2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 3 8 910 11 1617 18 22 23 26 28 29 302017 / 10 ≫

 少し前の話しになってしまいますが、5月16日(土)、伊豆下田で行われた黒船祭の開国市にて、バンドの黒船と弾楽で“きずな広場ステージ”という所でライブをやってきました。黒船祭は今年で第76回目を迎える歴史ある祭り(昭和9年から行われています)で、下田開港に尽くした先人達の偉業を記念して始められたらしいのですが、その強い思いが現代まで続いているというのも凄い話しだと思います。そして、何も堅苦しい祭りでもなく、そのような状況で皆で楽しんでいこう!…という雰囲気も窺え、出演者という立場の自分達も、最初から最後までお祭り気分で過ごす事が出来ました。最初は黒船、そして途中から弾楽…。こういったバトンを渡すような流れも珍しいですが、順に振り返っていきたいと思います。

    

 都内から下田までは、黒船メンバーで出発。自分以外は日帰りで向かうものの、1台の車で皆で移動していく様は、遠征ツアーでも行っているような気分になりました。…とは言え、下田までは車で約3時間半〜4時間の道のり。そんなに簡単に行ける所でもないのですが、今年は恐らくそんなに活動が出来ない黒船にとって、このように一緒にいられる時間というのも貴重です。道中、色々な話しで盛り上がったものでした(笑)。

    

 下田には予定よりだいぶ早く到着し、金目鯛を堪能したり、正に黒船(!)との対面も実現する事が出来ました。今回は野外での演奏だった為、天候に少し不安がありましたが、何とか自分達のステージには雨もやんでくれそうな気配がありました。直ぐさま祭りを楽しみたいですが、ここからは長丁場となりそうなので、少し身体を休め、本番に備えたものでした。

    

 下田の街には出店が出揃い、確かにお祭り気分があちこちに溢れていました。黒船祭は全部で3日間行われ、この日はその内の2日目だったのですが、天気のせいもあってか、まだまだ人が来ても良さそうな感じではありました。まあ、あまり混み過ぎても大変ではありますが(笑)。この開国市のテーマとして、幕末にタイムスリップ!…というものもあるらしく、たまにお侍の格好や、海軍服を着た外人の方等を目にします。そして、それに扮装した観光客も多く、街の通りは人種の坩堝みたいになってましたが(笑)、それが開国市の雰囲気にそのまま繋がっている気もしました。自分達の出演するステージが組まれている“きずな広場”は、ビアガーデンさながらのようになっており、ここが正に発信地でもありましょう。黒船グッズ(バンドの方)も受付ブースに控え、いよいよ本番です!

    

 自分達のステージは17:00から始まりました。それまでもこの場所で別の演奏は行われていたようですが、ここからはバンドらしいグループでの演奏となっており、サンセットライブ…という位置付けもなされていました。黒船祭で、自分達が名付けた黒船というバンドが出演する…。そういった状況に感謝し、この参加によって、更にここから黒船祭を盛り上げていく!という気持ちでライブに臨んでいったものでした。
 ステージ時間は約40分を用意されており、今回は“豊年節”や“よいすら節”等、奄美民謡の曲を中心にお送りしていきました。その中には、最近新しくやり始めた“黒だんど節”も含まれ、下田の街にボーカルの里アンナさんの島唄が響いてきます。そして“Summer Breeze”もインスト枠として演奏…。恐らく今年は夏に黒船ライブをする事は厳しそうなので、せめて夏を感じられる今に、取り上げておきたいところでもあったのでした。こちらは津軽三味線の白藤ひかりさんのサウンドを、下田の空に響かせていきます。

    

 最後には、黒船リーダーであるベースの関谷君のオリジナル曲、“A Night in Bali”で締めていきます。急に曲調が海外っぽくなりますが(笑)、日本と海外の接点に貢献した下田という場所には丁度良い締めになったのではないでしょうか。それぞれのアドリブ演奏にも注目させ、自分達黒船らしい演奏が出来たのではないかと思いました。

