2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 昨日は、川越にある Jammin' というお店にて、ボーカル・ギターのさばいばるいとうさんの UNIT として、そして自分のピアノトリオとして演奏をしてきました。これは伊藤さんによって前々から企画されていたライブでもあり、UNIT としての演奏は勿論、色々なゲストの方を迎えてステージを進めていったり、自分のピアノトリオが出演したり、ジャンベのミキヤが参加している高校生バンドも演奏を披露する等、これまでにない、それはバラエティに富んだライブが展開されていったものでした。それ故に、下準備も今まで以上に拵えてきたようですが、それ相応の手応えは感じられる、楽しいライブになったと思っています。

  こんな商店街沿いにあるお店ですが(バーガーキングの上とは…笑)、音量は特に制限はされませんでした  いつも以上に気合の入る伊藤さん

 それは1ステージの1曲目から既に感じられました。まずは UNIT による演奏となっていたのですが、伊藤さんはギターを持たず歌に専念し、しかも珍しくカバー曲を披露していくではないですか。曲はレオン・ラッセルの“A Song For You”と、超有名曲ですが、この1曲から始まる事の緊張感は今までに無いものであり、それはそのままこのライブの空気感に直接繋がっていったのではと思われます。

  ハンドマイクで歌う事が珍しいのです  所狭しと演奏していきます(笑)

 この時のメンバーはというと、ピアノに自分、ベースに池田君、そしてミキヤはジャンベではなくドラムだったのですが、これまた意外にも新鮮な感じではありました。そして、曲によってはアルト・サックスとして、こちらのバンドには初参加の副田君にも加わって頂きました。この後に、ギターやパーカッション、ブルース・ハープ等、何人かの入れ替えはありましたが、基本的には前述した5人で演奏していき、明らかに今までとは違ったサウンドでステージを進めていきました。
 1ステージ目はカバー曲が殆どで、伊藤さんのオリジナル曲は1曲だけに留まりました(これは相当珍しい事です)。ただ、そのオリジナル曲(今回自分達は初めて演奏しました)も事前にリハーサルが入念に行われたので、バンド・サウンドと言いますか、それぞれの楽器の役割が分けられていて、きちっとした音楽を作り出していたと思います。伊藤さんが普段自分と演奏する時は、わりとその場の雰囲気で音を鳴らしていく感じで進んでいく事が多いのですが、それとは全く異なる世界です。やはり今回は演奏する人数も多いので、こうした配慮が必要で、そしてそれは吉と出ました。お客さんも、素直に耳に入ってきやすかったのではないでしょうか。

  ボーカルの子は、動きが激しかったです  何だか面白かった、ミキヤのMCでした

 そして、このステージのハイライトは、ミキヤが参加しているという、高校生によるバンドの演奏です。…とは言え2曲だけの演奏でしたが(笑)、ミスター・ビックの曲を取り上げる等、インパクト的に強烈なものを残してくれました。高校2年生のミキヤがドラムを務め、後の3人は高校3年生という布陣も大したものです。高校生らしい勢いのある演奏と、とにかく音楽が好きであるという思いは、誰にも負けてない感じがしたものです。ビートにも重みがあって、いい感じだったと思います。このボーカルの子と UNIT メンバーでも“Little Wing”というカバー曲を1曲やりまして、それも盛り上がった時間でした。なかなか良い感じでライブが進んでいっているではないですか♪

 2ステージに入って、お客さんもお酒がいい感じで回ってきた頃(笑)、今度は自分のトリオの演奏が始まりました。今までフォーク系やロック系をやってきた音楽の中で、いきなり自分達の演奏は変わり過ぎな感じもしましたが(笑)、特に周りに歩調を合わせる訳でもなく、そのままの自分達でやっていきました。

  池田君はエレベで乗り切ります  なかなか見れない編成なのでは!?

