方でした。曲で情景を感じさせるというのは素晴らしい事だと思います。その後の3バンド目には、今年の1月に彬子さんとの新年会ライブ〔2015年、アッコとアイの新年会ライブ参照〕でもお世話になった清水愛さん(右上写真参照)。今回はギター弾き語りでのスタイルではありましたが、バックバンド演奏時以上のパワフルな歌声を聴かせてくれました。9月3日(木)には御自身のワンマンライブが渋谷 JZ Brat であるとの事で、成功を祈りたいと思います。

    

 さて、自分達の出番がやってきました。これまで、何バンド目…という言い方こそしてきたものの、皆さん弾き語りの方達ばかりでしたので、バンドスタイルとなる自分達は今回でどちらかというと異色だったわけですが、彬子さん自身も既にワインの力も手伝って(笑)テンションも上がってきており、とにかく明るいライブにはなりそうでした。
 今回、演奏者の殆どはお馴染みのメンバーでしたが、ギターに三浦駿介君を加え、新たな風を吹き込んでいきました。堂々とギターを弾くスタイルは頼もしい限りでした。今回用意したのは全部で7曲で、40分ステージという割りには、かなり盛り込んでいった感じは否めませんでしたが(笑)、徐々にお客さんとの一体感を掴んでいって、あっという間に時間は経ってしまったように思います。曲の流れも考えつつ、ダイナミクスもいつもより増してお送りしていった感じもありました。自分は久し振りの彬子バンドでの演奏でしたが、やはり感覚というのは覚えているもので、その呼吸感が心地良かったものでした。
 更に今回は新曲も用意しました。“You Are The One”という曲で、途中にはコーラスの部分が用意され、その部分はお客さんにも歌って貰い、更なる一体感を目指します。ギターの三浦君はボーカルもやっているというので、そのコーラスの先導っぷりは有り難かったものです。聴きやすい曲なので、今後もやっていくかもしれませんね。

    

 さて、全7曲をやり切ったところ、予想以上に拍手が鳴り止まず、このままノープランのままアンコールへと傾れ込むのですが(笑)、考えるに考えた結果、彬子さんのピアノ弾き語りを行う事になりました(右上写真参照)。何の準備もしていない中で挑戦したようですが、その感じが逆に聴き応えを与えている雰囲気にもなり、何だかんだで良かったように思います。ワインが醒めてなければ良かったですが…(笑)。

 こうして、久し振りの彬子さんのバンドでのライブは終了しました。こうしたイベントへの出演というのも久し振りだったので懐かしかった感覚もありつつ、やはりオリジナル曲を取り上げるバンドは良いですね。それぞれの空気感があり、カラーがあります。それを今でも手伝える事が出来るというのに感謝しつつ、また次に繋げていきたいと思いました。どうもありがとうございました!

 ☆彬子さんのブログ…http://ameblo.jp/akiranochikara/


 ☆吉祥寺 Star Pine's Cafe のHP…http://www.mandala.gr.jp/spc.html

拍手[1回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

3月24日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


01 2018/02 03
S M T W T F S
1 3
5 7 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
[02/18 situs casino online]
[02/18 uk seo solutions]
[02/18 Dámske zimné kabáty]
[02/18 blúzky]
[02/17 carp soulfulness euphemism dreamy]
[02/17 elvira]
[02/17 おちゃ]
[02/17 Sniper 3D Assassin Shoot to Kill Hack]
[02/17 werbefilm drehen]
[02/17 Read This]
[02/17 jasa konsultan ISO 9001]
[02/17 judi online]
[02/17 jasa konsultan ISO 9001]
[02/17 oblečenie]
[02/16 Timothynok]
[02/16 cosmetic dentistry in amman jordan]
[02/15 cara daftar sbobet]
[02/15 Read More Here]
[02/15 read more]
[02/15 harga genteng metal pasir]