2017 / 07
≪ 2017 / 06 1 3 5 6 7 89 10 11 12 13 14 16 18 2223 24 26 27 28 2930 31 2017 / 08 ≫

 一昨日の9月1日(日)は、自分のピアノトリオのライブを行ってきました。場所は吉祥寺にある Sometime というお店で、今回は初出演という状況で、お昼の時間帯に演奏が行われたのが特徴でした。ジャズ系のライブというと、やはり夜のイメージが強いのが現状だと思いますが、昼にライブを行って欲しいという意見は本当に前からあって、ここ Sometime はお昼にも営業しているお店なので(勿論、夜は夜で営業をしています…その場合、別のバンドが出演します)、今回の実現に至ったのです。また、国分寺に住んでいるベースの池田暢夫君にとって、吉祥寺はお客さんが呼びやすい場所でもあり、今回のライブを強く熱望していたのも(そもそも今回の話しを持ってきたのも)池田君でした。そして、ほぼ満席のお客さんにお越し頂き、非常に楽しい時間を過ごせたのでした。少し振り返ってみたいと思います。

    

 Sometime は自分は初めて来ましたが、ジャズのお店ではあるものの、お店自体にしっかりとお客さんが根付いているお店でもあります。そしてそれはまず、賄いの食事を頂いた時に分かりました。…非常に美味しいのです!…これはレストランとして経営しているだけに非常に重要な事で、それでいてお店の雰囲気も良いので、普通にご飯を食べに Sometime に寄っても良いくらいだと思いました。お店は地下1階(2階?)に位置し、ステージは入り口からまた半階低い所に位置して、ステージを囲むように座席が設定されているのも面白いところです。ステージの奥には更に2層の座席が用意されていて、少し冒険心をくすぐられるような造りも自分好みです。飲み物も沢山ありますし、伝票の裏が1ドル札のデザインになっている(右上写真参照)のも、何だか遊び心を感じるではありませんか(笑)。
 …そして何より、お昼のライブはミュージック・チャージが1000円に設定されているのも大きいでしょう。実際、今回のライブは満席に近い…と書いたのですが、半分以上は自分の知らないお客さんであり(池田君自身のお客さんも多かったと思われますが…)、要は一見様が多いという状況だったのです。気軽にジャズ・ライブが出来る場所で、このような状況というのは、実は有るようでなかなか無い事でもあり、流石、地元と共に歩んできているお店だと思ったものでした。これは、しっかりと自分達トリオの音楽を見せつけなければいけません!…そんな思いでステージに臨んだものでした。

    

 前回のライブ〔自分名義ライブ46回目参照〕でもそうだったのですが、今回も選曲にも頭を悩ませる事になりました。前回よりはジャズ寄りな曲を…と考えて良いのでしょうが、こちらは1時間ステージを2回という、結構なボリュームの時間が用意されていたので、色々とステージ内に変化を付ける必要があったと思ったのです。
 …という事で一番最初に演奏させて頂いた曲というのは、ピアニストのバービー・ハンコック作曲の“Tell Me A Bedtime Story”という、前回のライブでも演奏した曲でした。ジャズ曲という認知度は高いですし、…かと言って古い感じではないですし、むしろお洒落な雰囲気のある曲なので、演奏中の会場の様子を見るには打って付けだと思ったのです。こう書くと、まずはお試し的?な要素が含まれてしまうかと思われそうですが(笑)、まあ、否めない部分ではあるかもしれません。しかし、これで何となく様子は掴めたような感じはありました。
 …その結論は、皆、じっと聴いてくれている…というものでした。Sometime はレストラン的な要素が強いと思っていたので、少し耳障りの良い、言わばBGMにもなるような音楽が良いのかな…と思っていた(実際、いつもより音量は抑えて演奏した方が良さそうだったので…)のでした。つまり、テーブル上でお客さん同士が会話出来るくらいとでも言いましょうか。しかし、いざ演奏してみると、皆さん熱心に演奏に耳を傾けてくれるではありませんか。…という事は、自分達の音楽を素直に演奏するのが、ここでは吉と出そうだったのです。
 …ここからは、竹内大輔トリオCDの収録曲のオンパレードです(笑)。それは、一番新しい『ReInterpret the Passage』だけに留まらず、1st.アルバムの『Pictures』や、2nd.アルバムの『Fingers Dance』からも、幅広く…という感じでした。やはり、初めてお聴きになる方々に演奏するなら、オリジナル曲を是非とも聴いて貰いたいもので(…とは言え、一番新しいCDはカバー・アルバムだったので、そちらから極端に離れるわけにもいかなかったのは難しいところでしたが…)、そして実際、CDをお買い求めになって頂けた方も多かったので、これは演奏した甲斐があったと思ったものでした。
 その中で1曲、まだCDにしていない“Casa Familia”という曲を、音源で聴いてみたいという声が多かったのは嬉しかったです。これは今年の3月頃に作曲し、その月に行ったライブ〔自分名義ライブ44回目参照〕で初お披露目した曲なので、CD化されていないのは止むを得ないのですが、何人かのお客さんに仰って頂けたのは、今後オリジナルCDを作る原動力にもなるというものです。気合いが入ると共に、ここ Sometime だからこその状況に感謝でしたね…。本当に1時間ずつのステージを、たっぷりと2回、やらせて頂きましたが、更にアンコールまで頂けました。ここで演奏したのは、所謂ジャズ・スタンダード曲の“Autumn Leaves”。即興感沢山でやらせて頂きました♪

