2017 / 08
≪ 2017 / 07 1 2 3 4 6 8 10 11 1213 17 20 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 / 09 ≫

 今回の“鉄道さんぽ”は、先日に九州にツアーに行ってた事を生かし、JRの回でもあるので、JR九州の路線を取り上げてみたいと思います。対象となる路線は色々と悩みましたが、せっかくなら、まだ自分が乗ったの事の無い路線が良いでしょう。しかし、まだ乗った事の無い路線というのは、どうしても九州の南側に集中しています。これは、自分の九州ツアーの行動範囲が、今のところ殆ど北九州地区に限定されていて、そこを拠点に回っている為なので仕方の無い事ですが、今回の“鉄道さんぽ”は、いわゆるツアーの最中に実行したものでした。つまりは、ライブの入り時間までに帰ってこなければならなく、故に行ける範囲も決まってきていたのです。
 その中で自分は、熊本を走るJR三角(みすみ)線という路線を見付けました。熊本駅の少し南にある宇土駅から出ていて、路線総延長は約25kmと、そんなに長くなく、熊本でしたら、博多から九州新幹線で40~50分で着けてしまいます。勿論、まだ乗った事の無い路線でもありました。気になるのは、沿線にそんなに見所が無い…という事ですが(笑)、そこに見所さ?を見付けるのが、このシリーズの特徴でもあります。当日は朝6:00には博多を出発し、気合を入れて“さんぽ”に臨んできたものです(笑)。


 ●日時…2012年6月23日 ●路線距離…25,6km ●駅数…9駅

 三角線の“さんぽ”は、JR鹿児島本線の宇土駅から始まります…。ここは熊本駅から南に3駅目に位置し、三角線の列車は、その全てが熊本駅まで乗り入れをしています。宇土駅の東側には九州新幹線の高架が連なっていて、近代的な場所だという事を感じさせますが、三角線は1時間に1本ぐらいの本数のローカル線です。鹿児島本線から枝分かれてしていく様も、何となく郷愁を感じさせてくれますよね。

  熊本側(奥)からやってきた三角線の列車…右が九州新幹線の高架橋です  宇土駅の1番線に停車中の、三角駅行き

  宇土駅南側風景…写真の車両は鹿児島本線のもので、三角線の線路は右側に枝分かれしていきます  キハ31形の車内

 宇土駅を出ると、南向きだった路線を西向きへと変え、宇土半島へと向かっていきます。三角線を走る車両はキハ31形(右下写真参照…車内は右上写真参照)を中心としていて、2両編成で走る時には、キハ40形を連結していたりします。国鉄末期に登場した、少々コストダウンを図った車両でもありますが、座席は新幹線0系の廃車発生品の転換クロスシートを装備してたりするので、観光的には悪くない車両でもあります。

  住吉駅にて  キハ31形の2両編成

 さて、宇土駅から2駅目の住吉駅という駅で降り、その次の肥後長浜駅まで、早速歩いてみましょう。この辺りから列車は有明海の海沿いを走るようで、車窓も楽しい雰囲気の筈です。ここを歩いて攻めてみましょう(笑)。
 …とは言え、写真で見ても分かるように、この時はが梅雨前線九州一体に停滞していて、天気が終日良くなかったのです。海も、真っ青な色!…とはいかずに、どちらかと言うと、空と共に真っ白…という状態でして(笑)、しかも途中からは雨が降ってきて、なかなか大変な状況ではありました。

  この辺りから、列車は海に出ます(奥が熊本側です)  海沿いを走ります

 本来ですと、海の向こうに熊本市の金峰山が見える筈なのですが、それも左下写真の通りの写り方となってしまっています(僅かに見えなくもないですが…)。それよりも、列車が海沿いを走っている…とは言え、その全てが国道を挟む環境になっていまして、車通りも結構多いので、これが写真に撮る時に障害に思えてしまう感じでした。この国道は、宇土半島を越え、天草半島にアクセス出来る道ともなっているので、どうしてもトラック等の交通量も多くなってしまうようですが、なかなか写真を撮る側としては苦労させられますね。どうも良い所の見えてこない三角線ですが(笑)、今度は天気の良い時に来たいものです…。

