2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 12月23日(日・祝)。この日はボーカルの夢輝のあさんのクリスマス・ディナーショーを行ってきました。場所は毎年恒例〔夢輝のあクリスマス・ディナーショー2011参照〕とも言える丸の内の東京會舘にてで、今年も昼・夜の2回公演と、それは盛大に行われました。

  何だか落ち着く、ベースの大森さん(笑)  いつもながら、出演を祝うお花には溜息が漏れます…

 今回も出演者は豪華で…、というより、今年はいつもと趣向を変えて、完全に劇仕立てで行われていた事が特徴として挙げられましょう。この恒例のディナーショーは、回を重ねる毎に内容が詰め込まれたものになっていると思っているのですが、昨年も、ほぼ休み無しでライブ演奏が続く等、少しストーリー風的な要素が加わっているようには思っていました。今回はその更に発展系とでも言いましょうか…。脚本があり、演者には役があり、演奏者である自分達も、セリフや演技のタイミングによって演奏を始めたり終わらせたりする場面が度々出てきます。
 今回も自分は、バンド演奏部門のバンマスを務めさせて頂きましたが、これはいつも以上に負担の大きい状況だと思わざるを得ませんでした。演奏云々もそうなのですが、まず脚本にしっかりと目を通させ、演奏が演技の妨げとならないように進めていかなければいけません…。これは流石に自分1人だけの力ではどうにもならず、バンド・メンバー同士の信頼関係が重要となってくるのでしょうが、バンド・リハーサルに与えられた時間は僅か3日間…。今回のメンバーには初めましての方も多くいて、そしていつも以上に人数も増えていましたので、アレンジや譜面制作をする段階で、かなりタイトな時間配分を要されました。

  昼と夜の休憩時の風景…。少し落ち着けます。  バイオリンの橘さんは、東京會舘の制服を着て、仕込みに入ります…。これも脚本にある内容です

 ざっと、今回の出演者の名前を列挙しますと、まず、演技、歌、踊り関係の方々で、お馴染みの夢輝のあさん、鳴海じゅんさん、大真みらんさん。そして毬穂えりなさん、かずさ容子さん、瀧川末子さん、紫陽レネさん、相当久し振りだった真灯かなたさん、そしてスペシャルゲストの美勇士さん。そして演奏メンバーが、ピアノに自分、ギターに後藤郁夫さん、ベースに大森輝作さん、後は自分は初めましての方で、ドラム・パーカッションに井手野敦さん、トランペットに平山卓真さん、そしてバイオリンに橘さんでした。
 演者さんが9名、バンド演奏者6名と、計15人の出演者から成る演目です。勿論、更に脚本担当がいて、照明やSE、進行等の役割の方もいますから、いままで以上に多くの方が関わったディナーショーである事は、もはや説明は不要でしょう…。
 このように、多大なる協力があって実現したディナーショーでしたが、終わってみると、やはりあっという間と言いますか、せっかく作ってきたのに勿体無いと思ってしまいます。しかし、この儚さが魅力的な部分でもあるのでしょうね。1つ1つの演技、演奏を大切にし、今までの稽古を振り返りながらも、皆で1つのものを作っていく…。何とも美しい事ではないですか。勿論そのような思いは、前々から頭では分かっていたつもりですが、今回のは今まで以上に心に刻まれました。少し写真で振り返ってみたいと思います。

  稽古には1ヶ月以上も費やしているのだとか…  衣装もバラエティに富んでいて良いですね♪

 楽器演奏者こそ、ステージ背後に板付きですが、出演者は入れ替わり立ち代わりで、面白いように展開がポンポン進み、見ている人を飽きさせない感じでした。そしてセリフの中に入るそれぞれの楽曲では、持ち前の歌声やダンスを披露させ、これは“ショー”である事を、改めて自分達に投げ掛けてくれます。

  コミカルな部分も用意されていました  スペシャル・ゲストの美勇士さんも登場!

 スペシャル・ゲストの美勇士さんも、何と“あゝ無情”で参戦!…豪華さに華を添えている感じでした。今回の演奏曲目は、驚きの全25曲!…更にピアノ1人で、恒例のBGM演奏も今回はセリフ中に行っていますから、心が休まる時は皆無と言っても過言ではなく、そしてそれをやり切りました。曲の演奏中は、常に次の曲の事を考えているような感じです。それが最初から最後まで続くのですから…、いやー、大変でした…。

  ステージはメイン、後方、そして客席の真ん中にも作られていました  今回のテーマは“ラテン”でもありました

  演技も、いつも以上に熱が入っていました  お馴染みの鳴海さんも、歌声を張り上げていきます

 今回はメイン・ステージの他に、客席の後方、真ん中にもステージが置かれ、そこでも勿論歌声等は披露されます。お客さんも、前を見たり後ろを見たりと、なかなか忙しい状況が続いたかもしれませんが、これが、あっという間に時間を経たせる事の工夫でもありますね。流石に後方でのステージですと、演奏者への合図的なものが難しい感じにはなってしまいましたが、あとは演奏そのものを楽しむ事に注ぎました。昼夜とは言え、たった2回の演奏ですから、より良い物を残したいのです。気持ちの部分も、非常に大きいと思います。

  衣装も早替わり!…今回、何度衣装替えをしてたことか  大団円ですね!

 そして今回のテーマの1つに“ラテン”というものがありました。舞台がパラダイス島…という島でのものだったので(笑)、何だか分かるような気もしましたが、こんなに多くのラテン曲を一度に演奏したのも珍しかったかもしれません。また、既存の曲をラテン風に演奏する事も幾つかあったので、これは脚本以上に?熱い内容のものが出来上がっていたようにも思います。この時期で、しかもクリスマス・ディナーショーと銘打ってまでいるのに、クリスマス曲は1曲も演奏しなかったという(笑)今回のショー…。真夏のイメージで(…とは言え、ショーのタイトルは“Paradise of Snow”でしたが…)お送りする事が出来て、良かったと思います♪

  出演者勢揃い!お疲れ様でした!  演奏者勢揃い!お疲れ様でした!

 それは打ち上げも盛り上がったものでした(今回、打ち上げ会場は、東京會舘の楽屋内で行わさせて頂きました)。リハーサルはあれど、本番までの時間の余裕がまるで無かったので、ここで初めて出演者の方々とちゃんと話せる時間が作れたような感じでした。
 そう考えると、やはり今回の1日だけでは勿体無いように思ってしまいますね…。演奏面でのクオリティ向上もそうですが、やはり色々な人とお話しをすると、それが次のステージへの良き方向に表れてくるような気がするからです。お互いに苦労を経験しましたし、楽しい時間も共に分かち合えました。また機会があればと思いますが、ひとまずディナーショーが無事に終わってホッとしました。皆さん、お疲れ様でした!…そして、ありがとうございました♪

 ☆夢輝のあさんのHP…http://www.kuromitsuyuka.com/index2.html

 ☆丸の内、東京會舘のHP…http://www.kaikan.co.jp/

拍手[3回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31