2017 / 05
≪ 2017 / 04 1 2 5 7 11 12 1314 15 17 19 21 2728 29 30 31 2017 / 06 ≫

 約1週間振りの御無沙汰になりました…。先月、6月26日の TRI4TH の名古屋ライブ、そして27日~30日の4日間をかけて行われた、自分ソロの北九州ツアー、そして7月1日から約2日間は鉄道の旅(笑)…と、充実した行程を終えてきました。久し振りに長きに亘ったツアーになったので、東京に戻ってきた時に、若干懐かしい気持ちにもさせられましたが(笑)、本当に1日1日を楽しく過ごせたと思います。

  ソレソレソレソレ!  味仙本店の前にて…

 まず6月26日の、名古屋の伏見 Heart Land Studio にて行われたライブですが、この時期に合同ツアーの真最中だった JABBERLOOPソノダバンドのライブに、TRI4TH がスペシャル・ゲストとして出演するというものでした。自分達の出番は40分と短かったものの、TRI4TH の第2の故郷とも言える名古屋で、非常に白熱したライブをお届け出来たと思いました。
 勿論、最後のアンコールには全バンドのメンバーがステージに上がって、皆で演奏を行いましたが、ここで JABBERLOOP メルテン氏による“ソレソレ”を皆で行う等、正に“祭り”に相応しい時間が展開されていました。印象に残ったと共に、TRI4TH メンバーも皆、ソレソレを心の底からやってみたかった…という雰囲気が滲み出ており、要は、同じステージ上に立てた事が単純に嬉しかったのです(笑)。ソノダバンドの皆さんとも知り合え、とても楽しい時間を共有出来た事に感謝します!

  お店の場所が変わった小倉 Dreams  トロッコ列車…背後に見えるのは関門橋

 名古屋の次の日、自分は北九州へと飛び、27日の小倉 Dreams でのライブから、自分のソロツアーの幕開けとなりました。今回も、北九州のシンガー・ソングライター、Daddy 津田さんの企画によるもので、1日目は北九州ツアーではお馴染みの、盲目のトランぺッター小倉久司さんとのデュオライブをお届けしました(この日は全2ステージ、1ステージ目は自分のソロでの演奏となりました)。
 そして、28日からは Daddy T. Band としてのステージも共に行う事になりまして、今回初めて伺った小倉 Lefty と、お馴染みの八幡ペントハウスで、Daddy さんとのステージと、自分のステージをそれぞれ1ステージずつやらせて頂きました。その日取りの間には、こっそり?門司港レトロ観光列車への乗車も行っており(右上写真参照…北九州に呼んで貰って5年目にして、初乗車…笑)、自分の時間も作っておきます(笑)。

  さばいばるいとう UNIT!  Daddy T. Band という名前になりました

 そしてツアー最終日となった30日には、3年前の4月に行われた北九州ツアー〔竹内大輔、北九州ツアー(2010.4.1~4.5)参照〕でもライブを行った門司港海峡ロマンホールにて、やはり Daddy さんが企画した“港町音楽祭”というイベントへの出演となりました。この時は自分ソロのステージはなく、Daddy T. Band での出演となりましたが、更に、さばいばるいとう UNIT としても出演しまして(この日に合わせて、西日本ツアーをしていたようで…笑)、最終日に相応しい、盛り沢山な1日でもありました。

  JR肥薩線、真幸駅…スイッチバックの駅でもあります  JR日南線、志布志駅

 …これまで、名古屋から数えると連続で5日間程ライブを行ってきたわけですが、ここまで頑張ってきたという意味も込めて?この後はやはり鉄道の旅をするしかありません…(笑)。折りしも今回の旅で、九州内の鉄道路線(JR、私鉄、第3セクター線全て)を全て乗り終える事が出来るかもしれなく(…ので、前述の門司港レトロ観光列車の乗車も必須だったのです…笑)、少し慎重に計画を立てていたものでした。
 今回、初めて乗った路線はというと、前日の門司港レトロ観光列車、南阿蘇鉄道、熊本市電、熊本電気鉄道、JR肥薩線(左上写真参照)、JR宮崎空港線、そして最後の路線となったのがJR日南線(右上写真参照)でした。特に日南線は、宮崎駅から終点の志布志駅まで乗り通すと2時間半弱は掛かる上に、宮崎付近を除くと乗り換え路線の無い盲腸線で、確かに今まで乗りに行けなかったのも納得という路線ではありました。それで今回は、終点の志布志駅から路線バスを乗り継いで桜島へ、そして桜島からはフェリーで鹿児島市に抜けるというルートを通り、無事に九州内の鉄道の完乗を果たしたのでした!

 …自分自身のソロツアーも、2008年から始まって〔竹内大輔の写真日記(~2009)、竹内大輔、北九州ツアー(2008.6.5~6.9)参照〕(新幹線0系や、寝台特急『はやぶさ』号にも乗っております…なんて懐かしい!…笑)今回で6年目になりますが、やはり年を追う毎に顔見知りができ、そして自分が来た事を喜んでくれる方もいて下さって、本当に有難く思います。続ける事の大切さを改めて感じましたが、これは九州の鉄道完乗にも通じる事でしょう(笑)。今回も、どうもありがとうございました!…そして、名古屋から今日まで駆け抜けた自分…お疲れ様でした(笑)。また詳細は後に記事にしたいと思います。

 ☆TRI4TH のHP…http://www.tri4th.com/

 ☆Daddy 津田さんのHP…http://www.geocities.jp/studio0378/

拍手[2回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

2017年6月3日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之


全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


[05/28 porn cams]
[05/28 Free SoundCloud Listening]
[05/28 psychic readings by phone]
[05/28 kost bali renon]
[05/28 harga kost bali kuta]
[05/28 soy malote]
[05/27 Jack]
[05/27 souvenir pernikahan]
[05/27 street median in spanish]
[05/26 おちゃ]
[05/26 Free YouTube Views]
[05/22 竹内]
[05/21 A]
[05/16 竹内]
[05/16 竹内]
[05/07 A]
[05/06 おちゃ]
[05/06 竹内]
[05/05 おちゃ]
[04/27 竹内]