2017 / 06
≪ 2017 / 05 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 28 29 30 2017 / 07 ≫

 先日、TRI4TH で演奏を担当させて頂いている mamaJAZZ の第3回目となるライブに出演をしてきました。子育てを始めて間もないママさんと、その子供とが一緒になって楽しめ、本格的なライブハウスで本格的なジャズライブを!…という目的で立ち上げられたプロジェクトである mamaJAZZ ですが、第3回目となる今回は場所を渋谷に移し、個人的にも何度も出演の経験がある Last Waltz にて行わせて頂きました。客席の幅と奥行きのバランスが良い当店ではお客さんからの見えやすにも繋がり、グランドピアノがある事で、本格的なジャズライブのお店…という印象にも繋がっていく事でしょう。他にも、例えば楽屋がある事で、自分達は客席を通らずに直接ステージに上がれる事や、音響の面でも余裕があるという意味でも、今回は良い選択だったのかもしれません。少し駅から歩くのが難点ではありますが、これからの mamaJAZZ の恒例の場所になれたらとも思います。

    

 見慣れた Last Waltz の空間も、mamaJAZZ 運営の方々の手作りの装飾によって、また別の雰囲気を持つお店に生まれ変わったかのようでした。今までと同じように、客席スペースの一帯にクッションマットを敷き詰め、テープを貼って1組分の場所を提示させます。ここでは地べたに直接座って、お母さんと子供と一緒に見るスタイルなのです。いつものように、ステージの最初の15分ぐらいは、mamaJAZZ 運営側による体操や読み聞かせ等があり、TRI4TH の登場はその直後という流れになりました。

    

 mamaJAZZ も第3回目の出演という事で、そろそろステージに変化を付けていかないといけません。TRI4TH のオリジナル曲も演奏しましたが、久し振りに取り上げる『わらべ JAZZ』からの曲も多く、“村祭”や“うみ”等、夏らしい曲を選曲したのも良かったかもしれません。特に後者の“うみ”では、ソプラノサックスとピアノのデュオ編成でお届けした事もあり、それまでの流れを大きく変えた印象に繋がったと思いました。

    

 そして、今回新しく取り上げた“アンパンマンのマーチ”は大好評でした。この曲はステージの中盤辺りに持って来たのですが、そろそろ会場には泣き出してしまった赤ちゃんも何人かいたという状況の中、この曲になった瞬間にピタッと泣き止んだのです。これにはお母さん方も驚いたとの事でしたが、やはりアンパンマンの持つ威力は絶大なのかもしれません。最近取り上げている“アナと雪の女王”、“さんぽ”に続き、一気に人気曲に躍り出た感じがありました。
 アンコールも、いつも演奏している“ぶんぶんぶん”に代わり、“聖者の行進”をお送りしたのも良かったと思います。やはり、どこかしたら「変化」を感じさせる事は大切で、それは得した気分にも繋がるのかもしれません。そう考えると、やはりグランドピアノという存在は大きく、その容姿?だけでも本格的なライブハウスに来た!…という気分にさせてくれるわけです。

    

 今回、自分達のステージの前で常に踊っていた子供がいまして、そのお陰で盛り上がりに拍車を掛けていた感じではありましたが(笑)、今回特に取り上げるべき点として、6、7、8月生まれのお母さんにサプライズでバースデー・ソングやカードを送った事でしょう。子供に…ではなく、お母さんに…という点に注目です。つまり、あくまでもこの mamaJAZZ の主役はママであり、その方達に少しでも喜んで貰えるようにという、運営側の配慮でもあったのです。いくらママが主役と言われても、子供と一緒にライブに来たら、やはり子供を中心に考えなければいけなくなるのは事実。そういった気持ちへの応援という意味も込められている事でしょう。これぞ mamaJAZZ らしい時間ではありませんか。

 こうして、第3回となる mamaJAZZ も無事に終了しましたが、新しいお店に移して開催してみた事で、また新たな課題も生まれてきた事でしょう…。こうして、常に前を見続ける運営者達によって、このプロジェクトは成り立っているのです。またの開催を心から応援します。どうもお疲れ様でした!

 ☆mamaJAZZ のHP…http://mamajazz.her.jp

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com

 ☆渋谷 Last Waltz のHP…http://lastwaltz.info

拍手[5回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年7月16日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st.…14:00〜、
2nd.…15:30〜、
Charge…1000円(要1オーダー)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中