2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 先日の13日(土)、赤坂にある Sala というお店でライブをやってきました。これは、同じく赤坂にある Kuro という、普段から自分がよく出演させて貰っているお店による企画で実現したもので、それまで“韓流ライブ”と宣伝させて頂いたものでした。
 最初から盛り沢山の内容と分かっており、ステージは1部と2部に分かれていて、お客さんは完全な入れ替え制…。1部毎に2ステージが用意されていたので、実質的に、自分は4ステージの出演ともなっていたのでした…。また、1部と2部は完全に内容が異なっており、1部が例の韓流系もの、2部が Kuro 出演者をフィーチャリングさせたライブ…となっていたので、全てのステージ、全ての曲に参加した自分は(これは、今回出演したメンバーの中で唯一です)、合計30曲強も演奏した計算になっていました…(笑)。この日はそんなライブのバンマスを自分が務めさせて頂いた部分もあったので、改めて、自分にお疲れ様という感じだったのは言うまでもありませんでした(笑)。

  東野さんとのデュオで進めます  バンドも入ってきました

 自分は最初から最後まで、本当に文字通り出ずっぱりでしたが、他のメンバーは結構入れ替わりが激しいステージとなっていたのが、今回のライブの特徴だったかもしれません…。第1部の韓流系ライブの1曲目が、自分のピアノソロによる曲から始まった事が、それを如実に表していると言えるでしょう。その後、ボーカルの東野さんが入ってきて、ピアノとデュオによる演奏となり、そして3曲目からベースの池田暢夫君や、ドラムの Soki 君が入ってきて、やっとバンド編成になったという感じでした。

  バイオリンが入ると、高級感が出ますね  Kuro に出演されている江梨香さんは、1ステージと2ステージの間に自分の曲を披露♪

 ここからは続々と変化があります。バイオリンの Tsukasa さんを加え、韓流の歌曲をやったかと思えば、東野さんが1度抜けて、バイオリンを交えたカルテット編成で“情熱大陸”を演奏したりと、韓流ではない、他の曲も交えたステージ構成にもなっていったりしたのです(実は、この「韓流から離れて」…という場面が、今回はよく見受けられます…笑)。そして、1ステージ目の後には、ボーカルの江梨香さんを招いて、江梨香さんのオリジナル曲を歌わせる時間も設けられる等、成程、Kuro らしいな…と思うステージも展開されていたものでした。

  人数が多いと、やはり盛り上がりますね  ピアノトリオ編成でも演奏!

 更にメンバーの変化が激しかったのが、やはり2部である、Kuro 出演者を招いたライブ時のものでしょう。バイオリンの Tsukasa さん、ボーカル、アルト・サックスの加地直子さん、そしてサックスのかわ島崇文さん等、それこそ入れ替わり立ち替わり…という感じでステージが進んでいった感じです。曲はそれぞれが持ってきており、自分の個性を生かした選曲、そしてステージにもなっていたと思いました。究極的には、自分達ピアノ、ベース、ドラムだけのトリオ編成での演奏もし、しかも曲は自分のオリジナルの“Final Approach”という曲をやった事ですが、これこそ盛り沢山だったと思わせる所以なのだと思います。
 …自分の曲も含め、フロントに立つ人によって、曲の雰囲気はかなり異なっていたので、その都度頭の切り替えを行うのには必死でした。そして、実際トータルの曲数も多かったので、かなり体力は消耗していた事でしょう…(笑)。

  東野さんのバックで、加地さんがサックスを吹きます  加地さん自ら、歌ってます♪

  かわ島さんは、かなりゴリゴリな曲を選択!  最後は豪華にやっていきました!

 特に、かわ島さんの持ってきた曲は難易度が高く、これを今回、組み合わせ始め(結局、皆で演奏出来たのがこの日が初めてだったのです!)のメンバーで演奏するのは大変な事だと思いましたが、その代わり、会場の盛り上がりは最高潮に達していたのではないでしょうか。確かに、あれだけ吹き倒せばそれはなりますわ…(笑)。御苦労様でした!
 そして、最後に演奏した“Spain”は、東野さん、加地さん、かわ島さんも加えて、リズム隊と合わせた全6人で演奏をし、華やかに終わらせて頂きました。要は最初から最後まで、殆ど全速力で駆け抜けて来たライブだった…と言っても過言ではないライブだったように思ったのですが、正にその通りでしょう…。ライブ後に自分は、無事に終えられたという安堵感と、ドッと全身を駆け巡った疲れを感じましたし…(笑)。本当にお疲れ様でした。

  赤坂 Kuro にて打ち上げです!  やっぱり演奏させられました(笑)

 …なので、打ち上げも盛り上がらなければいけません。今回の会場となった Sala から移動してきて、いつもの赤坂 Kuro で、常連のお客さん方も交えて打ち上がってまいりました!…ベースの池田君や、ドラムの Soki 君がここのお店にいるのは不思議な感覚でしたが、今後、もしかしたらお馴染みの風景になるかもしれませんし(?)、まあ楽しい時間を過ごせたと思います。
 …そして、お客さんの希望もあって、やはりミュージシャン達は、ステージ上で演奏させられてしまいまして…(笑)、まだまだ赤坂の夜は長かったようですね…。これは、、、第2弾ともなると更に大変になりそうですね。これからも頑張っていきましょう!…どうもありがとうございました。そして Kuro 関係者、出演者の皆さん、改めて、どうもお疲れ様でした!

 ☆赤坂 Sala のHP…www.livecafe-sala.com/

 ☆赤坂 Kuro のHP…www.livebar-kuro.jp/

拍手[2回]



【無題】
ほんと素敵なライブでした。
大輔さんずうっと弾きっぱなし。
さらに打ち上げでも…!
だいじょうぶかしらというくらい弾きっぱなしでいらしたね。
でもたくさんいい歌と曲をきけてハッピーでした。
素敵なライブありがとうございました♪(^-^)v
【無題】
はい、弾きっぱなしでした(笑)。
…でも、喜んで頂けて何よりです。
それがまた、次も弾きたくなるという
思いを掻き立てられるわけですね。

どうもありがとうございました!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31