2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 2011年の、自分にとって大きな出来事として、10月22日(土)~10月31日(月)に掛けて行われた中国ツアーは外せません。昨今の大地震により、1度は中止に追い込まれてしまった中国ツアーでしたが、そのリベンジという意味も含まれた行われた今回のツアー。全行程が10日間と長く、回る都市にしても、北京、青島、成都、西寧の4ヶ所に及ぶ、本当に壮大なツアーとなりました。
 ボーカルの amin さん、河口恭吾さん、そしてギターの関淳二郎さんと自分の4人で、演奏をしていったツアーでしたが、勿論、それに関わって頂いた方も本当に多く、日本人然り、中国人然り、人と人との繋がりの大切さや、共通の事を目指して協力してやっていく事の素晴らしさが改めて理解出来た10日間だったとも思います。
 そもそも、日本人が中国で演奏を行うというのは、北京や上海ではよくあるのですが、その他の都市となると相当事例が少なくなってしまうのです。今回のツアーはそういった事情も念頭において、なるべく日本人が行かないような都市も回るようにしていました。つまりは、日本人があまりいないような場所に行ったわけですが(特に西寧という所は、日本人は10人ぐらいしか住んでいないとか…)、それでも現地の人の日本への関心度は高く、特にインターネットの普及した現代では、中国で日本のドラマが流行っていたり、CD等の音楽がいつの間にか出回っている等、何かしらの形で日本の文化を知っていたりするのです。

  2都市目、青島でのライブ公演後  3都市目、成都でのライブ公演後

 …故に、やはり中国から受ける刺激は相当なものでした。左上写真は青島の、右上写真は成都でのライブ公演後のものですが、現地の人の温かい拍手や声援、そして本当に多くの協力してくれる方々等、それは感謝してもし切れないくらいのものです。いま自分は、とても貴重な、そして良い経験をさせて貰っていると、改めて認識させられた次第でした。

  まるで基礎知識の無かった西寧は…大都市でした!  西寧での夜市

 …と、言葉にすると少々堅苦しい感じになってしまいがちですが、本当に楽しいツアーだったのです。音楽も、周りの人も、周りの出来事も…、全てが最高でした。こんな経験、なかなか出来ないと思います。自分にとって、とても刺激的なツアーであったと共に、色々な都市を巡って日本の文化を伝えるという意味では、このプロジェクトはまだまだ終わりのないものである事も確信させられました。…興味は尽きません…。まだまだその刺激を受けに行きたいと思う、今日この頃なのです!

拍手[3回]



【>】
はい、色々な経験をさせて頂きました。
中国のイメージと言うと、日本の場合は本当に
それぞれかもしれませんが、やはり実際に行って
目の当たりにするのでは違います。真実がそこには
あります…。今回のツアーでは、それらの部分もよく
感じられたのが良かったのかもしれませんね。

赤ちゃんパンダは…そうですね。直接手にとった
わけではないので、正確な大きさは分かりませんが、
体長30cmくらい…でしょうか?
【>】
はい、ありがとうございます。頑張ります!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/12 pkv games]
[07/12 pkv games online]
[07/12 pkv games online]
[07/12 qq online]
[07/12 KAT]
[07/12 iptv canada]
[07/11 日本超人気のスーパーコピーブランド激安通販専門店]
[07/11 дом 2 город любви]
[07/11 judi online indonesia]
[07/11 pkv games online]
[07/11 pkv qq]
[07/11 pkv qq]
[07/11 Qq Online]
[07/11 Qq Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 xeon-wiki.win]
[07/11 Pkv Games Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 stealth-bookmark.win]
[07/11 judi online terpercaya]