  海の向こうに山が…見えるでしょうか?…ちなみに、手前の海の黒い点々は、小さいカニです!  交通量の多い国道57号線と並行して走ります

 1時間程歩いて、肥後長浜駅に着きました。国道から少し奥に入った所にある駅ですが、この入口がなかなか分かりにくくて苦労させられたものです。どうやら三角線は、かなり地味な路線に入りそうな雰囲気ですね…(笑)。列車は更に進みますが、少し海と離れて(国道とはやはり並行)綱田駅、そしてまた海と国道と並行していく場面が続きます。

  肥後長浜駅…国道、海は左側に位置します  少し高度を上げてきた、綱田駅~赤瀬駅間

 この辺りになると、車窓にもヤシの木が飛び込んできて、何となく南国気分も味わえたりしたのですが、そう思っている内に列車は国道と離れ、徐々に高度を上げてきました。暫くすると、海や国道を列車から見下ろす形になってきくるのですが、それも束の間、一気に山の方に線路を向け、そのまま赤瀬駅に到着となります。秘境のような雰囲気の駅で、周辺の集落に行くには、長くて急な坂を下りてかなければなりません。自分も下車して歩いてみましたが、雨でぬかるんでいて、いつ滑ってもおかしくないような状況で、それは冷や冷やしたものでした。…この駅を利用している人は、さぞかし大変な毎日を送っているように思えてしまいます。

  国道から見た、赤瀬駅への道…この坂を、どんどん上っていくと駅に辿り着きます  赤瀬駅への表示…周囲は緑に囲まれています

 これは、この先の峠をトンネルで抜ける為で、列車はここから、宇土半島の北側から南側に出るような進路をとっていくのです。そう思うと、このような場所に駅を造ったのは不思議な感じもしますが、かつて近隣の赤瀬海水浴場が賑わっていた頃には、夏季の乗降客数が多かったのだとか…。今では、年間を通じて利用者は少ないようです。

  キハ200形も運用に入っております…赤瀬駅にて  赤瀬駅を出ると、列車はすぐにトンネルに入ります

 今度来た車両は、赤い塗装が目立つキハ200形。宇土線でも少々ですが運用されています。既に三角線の“さんぽ”は佳境に近付いてきました…。
 さて、赤瀬駅を出てトンネルを抜けると、すぐに石内ダム駅になります。赤瀬駅からは直線で約1km程の距離ですが、歩くとなると山道を迂回していかなければならず、相当な遠回りになります。1989年に完成したので、比較的新しい部類に入りますが、三角町の住人や、三角に縁のある人から資金を調達して開業させたのだとか…。ここは既に、宇土半島の南側の生活圏に入ったようです。

 このまま徐々に坂を下っていき、市街地に入ってきたような雰囲気になります。そして波多浦駅を過ぎると終点三角駅です。宇土駅からは、約40分弱の短い旅でした。熊本駅からも、1時間も掛からないぐらいです。やはり、今回の“さんぽ”にはピッタリの規模の路線でしたね。駅はリニューアルが施されてあり、道を挟んで反対側には、ピラミッド型の建物が特徴的な三角港もあります。ここからは天草へのフェリーが出ていますが、今回は見送る事にしましょう…。

  三角駅付近にて  リニューアルが施された、終点の三角駅

  駅構内…良い雰囲気になっています  三角港にて

 さて、三角線は盲腸線なので、帰りには今来た道を引き返すしかありませんが、ここで、この日のメインの列車の登場です。基本的には週末の運転で、最近、運転が始まったものです。もう左上写真にも出てしまっていますが(笑)、それが、特急“A 列車で行こう”号…です。冗談みたいな名前ですが(笑)、本当です。あのジャズの名曲が、そのまま特急列車の列車名になってしまいました。

