2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 日にち的には5月1日(火)、つまりは沖縄から東京に帰ってきてそのまま、自分は下北沢にある Big Mouth へと向かいました。この日はボーカルの平尾由美(ここではヒラヲユミ)さんのバースデー・ライブで、ボーカルの鹿嶋さんとのデュオで出演をする事になっていたからです。ちょうど5月1日当日が誕生日だったようで、由美さん自身が対バンのブッキングを行い、結果的に縁ある方達で揃えられた1日になりました。リハーサルの後、本番までの時間は、出演者達で軽い宴会みたいな感じになっていましたし(あの鹿嶋さんが本番前にビールを飲んでました。これは貴重でした!…笑)、楽しい1日でした。順に振り返っていきたいと思います。

  鹿嶋さんが…飲んでる!  シャウトが格好いい!

 対バンの1番目は、猫丸センチメンタルチャンネルさん。ギター弾き語りの方でしたが、由美さんとは相当昔からの知り合いだそうで(そして20年近いブランクもあったそうで…)、由美さんからの紹介では、ザラッとした歌の方…と半ば抽象的な感じでしたが、聴いてみたら正にそうで(笑)、ハスキーな声を張り上げて歌を歌う様は、往年のロック時代を思わせるような格好良さで、ある意味新鮮でした。逆に、なかなか見れないタイプの方なのでは…。

  笑顔に溢れた時間…  3人編成でも演奏!

 そして、2番目は早速自分達です。この日のレパートリーは、由美さんに捧げる…ではありませんが、どこかしら誕生日に繋げていけた選曲でもあり、例えばお馴染みの“ヨイトマケの唄”では「いのちのうた」…という意味合いを込めつつ演奏をしましたし、鹿嶋さんのオリジナル曲である“Canvas”は、ここでも何度か紹介した Lasah に纏わる曲でした(鹿嶋さんは、このお店に何度か由美さんを連れて行っているのです)。また、“Come Rain Or Come Shine”はジャズ・スタンダード曲で、直接リクエストされた曲ではありませんでしたが、由美さんがこの場でいなかったら、恐らく取り上げなかった曲なのではないでしょうか。その場の雰囲気によっては演奏しなくても良いぐらいのスタンスで入れていた曲でしたが、結局やってしまいましたしね。このように、選曲の基準は勿論自分達でも、どこかしらに由美さんがいるのを想像出来るような…、そんなステージだったような気がします。
 そして、途中に“遠くでひばりもないている”という曲を演奏しましたが、これは以前に自分達と対バンさせて貰った、とんちピクルスさんの曲〔とんちピクルス×鹿嶋敏行、ライブ参照〕でもありました。この曲では、3番目に出演の WOODY の、てけしさんにブルースハープで(半ば強引に)入って頂き、3人で演奏しましたが、元々素朴な雰囲気のある曲に、更に素朴感と哀愁感がプラスされたようで、気持ちの良い時間が流れていきました。
 しかし、自分達の最後の1曲に演奏した“奇妙な果実”は、かなり異色…と言いますか、もしかしたらこの日の場にはそぐわない曲だったのかもしれません。それでも、信頼出来る人達の中で演奏するからこそ、披露出来た曲でもありました。問題定義を投げかけたと言うか、非常に緊張感のある時間でした。弾いている自分としても、何だか寒気を感じましたし、このまま弾き続けて良いのか…と思うくらいの心情が生まれました。どうやら気軽に演奏出来る曲ではなかったようですが(笑)、今後も挑戦してみたいレパートリーの1つにはなりましたね。良い付き合いをしていきたいものです(笑)。

  やはり WOODY 独自の空間で、お客さんを魅了します  3人の掛け合いがまた面白い

 さて、そんな自分達の作った空気を、堂々と「壊す」宣言したのが、3番目に出演の WOODY です(笑)。自分は相当久し振りの対バンでしたが、予想以上にパワーアップしていて驚かされました(笑)。真面目にふざける…とは、こういう事を言うのかもしれませんが、そのやり取りを見ている(聴いている)のが既に面白く、いつの間にか惹き込まれてしまっているのが分かります。確かな音楽センスがあるからこそ成り立つステージで、そこに音楽に対する皮肉な一面を覗かせる事で、間口が広がって聴こえているのかなと思いました。途中で入ってきた、ボーカルの藤川さんとのコラボ?曲も印象的でしたね。もはや、言葉のやり取りが8割方な感じもしてしまいましたが…(笑)。

  鹿嶋さんとのデュオ!  ブルースハープとの1曲!

 そして、この日のトリの由美さんの登場です。正直、ジャズ以外のステージを、ちゃんと最初から最後まで拝見したのは初めてでしたが、やはり由美さんの世界観が全面に出ていましたね。勿論、押し付けがましい主張ではなく、結果的に全面に出ていた…という感じです(笑)。そこが由美さんの魅力でもあるのですが、ステージの中でもオンとオフがあるような…、そしてそのバランスがとても心地良いのです…。それは、ゲスト・ミュージシャン(鹿嶋さんとか、てけしさんとか)との共演になっても同じで(この日は基本、弾き語りでやっていましたが、曲数的にはゲストを呼んでの演奏の方が断然多かったかと…笑)、やはりこの日は、イベント・タイトル通りの日なんだと思わせてくれる程でした。

  WOODY のお二方とも共演  いい笑顔です(笑)

 つまりは、入れ替わり立ち替わりも多かったステージではありましたが、そんな状態の極め付けが、アンコールに行われた“Route 66”だったような気もします。自分も参加し、ステージ上には総勢5人の出演者。もうギュウギュウです(笑)。この曲こそ、皆で遊ぼうよ!…的な感覚で始められた曲でもあり、途中でどうなるかは演奏者も分からないという感じでしたが、そこに面白さが見い出せた時間でもありました。由美さんもノリノリ、故に皆もノリノリで(笑)、由美さんのバースデー・ライブに相応しい終演になったのではないでしょうか。それぞれが強い個性を持つ演奏者なわけですが、楽しい音楽を作っていこうという気持ちが1つになっていた感覚があり、そして、その皆の思いの真ん中にいたのが由美さんでもあり、楽しい空間を作り出せていたのでした。本当に…濃い1日でした…。

  由美さん、ノリノリです(笑)  皆、楽しそう♪

 由美さんの為に集まったミュージシャン、由美さんの為に集まったお客さん、そして由美さんの為にこの場を提供してくれた Big Mouth。全てが対等で、全てが同じ思いになれていたライブでした。どうもお疲れ様でした!…そして改めて、誕生日おめでとうございました♪

 ☆下北沢 Big Mouth のHP…http://www.livebarbigmouth.com/

 ☆鹿嶋敏行さんのブログ…http://blogs.yahoo.co.jp/kajimarl_to_the_world

 ☆平尾由美さんのHP…http://hirawo.net/

拍手[1回]



この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/04 buy shopify store]
[07/03 スーパーコピー時計]
[07/03 casino]
[07/02 DonaldDub]
[07/02 zigzagkr]
[07/02 فندق اتلانتس دبي]
[06/30 Cedricvon]
[06/30 Donaldskirl]
[06/29 Williamerubs]
[06/29 hat die]
[06/29 وصفات طبيعية]
[06/28 Petahutouts]
[06/28 Petahutouts]
[06/28 nude ladies videos]
[06/27 apnews.com]
[06/26 apnews.com]
[06/26 blaux air conditioner reviews]
[06/26 JamesCresk]
[06/26 الجيزه للبرمجيات]
[06/26 바카라사이트]