2017 / 12
≪ 2017 / 11 2 4 6 8 10 12 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 2018 / 01 ≫

 少々日にちが経ってしまいましたが、先月26日(日)、津軽三味線とバイオリンのユニットである hanamas のライブサポートを行ってきました。津軽三味線奏者は、昨年の1月に初共演〔関谷友貴の Live ソムリエ bottle.5!参照〕をした、はなわちえさん、そしてバイオリン奏者は自分は初めましての沖増菜摘さんです。そして更に1人、琴の中でも珍しい楽器に入る二十五弦筝(そう)の奏者、いぶくろ聖志君を迎え、自分以外全て弦楽器という、楽器編成的にも珍しい4人編成でお送りしてきました。場所は、足立区は西新井にあるカフェ・クレール。個人的には初出演のお店で、コーヒーは勿論、ご飯も美味しい、とてもアットホームなお店でした。

    

 hanamas は、津軽三味線とバイオリンのユニットで、これだけでも大変珍しい組み合わせだとは思うのですが、1音1音の伸びが短いがアタックの強い津軽三味線と、時に強く、時に柔らかい音で1音の伸びもハッキリと表現出来るバイオリンとのアンサンブルは、予想以上に役割分担がしっかり出来ていると思ったものでした。そして更に筝とピアノとの組み合わせ…。筝は楽器の特性上、たった1音で日本的な優美な世界を作り出す事が出来るので、ピアノの役割と言えばやはり、曲のボトムをしっかりと支えるような感じでしょう。低音楽器や打楽器がいない状況なので、この辺りを担当するとバランスが良くなると思ったのです。
 正直、この4つの楽器の中で、一番色々な事が出来るのがピアノです。故に、曲上では音選択があり過ぎて、担当する部分は決まっても、どういう風に臨んだら良いかというのは頭を悩ませたものでしたが、ボトムをキープしつつも、後は他の楽器の出方次第…というように考えたら、案外スッキリとなったものでした。また、時にはボトム担当をやめてみたりすると、また違う世界感が広がって面白くなります。これも、他の楽器の出方次第でしょう…。皆、わりと決まったフレーズを弾いているようで、1音1音のアタックやダイナミクス等、場合によって色々と変化を付けてきて楽しいのです。

    

 他の楽器の音を聴いてからピアノの弾き方を考慮するので、その時点でのレスポンスでは遅いのではないかと思うかもしれませんが、実は、変化のある弾き方に入る時には、既に何かしらの前触れを感じるものです。そして、その前触れを感じた上での変化への突入…。ここで全員の感覚が揃った時には、何物にも代え難い喜びがあるわけです。当然の如く、この4人でライブをやるのは今回が初めてだったわけですが、そういった瞬間が演奏中に幾つもあり、そして曲を進める毎に良くなっている感じがありました。楽しい時間を過ごせました。
 hanamas の曲目は、オリジナル曲は勿論、日本民謡の曲やカバー曲、そしてクラシックの曲もやるところが特徴と言えましょう。クラシックのカバーはオリジナル性が強く、カノンが花音、トルコ行進曲が、モーツァルトコトコ行進曲(笑)とタイトルも変え、hanamas 流のアレンジが光ります。今回は演奏しませんでしたが、他にも沢山のアレンジ曲があるらしく、それらも非常に気になるところです。

    

 今回、津軽三味線、バイオリン、二十五弦筝、そしてピアノ…と、奇しくも和楽器と洋楽器が2人ずつという構図にもなっていました。和楽器は音の雅性を生み出し、洋楽器は曲の軸となる部分をそれぞれ作り出していきます…。より追求していきたい組み合わせでもありますが、このカフェ・クレールで次回の公演が5月20日(火)に決まりました。本当はもっと早く再演させたかったのですが、なかなか4人の予定が合わず、このような日取りとなりました…。それだけ貴重な機会という証でもありましょう。是非ともこの特徴あるサウンドに御注目下さい。どうぞよろしくお願いします!

 ☆hanamas のブログ…http://ameblo.jp/hanamas-blog/

 ☆いぶくろ聖志君のHP…http://www.kiyoshi-ibukuro.com

 ☆西新井カフェ・クレールのHP…http://www1.adachi.ne.jp/clair/

拍手[2回]



【無題】
今回聴き逃して大いに悔しがっております。

次回5月20日は万全の態勢で臨みます!!

楽しみにしています。

【無題】
4色のきれいな絵の具を使って、見事な絵が描かれる感じでしょう
か…すてきそうです。
【無題】
>ヤマトさん
 是非とも万全の態勢で!…よろしくお願いします。

>おちゃさん
 これまた、特徴的な絵ですよ。是非とも見て頂きたいです!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

12月21日(木)
南青山 ZIMAGINE
Open…19:00~、
1st.…19:30〜、
2nd.…21:00〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Guest Member…(Sax)副田整歩
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 6 8
10 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
[12/15 Wallpaper Custom]
[12/15 wallpaper custom]
[12/14 pkinc.biz]
[12/14 rental scissor lift jakarta]
[12/13 竹内]
[12/11 おちゃ]
[12/09 竹内]
[12/01 竹内]
[11/25 最高!]
[11/24 おちゃ]
[11/12 竹内]
[11/06 竹内]
[10/31 おちゃ]
[10/25 竹内]
[10/24 おちゃ]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]
[10/17 竹内]