 1曲目は自分のオリジナル曲である“Scramble”…。基本は4ビートの曲なので、ジャズというアプローチから攻めているのが分かりやすく表現出来る曲でもあります。写真を見ても分かるように、自分は電子ピアノを使っていますが、更に今回は、池田君もエレキベースで参戦しました(決して持ってくるのが面倒だったわけではありません…それならば、今回はスティックだけを持って参戦してきたトシさんなんて…笑)。自分のトリオとしては珍しい編成になりましたが、更に2曲目からはミキヤをジャンベで加え、更に変化が加わっていきます。2曲目は言わずと知れた名曲“Imagine”で、こちらも即興性を大事に演奏していきました。
 そして、更に変化が付くのが3曲目の“Monte Fiesole”です。アルト・サックスとして副田君にも加わって演奏して貰ったのです。実はこの曲は、元々この日は演奏する予定ではなかったのですが、副田君の綺麗なサックスの音色を生かす曲を1曲やった方が良いという話しになり、急遽やらせて頂いたのです。副田君からしたら、いきなり譜面を渡されて「やって!」と言われても戸惑うばかりだと思いますが(笑)、副田君の iPhone にこの曲が入っていたのが救いでした。今までに何度も聴いてくれていたという事で、テーマのメロディも難なく弾いてましたし、そしてソロの部分が特に素晴らしかったです。今まで、バンドスタイルでサックスを入れてこの曲を弾いた事が無かったからなのか、これまでに無い側面を感じた曲に仕上がった気がします。自分でも驚いてしまったくらいでした。
 そして、最後にはお馴染みの?“Spain”でしたが、ここではやはり、トシさんとミキヤの打楽器同士のソロの掛け合いでしょう。昨年の、トリオ4周年ライブでもミキヤに参加して貰った事がありますが〔自分名義ライブ、祝30回目、4周年! 参照〕、あれとはまた違った雰囲気が今回は支配していたような気がしました。わりと短くまとめていった部分があったからだとは思いますが、途中の変化が激しかったというか、目まぐるしい音の攻防があったように思います。このように、今回のトリオ+α の演奏は、曲によって全くイメージが異なるステージになったわけですが、お客さんにも喜んで頂けましたし、何よりも演奏していて楽しかったのが良かったです。ただ、これで終わりではありません。更に更に、さばいばるいとう UNIT の演奏へと繋がっていくのです。何だか、思った以上に長丁場の日でもあります…(笑)。

  2ステージは、伊藤さんのオリジナル曲がメイン  まだまだ沢山演奏者が…(笑)

 先程の1ステージ目と比べ、こちらの2ステージ目(自分的には3ステージ目な気分がしないでも無かったですが…笑)は伊藤さんのオリジナル曲ばかりを取り上げ、そして最初の方ではあまりゲスト・プレイヤーも入れてなかったので、いつもの感じを取り戻したかのような雰囲気でもありました。そして、また変化を付けるべく沢山のミュージシャンに入って貰い、正に大団円のような最後を迎える訳なのですが、、、

  盛り上がってましたね~♪  伊藤さんは来年、還暦だそうです…

 …そもそも入れる予定ではなかった、ドラムのトシさんまで呼び込んでますし(笑)。ちなみに皆さんの想像通り、トシさんは伊藤さんの曲を全く知りませんが(今日で初対面…笑)、それでも当たり前かのようにドラムを叩いていたのは流石でした(曲は、自分達にとってはお馴染みの“人生色々下心”でした)。ある意味で、今回のイベントの総合的な風潮を表しているようで、面白かったです(笑)。

 本当にバラエティに富んでいた今回のライブ…。しかし、ちゃんと隅々まで考えられていましたし、ステージの変化も、良い意味で全く異なる感じになりましたし…、恐らく、伊藤さんのやりたい事が直に伝わってきたようなライブであった事が、今回の一番の成功ポイントだったように思います。自分のピアノトリオも思わぬ出演を果たしましたが(笑)、また呼んで頂けたら面白いですね。ジャンルこそ違えぞ、音楽は皆、同じ…。そんな事を考えさせられた1日でした。どうもありがとうございました!

 ☆さばいばるいとうさんのブログ…sabaibaru.hamazo.tv/

 ☆川越 Jammin' のHP…live-cafe-jammin.com/

拍手[1回]



【楽しい夜でした!】
お疲れ様でした!

久々に大勢の人と一緒ステージがご一緒出来たのが嬉しかったです!!

終盤の方はヘトヘトになってしまいましたが、とても楽しい夜でした!

またよろしくお願いします!(^^)
【お疲れ様!】
今回は相当大変だったでしょう(笑)。だけど、
それ相応に得るものも沢山あった筈…。是非
今後に生かし、更なるリズムを聞かせて下さい!

…ところで、ライブは昼過ぎからだったような
気がするんだけど、楽しい“夜”とは、やはり打ち上げ…(笑)。
【あ。(笑)】
間違えました。
楽しい“昼”ですね!!(笑)

気分がいつの間にか夜に、、、
勿論、打ち上げも楽しかったです!(笑)

ありがとうございました!
更に精進します!
【まあ…】
夜は夜で楽しかったという事で…(笑)。良いではないですか?
【堪能~!!!】
竹内君、ミキヤ、

いやいや~、本当に楽しかったです!!

みんな流石でした。


佐々木君とミキヤの掛け合いはエキサイティングだったなァ~!!

次回を楽しみにしていますから。


ミキヤは7月3日のレコ発ライブに遊びに来れるのかな?
【ありがとうございました!】
自分達のバンドの演奏等、久し振りだったのでは
ないでしょうか?…楽しんで頂けて良かったです!

ミキヤは…来るのかな(笑)。学生は半額にする予定ですし!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31