 さて、この黒船のステージ中に、どこかで自分の名前を呼ぶ団体?がありました。何だろうと思ってステージの斜め前方を見ると、弾楽のメンバーと、下田を地元とする方同士でのグループがワイワイやっているではないですか(笑)。…やけにテンションが高いなと思ったのですが、どうやら弾楽では今日既に1〜2回のステージ(ここではなく、街中の路上で組まれたステージで行われていたそうです)をこなしており、自分達より更にお祭り気分が深く?浸透していたのでしょう。そんな弾楽の“きずな広場”でのステージは19:30〜。まだ時間があったので、下田の食に舌鼓を打ちつつ、ビールで乾杯しながら街中の雰囲気を楽しんだのでした。

    

 そしてこの間には、“KAIKOKU”と名前が付けられたバンドのステージ(右上写真参照)が始まります。よく見ると、メンバーの半分以上は知り合いの方で(笑)、ここで出会うのも面白いものだと思いましたが、更に下田の街を熱く盛り上げていました。ついつい自分としても、お酒が進んでしまうのです(笑)。

    

 そろそろ辺りも暗くなり、弾楽のステージが始まります。この時点で、夜までに東京に戻らなければならない黒船メンバーは、先に帰路の道へと着いてしまいましたが、残された責任を引き継ぎ?この日2回目のステージに臨みました。客席の目線より高い場所に組まれたステージは、自分達のようなタップダンサーがいるバンドにとっては、その動きを全て披露させられるという点で有利で、お客さんも早速、目が惹き付けられたのではないかと思います。タップサンダーの丹精君も、いつも以上にノリノリで、いつも以上に動きを付けてタップを刻んでいるようにも思いました。

    

 曲は、ジャズの4ビートの曲から、皆で手拍子をして盛り上がれるラテンの曲まで、やや短いステージながらも変化を付けてお送りし、あっという間に終わってしまった感じでした。皆さんのノリも良く、手拍子は勿論、声も掛け合ったりして、陽も暮れたこの空間に、灯りと共に更に熱いものを感じさせてくれたと思いました。そもそも弾楽というバンドは、町興しも活動の1つと捉えている部分もあり、こういった場所でのライブというのは願ったり叶ったりでもあった事でしょう。静岡を拠点にしているという背景もあるので、伊豆の南端である下田に来れたのも嬉しい限りでした。どうもありがとうございました!

 …こうして、黒船祭での自分の参加するステージは全て終了しました。黒船メンバーの中では唯一下田に残されてしまった自分でしたが、この次の日には弾楽メンバーの丹精君と、フルートのいづみさんとのライブが熱海で行われる為、そもそもこの日は東京には戻らないスケジュールにしていたのでした。そして更に次の日の1日掛けて関西に移動し、TRI4TH の関西ツアーへと繋がっていくのです。
 そう、つまりこの黒船祭の日は、自分にとっても遠征ツアーの“幕開け”となった瞬間であり、大事な1日目でもあったのです。そんな初日をお祭り気分で迎えられた事に有り難く思いつつ、ライブの余韻を楽しみ、これからの1週間に思いを馳せるのでした…。本当にお疲れ様でした。また黒船祭に戻って来れる事を願いつつ、良い時間を過ごせた事に感謝します!

 ☆下田黒船祭、開国市のHP…http://dietter.com/kurofune/

 ☆黒船(バンド)のHP…http://www.peaceofcake.net/kurofune/

拍手[3回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


[09/27 diegogalisteo.blogs.uva.es]
[09/27 actualité dragon ball super]
[09/27 actualité dragon ball super]
[09/27 dragon ball super]
[09/27 news dragon ball super]
[09/27 drabon ball super 108]
[09/19 竹内]
[09/19 おちゃ]
[09/19 竹内]
[09/19 竹内]
[09/15 おちゃ]
[09/07 おちゃ]
[09/07 竹内]
[09/07 竹内]
[08/31 おちゃ]
[08/29 おちゃ]
[08/27 竹内]
[08/27 竹内]
[08/23 おちゃ]
[08/21 おちゃ]