2017 / 10
≪ 2017 / 09 2 4 7 9 12 13 1415 16 17 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

 昨日はボーカルの鹿嶋敏行さんと、池袋鈴ん小屋でライブをやってきました。お馴染みのお店であり、お馴染みのメンバーでのライブでしたが、今回、鹿嶋さんは“Trio”名義での出演となっており、その名の如く、ボーカル、ピアノ、そしてウッドベースでの、鹿嶋さんにとっては珍しいと思われるトリオ編成でやらせて頂いたライブとなったのでした。
 これまで、鹿嶋さんとトリオ編成+αでやったライブとしては、セッション的なものや、企画的なものとして、ライブに何曲か交えて行う…といった形態では何度かありましたが、最初からトリオ名義で、しかもその3人で事前にリハーサルも行って、そしてライブに臨んだというのは新鮮な状況ではありました。今回のベーシストは、ザ・ショッキングというバンドでもお馴染みの岩川峰人さんで、鹿嶋さんとライブを一緒にやるのは7年振りとの事でした。自分も、だいぶ昔に JiLL-Decoy association のライブサポートで御一緒した事があり、恐らくその時以来の共演だったと思いますが、恐らく8〜9年振りぐらいになるのではないでしょうか…。あまりにも久々過ぎる3人が揃ったわけですが(笑)、ストイックで興味深い音楽にはなったと思います。

    

 この日の鈴ん小屋のライブは、自分達も合わせて3マンライブという名義になっており、実の兄弟のユニットという Conductor of the Earth(右上写真参照)が最初の出番を務めてくれていました。コーラスワークが実に見事で、兄弟だから成せるもの…という状況無しでも聴き入れられる音楽だったのではないかと思います。片方の方は、時にギター、時にカホンを叩きながら歌い、そのサウンドのバリエーションを豊かなものにしていました。

    

 自分達はその後の2番目の出番でした。トリオ…という名義ではありますが、中にはボーカルとベースのデュオという曲目も入れており、それが“Strange Fruit”だったのですから、なかなかのチャレンジャーであります(笑)。鹿嶋さんの世界観に寄り添い、そして時には引き離し…、独特のサウンドが構築されていました。また、ピアノとボーカルのデュオ曲も行い、これはお馴染みの“ヨイトマケの唄”だったのですが、今回のトリオという概念から一瞬離れた、馴染み深い時間というようにも感じました。
 やはりトリオという状況は、普段のデュオでの感覚とは大きく違います。単純な話し、1つの音楽を2等分するのと3等分するのでは、自分の担当する伴奏も、これまでから引き算の発想で無ければなりません。そして、そこまで演奏的には決め内では無いという状況からすると、お互いに気を遣いながら演奏しなくてはならないというのは容易に想像がつくと思います。
 …そうなると、即興的な部分が必要になってくるので、どこかしらでジャズの要素を取り入れなくてはならなくなりますが、鹿嶋さん的には、あまりジャズの解釈では進めたくないらしく、この辺りが今回の演奏の難しさでもあったと言えましょう。ジャズの要素をふんだんに取り入れられれば、とりあえずは曲として完成はすると思いますが、恐らくこの“とりあえず”…というのにストップを掛けたいのかもしれません。今回のライブをやる前から、ただセッション的に3人でやりました…という感じではなく、それぞれの役割を認識しつつライブに臨みたい…という話しはしており、これは今後の永遠の課題ともなりそうな感じですね。
 やはり、それらを完成させるには、どうしても時間が掛かってしまいます。今回は久し振りに御一緒したライブという事で、お互い探っていた部分もあったかと思いますが、回数を重ねていく事で、より深い部分でサウンドを作っていけるようになるかもしれません。それはある意味で今後の楽しさ、面白さを予感させてくれるものです。だからこそ、とても遣り甲斐のあるライブだったように思いました。

    

 そして最後の3番目には、ギターとピアノの弾き語りの藤原マヒトさん(左上写真参照)が締めてくれました。自分はこの時点で存じ上げなかったのですが、ライブ後にお話しさせて頂いたところ、Der Zibet のキーボーディストとの事で驚きました…。1984年に結成された、まだ世の中にビジュアル系という言葉が無かった時代にその世界観を打ち出したバンドでもあります(1996年に無期限活動休止をしたものの、7年くらい前に活動再開をしたとか…)。
 世の中、どんな方と対バンするか分からないものです…。1つ1つ丹念に、魂込めて演奏していく決心を新たに持たせてくれました。どうもありがとうございました!

 ☆鹿嶋敏行さんのブログ…http://blogs.yahoo.co.jp/kajimarl_to_the_world

 ☆池袋鈴ん小屋のHP…www.ringoya.org/

拍手[2回]



【無題】
聴きごたえある方ばかりの中、初めてのトリオもとても充実な時間でした…。
「Strange Fruit」を日本語でしかもベースとのデュオでぎゅっと
凝縮された世界を感じました。
ケイト・ブッシュ作とのことだった、お腹の中の子が主人公の曲、ピアノとベースの音が鼓動のように聴こえました。
鹿嶋さんの唄われる「谷間に三つの鐘が鳴る」は数回お聴きしてい
つもしん、とした感動が心に残る大好きな曲です。
感想が羅列になっちゃいましたが、とにかく素敵だったんです。
対バン様との出会い、大切ですね。客席も丹念に聴かなくちゃ、と
思っております。
【ありがとうございました】
内容の濃いライブでした…相変わらず(笑)。
毎回、色々な挑戦をしているようにも思われます。
いま現在のライブを生かしつつ、次回以降に
フィードバック出来るように、より良いものを
目指していきたいと思います。よろしくです!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 7
9 12 13 14
15 16 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31