2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 昨日は、久し振りの Generation GAP(以下 GG)ライブをやってきました。それもその筈、今回は今年初のライブでもあったのです。タイミング的には9ヶ月振りとなっており、メンバーが皆、なかなかに忙しく、集まれる機会が少なくなってしまったというのが実は本音かもしれませんが(笑)、そういう意味では、今後は GG のライブは1回1回が貴重になってくるのかもしれません。今回のライブのタイトルには、GG の代表曲である『眠りから覚めて』という言葉が添えられており、今の自分達を表しつつ、今年の今後への展望が込められていたような感じがしました。

    

 今回のサポートには、ベースにお馴染みの田中晋吾さん、ドラムには初めましての斉藤たかしさんを迎えて行いました。斉藤さんは、晋吾さんからの紹介で今回のライブに参加して頂いた方という事で、ここのコンビネーションは抜群と言えるでしょう。そしてこの上に、久し振りに集まったサックス4管が乗ってきます。この編成の音も、もはや懐かしさが込み上げてくる感じでしたが(笑)、そしてすぐにいつもの楽しい時間がやってくるのでした。

    

 今回、1曲目に“Again”というバラード曲持ってきたのは新しい試みではありましたが、そのまま次に“Love Struck”をお送りし、ノリノリな時間へと繋げさせます。サックスの音も迫力に磨きが掛かり、これぞ GG というステージが展開されていきました。自分自身もここでは久し振りのステージだったのですが、やはり何度も何度も演奏してきた曲だけに、改めて身体に染み付いているんだなと感じました。
 勿論、その中で個々の演奏も更に面白い事になっており、それぞれメンバーが今回までに吸収した事を披露し、それをお互いで確かめ合う…みたいな時間もまた刺激的であり、それが現在の GG の魅力的な部分の1つなのかもしれません。そして常に遊び心を持っており、ライブには何かしらの痕跡を残してくれます。今回のライブにも、後半に1つの大きな出来事を起こしてくれました。

    

 …それが、The Linda のボーカルであり、自分の大学時代の後輩でもある永井健に、いきなりステージに上がって貰って歌わせる…というものでした(笑)。今回はたまたま見に来てくれていたのですが、本人に内緒で、2ステージ目が始まる直前にいきなり決めまして(笑)、そして本人も乗っかってきてくれたのでした(実は、きっと乗っかってくるに違い無いと、全員が確信していましたが…笑)。曲は、恐らく歌い慣れているだろう、スティービー・ワンダーの“Isn't She Lovely”。ふと、その事を伝えられた瞬間の永井を見ると、携帯電話で歌詞を検索しているのが窺えました。かなりヤル気だと確信したものです(笑)。

    

 何だか良い時間でしたね。写真から見ても、その様子は窺えるのではないでしょうか…。前に自分が仙台まで行って収録した〔竹内大輔の『奢らせて頂きます』9.(永井健編)参照〕の記事と合わせて見ると、より深みが増すかもしれません(笑)。

    

 そして、お馴染みの“Sappy!!”を終え、アンコールで“Next 10 Years”を手拍子付きで演奏し、今年初のステージは終了となりました。何だか楽しい事があり過ぎで、あっという間の時間を過ごしたような感じがしました。皆さん、どうもお疲れ様でした!…既に現在は8月という時期になってしまいましたが、GG は年内中にあと何回かはライブをしたいという意思はあるようで、今後のお知らせに注目して頂きたいと思います。
 やはり、今回も印象的なライブになりましたね。そして、また次回のライブにもそんな期待をしてしまう自分でした(笑)。またよろしくお願いします!

 ☆Generation GAP のHP…http://www.generation-gap.jp/Home.html

 ☆横浜 Hey-Joe のHP…http://www.ne.jp/asahi/hey-joe/yokohama/

拍手[6回]



【楽しかった〜】
永井さんのことは、ここでいろいろ読まさせていただいてたのですが
生歌声を聴くのが初めてで…。
なんだか「事件の現場に居合わせた」気持ちになってしまいました。
またいろいろ楽しみにしていますね。
【色々書いてますからね…(笑)】
ブログから読み取れる事も様々かもしれませんが、
あの時、あの場で彼が歌ってた歌声は本物です。
また色々なやり取りが出来ればと思っています。
どうぞ御注目下さい。ありがとうございました!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31