    

 お昼のライブ、非常に良かったです。こうした場所があるという事に、自分達は感謝しなければならないくらいですね。ただ、やはりお店的にも人気があるようで、次回のここでのライブも決めさせて頂きましたが、それは来年の1月19日(日)!という感じでした(笑)。かなり先の話しではありますが、またお昼にやりますので、どうぞ楽しみにしていて下さい。…そして久し振りに、外苑前 Z・imagine でのライブも決定しました!…日にちは11月17日(日)です(勿論、今年です…笑)。夕方18:30頃からのステージを予定しております。こちらもたっぷりと演奏しますので、皆様どうぞお越し下さいませ!
 今回もどうもありがとうございました。ちなみに、この日はライブが終わっても17:00という時間だったので、この後は予想通り?皆で飲みに行ってしまいました♪



  ●今回のセットリストです!

 ・1ステージ 1、Tell Me A Bedtime Story
        2、
Love Theme From Spartacus

        3、Summertime
        4、The Day Of The Black Key(オリジナル)
        5、Here, There And Everywhere
        6、Hagatna(オリジナル)


 ・2ステージ 
1、Close To You
        2、Scramble(オリジナル)
        
3、Casa Familia(オリジナル)
        4、Monte Fiesole(オリジナル)
        5、Tombo in 7/4


 ・アンコール ・Autumn Leaves

 ☆吉祥寺 Sometime のHP…http://www.sometime.co.jp/sometime/index.html

 ☆池田暢夫のHP…https://sites.google.com/site/nobuoikedawebsite/

 ☆佐々木俊之のブログ…http://toshi-sasaki.seesaa.net

拍手[6回]



【無題】
お疲れ様でした。

演奏スタートの直前についたら、すでに殆ど満席でびっくり・・・
Sometimeは前に1度だけ行ったことのある店ですが、その時はお客さん少な目だったので。。。

通された席は中二階の奥の席で、座るとプレーヤーの姿は全く見えない状態だったのですが、演奏のレベルが高ければステージが見えなくても十分に楽しめることが良く分かりました。

アンコールも含めて素晴らしいライブでした!

次回も楽しみです。
【無題】
記念すべき50回目ライブが何処になるのか興味津々♪確定ライブの間のどこかで別のライブが入れば吉祥寺サムタイムの可能性もあるかな?
【無題】
雰囲気の良い老舗のお店で日曜の午後に聴く、Monte Fiesole
また格別でした…。
Casa Familia含む、オリジナルCDもいつの日にか楽しみです。
180℃お客さんから視線を浴びつつの演奏は、ミュージシャンに
はどんな感じなのでしょうか?
次回は、ぜひ別の角度からも味わってみたいなあ~と思うすてきな
ライブでした。
【無題】
>ヤマトさん
 お店が満席状態だったのは、自分でもビックリでした。
 ステージの見えない席ですみません!…しかし、新たな
 楽しみを見出だしてしまったのは流石です(笑)。
 今後もレベルの高い演奏を目指していきます!

>にーにさん
 そうですね。そろそろ第50回目も視野に入ってきましたね。
 まだ先の事なので、どうなるかは分かりませんが、何か
 メモリアルな形で実現したら楽しいかなとは思います。

>おちゃさん
 お客さんに囲まれる…というのは、今までに無い状況という
 わけではありませんでしたが、バンドごと囲まれるというのは
 無かったかもしれません(笑)。ある意味で、温かい目に
 包まれるといった感じでしたでしょうか…。Sometime はまた
 出演する機会がありますので、色々と挑戦してみて下さい!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年7月16日(日)
吉祥寺 Sometime
Open…11:00~、
1st.…14:00〜、
2nd.…15:30〜、
Charge…1000円(要1オーダー)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 18 22
23 24 26 27 28 29
30 31
[07/27 Cheap The North Face Denali Jacket New Style-10634]
[07/27 Quero Emagrecer 10kg em duas semanas]
[07/26 http://student-loan-relief.blogspot.com/]
[07/25 Pietro]
[07/21 竹内]
[07/19 おちゃ]
[06/27 竹内]
[06/27 竹内]
[06/27 かとー]
[06/22 hideki.m]
[06/21 竹内]
[06/20 おちゃ]
[06/09 竹内]
[06/08 おちゃ]
[06/05 竹内]
[06/02 おちゃ]
[05/29 竹内]
[05/26 おちゃ]
[05/22 竹内]
[05/21 A]