  三角駅構内…先程の期は200形は、引き上げ線にて停車中  地元の活性化に期待したいです

 JR九州では、それぞれの路線(ローカル線が多い)に向けた観光特急の新設に、近年特に力を入れており、この“A 列車で行こう”号も、昨年の10月から運行を始めました。2両編成と、とても短く、車両もキハ185系という、そんなに新しくはない車両ではありますが、車内は豪華に改造されており、当然の事ながら、BGMには“Take The A Train”等のジャズが流れております(なんと、向谷実氏のアレンジだそうです)。
 ちなみに、この列車名の“A” は、天草の“A”であったり、“Adult”の“A”という意味を持たせてあるそうで、南蛮文化の象徴である天草を、よりピックアップした列車であるとも言う事が出来そうですね。車内も楽しく、ステンドグラスで飾られたカウンター・バーまでが併設されており、この列車お勧めの“A ハイボール”というお酒も嗜む事が出来ます(天草の名産であるポンカンが含まれているそうです…飲みやすいです。自分も嗜みました…笑)。

  カウンター・バーでは、列車グッズも購入できます  車内にしても、お洒落な感じですね

 列車は、基本的には熊本駅~三角駅間を2往復しており、片道の所要時間は40分と、これは本当にあっという間…という印象でした。実際、列車に乗り込んで、車内探検をし(2両編成なのですぐに見終われますが…笑)、カウンター・バーで土産物を物色し、ハイボールやつまみを購入し、席でそれらを堪能していたら、もう宇土駅くらいにはなってましたからね…。三角線、終了です(笑)。
 この列車、たまに博多駅まで延長運転する時もあり、じっくりと楽しむには、この時を逃さぬべきという感じでしょうか。自分は、この手の観光列車は、何となく今まで敬遠していた感じがあったのですが、乗ってみると意外にも楽しんでしまった自分がいたものでした。天気が良くなくて、印象の薄い路線となりそうだった三角線の自分のイメージを、根本から拭ってくれたとも言え(笑)、本当にこの日は“A 列車で行こう”号さまさまでした。楽しい気分でライブの臨めたのは言うまでもありません♪

拍手[8回]



【なんとなく】
 津軽海峡線に似ているような・・・。違うのは海峡トンネルに入るということで、見るところはないし。津軽海峡線に乗ったことはありますか?
【ありますよ♪】
海が間近なところ…とかですかね。
ただ、冬になると、津軽線の風景は
雪景色へと変わってしまうので、
この辺りは違う所かもしれませんね。
【向谷実さん】
私が高校生のとき「カシオペア」流行りました。コンサートも行きました。向谷さんはMCが上手で「はい司会屋 実です」というのがお決まりでした。その後カシオペアはいろいろメンバー変わったみたいですけど、この頃(1984年前後)のカシオペアは今聴いても「キレキレ」です!

いつか大輔さんと向谷実さんの「ジャズ&鉄道」の対談なんかがあると夢のようですね! 聴いてみたいなぁ。
【いいですね~】
自分は、カシオペアはタイムリーではありませんでしたが、
よく音楽は流れているので、自然と耳には入ってきています。
そして向谷氏は、鉄道音楽業界?の中でも相当活躍されているので、
鉄道雑誌でもよく見かける程です(笑)。色々な話しをしてみたいです♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
また、写真好きが興じて、以前は
簡単な写真撮影の仕事もしていた。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行好き。

竹内大輔ソロピアノライブ

9月3日(日)
南青山 ZIMAGINE
Open…18:00~、
1st.…18:30〜、
2nd.…20:00〜、
Charge…2500円(ドリンク別)
Member…(Pf)竹内大輔、


竹内大輔トリオライブ

10月7日(土)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st.…19:00〜、
2nd.…20:30〜、
Charge…3500円(オーダー別)
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


TRI4TH 5th.CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th.CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd.CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd.CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 8 10 11 12
13 17
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/23 Cosmetic Surgeon Manchester]
[08/23 newstroy]
[08/23 permainan judi online]
[08/22 Sophia]
[08/21 おちゃ]
[08/21 shutter speed]
[08/21 gamblingmetropolis.com]
[08/21 http://wordpress.com]
[08/21 Paragon IWM Toronto]
[08/20 Paragon International Wealth]
[08/20 http://Www.Linux.org]
[08/16 竹内]
[08/16 おちゃ]
[08/09 竹内]
[08/03 竹内]
[08/02 いちファン]
[07/30 おちゃ]
[07/21 竹内]
[07/19 おちゃ]
[06/27 竹内]