2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 今日はボーカルの鹿嶋さんと、池袋の鈴ん小屋でライブをやってきました。鹿嶋さんとライブをやるのは久し振りでしたが、それに相応しく?今回はイベントとして、鹿嶋さん企画のもとで開かれたもので、対バンは全て鹿嶋さんがセレクトした面々でもあり、そのイベント・タイトルも“Serious Playground”と、鹿嶋さんらしい言葉で紡がれていました。日本語に訳せば、真剣勝負の遊び場…という感じでしょうか。楽しくなりそうな1日でした。

  本番前に、鹿嶋さんと由美さんとで腹ごしらえ♪  さあ、ライブが始まります

 今回の出演者は、自分達を含めて4バンドあり、まずはお馴染みのヒラヲユミさん、そして、福岡からやってきた、とんちピクルスさん。そして自分は初めましての Zawadi さん。鹿嶋さんが集めただけあって、個性豊かで、そして皆、筋が1本通ったアーティストの方々ばかりです。今回の演奏場所である鈴ん小屋も、特徴ある場所であるだけに、それぞれの個性の共演と言いますか、ぶつかり合いと言いますか(笑)、とにかく印象的な夜になる事は間違い無しでした。

  ギター1本で、歌います  以前にも増して、飛び出していたステージ(笑)

 ヒラヲユミさんも、とんちピクルスさんのステージも、どちらも自分にとっては初めて見るものではなかったので、最初は少し慣れた目で見ていたところもあったのですが、今日はまた特別なステージだったのではないでしょうか。その場限りのものが出ていたというか、以前にも増して表現が深いものになっているというか、すぐにステージに惹き込まれてしまいました。お店の雰囲気の環境…というのもプラスされているのかもしれませんが、既にお客さん達との一体感がそこには生まれていて、いつも以上に楽しい時間が作られていたのです。

  色々な民族楽器を使用していました  今回、自分達は本当に久し振りでした

 これは、Zawadi さんのステージでも同じ事でした。ボーカル・パーカッション、ジャンベ、ギターという3人編成のバンドだったのですが、個性豊かな曲調のものを揃えており、民族音楽的な側面もありつつ、きちんとオリジナリティを持った主張がそこには存在し、見るものを圧倒させていたと思います。1曲1曲に生命の息吹のようなパワーがあり、時間が経つのも早かったように感じました。これは、自分達も頑張らなければいけませんね…。

 …そして最後の4バンド目として、この日のトリを務めさせて頂いた自分達でしたが、まずは鹿嶋さんのオリジナル曲である“過ぎゆく季節の中で”からお送りしました。オリジナル曲から始めるというのは珍しく、何となく意外な感じもしたのですが、その後にはジャズ・スタンダード曲の“Someone To Watch Over Me”を、鹿嶋さんの日本語訳で披露…と、いつものスタイルでステージを攻めていきます。そして、大事な大事な“ヨイトマケの唄”。必ず鹿嶋さんとのライブでは取り入れている曲で、もう何年も掛けて何度も演奏していますが、今回のは特に良かったような気がしました。素直に曲に感情移入出来たというか、ダイレクトに音楽と会話出来たような時間が過ごせたように思ったのです。何度も演奏しているので、基本的にリハーサルは行わないで本番に挑む事の多いこの曲ですが、それが今回は吉と出た結果でしょう。

  とんちピクルスさんとの共演!  こちらは3人で歌ってます!

 …ここからは人数を加え、豪華にお届けしていきます。それは、今日のそれぞれの出演者とのコラボ演奏というもので、まずは、とんちピクルスさんと一緒に、とんちさんのオリジナル曲である“遠くでひばりも鳴いている”を演奏しました。そして次には、ヒラヲユミさんと、Zawadi のボーカルである Nire さんとのコラボ演奏で、スタンダード曲の“All Of Me”を半ば即興的にお送りしていきました。なかなか楽しい時間で、先程“個性の共演、又はぶつかり合い”…と書きましたが、それが直接的に表現された瞬間だったようにも思います。
 この後は、また自分達だけの演奏に戻り、“No One Is Alone”を演奏し、最後には問題作?でもある“Strange Fruit”をお送りして終了しました。正にこれらの2曲は真剣勝負の場である事を誇示しているかのような時間で、演奏する側としても大変な時間でしたが(笑)、無事に終えられた事がホッと出来た…というのが正直なところでしょうか。やはり、鹿嶋さんとのライブには体力が必要です(笑)。この日久し振りに共演して、そうだ、この感触だ…というのを思い出せた感じでした(笑)。
 嬉しい事にアンコールを頂き、“My Funny Valentine”を即興的に演奏してみました(本当にその場の思い付きで選んだので…)。こうして無事にライブは幕を閉じたのですが、その時には既に時刻は23:00過ぎ!…22:30前には終わる予定だったので、結構長く演奏していた計算になります。確かに、今回は最初から最後まで、盛り沢山になる事は頭では分かってはいたのですが、実際にはその予想を遥かに超えた、本当に濃い1日になる事が出来ました…。信頼し合えているアーティスト同士の共演と、それを期待しに見に来て頂ける沢山のお客さん方…。とても良い時間を過ごせました。またこんな機会があったらと思います。どうもお疲れ様でした!…またどうぞよろしくお願いします♪

 ☆鹿嶋敏行さんのブログ…http://blogs.yahoo.co.jp/kajimarl_to_the_world

 ☆ヒラヲユミさんのHP…http://hirawo.net/

 ☆とんちピクルスさんのブログ…http://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 ☆池袋鈴ん小屋のHP…www.ringoya.org/

拍手[2回]



【誤送信】
あまりに濃すぎて(?)同じの送っちゃいました。
失礼しました♪
(削除の仕方がわからなかったので、編集で)
【そりゃ濃いよね♪】
楽しかったー。
濃かったー。

以上!(笑)
【無題】
はは、どうもありがとうございました(笑)。
濃い時間を一緒に共有出来て良かったです。
またどうぞお越し下さいませ!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/12 pkv games]
[07/12 pkv games online]
[07/12 pkv games online]
[07/12 qq online]
[07/12 KAT]
[07/12 iptv canada]
[07/11 日本超人気のスーパーコピーブランド激安通販専門店]
[07/11 дом 2 город любви]
[07/11 judi online indonesia]
[07/11 pkv games online]
[07/11 pkv qq]
[07/11 pkv qq]
[07/11 Qq Online]
[07/11 Qq Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 xeon-wiki.win]
[07/11 Pkv Games Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 stealth-bookmark.win]
[07/11 judi online terpercaya]