2020 / 07
≪ 2020 / 06 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 2020 / 08 ≫

 「自分にも何か手伝える事はありませんか?」と、今回のライブを企画したゴールデンバードに自分が連絡をしたのは、コンサート当日のたった4日前…。それにも関らず、参加を快諾して下さったスタッフの皆様には本当に感謝します。…今日は、ボーカルの夢輝のあさんのトーク&コンサート@東京會館の日でした。
 そもそも、この日も自分は最初から参加出来るものではなく、やはり中国ツアーの中止の影響を受けて、実現する事が出来たものでした。…とは言え、その旨を伝えたのはコンサートの4日前という日で、既にその時期というのは殆どのプログラムは出来あがっていて、恐らくメンバーによるリハーサルも終了している頃です。…なので、最初は「手伝わせて下さい」と連絡するのも若干躊躇っていたくらいでした。それでも、何かで参加したいという思いは強く、特に具体的な案がないまま、先の連絡を入れていたのです。
 そうして返ってきた返事は、「読み聞かせをやってみませんか?」というものでした。これは昨年の10月頃に、夢輝さんとタッグを組んでチャレンジした、演奏をバックに絵本を読んでいくというもので、途中に歌も入ったりします〔“読み聞かせ歌”という世界 参照〕。朗読と歌の間には演奏が途切れる事が無いので、それぞれの入りのタイミングは正に呼吸次第と、実は演奏的には大変スリリングな世界でもあるのですが(笑)、こういった夢輝さん自身のコンサートで披露するというのは初めての事でした。そうしてそれは、披露する時期的にも抜群だと、自分でも思ったのです。
 今回のコンサートは急遽、チャリティとして開催する事になっていました。こういった状況なので、そもそも開催すら危ぶまれていたのは当然の事だと思いますが、やはり夢輝さん自身が今したい事、出来る事を考えた時に、素直に“実行しよう”と思ったのだそうです。これは本当に共感出来る事ですが、思う事を具体的に実行する大変さと言うのは、自分でもよく分かっているつもりです。まずはコンサートが開催出来た事に、感謝しなければならないのかもしれません。

  攻撃的なステージでした  椿さんとの共演曲も多数

 今回、プログラムは1部、2部と分かれていて、1部にはコンサート、2部にはトークと読み聞かせ歌を持ってくるという構成になっていました(これも、急遽変更をして今回用になったのではないでしょうか…)。そして、今回のコンサートの副題にもなっていた“Birth Of Aries”というもの…。Aries は牡羊座の事で、当の夢輝さんがこの星座で、誕生日が、コンサートの翌々日の3月23日というものでもあったのです。
 そして、牡羊座は雄の羊…という事で、選曲的にも、夢輝さんの宝塚男役時代の曲が多く取り入れられていたというか、今までに無い雰囲気のステージが繰り広げられていました。自分も、夢輝さんと何度も共演していますが、ここまで男役に徹したステージというのは初めて目の当たりにしたかもしれません。お客さん的にも、貴重な時間を過ごせたのではないかと思います。
 …と、若干客観的な表現になっているのは、これら1部のプログラムでは、自分は会場の一番後ろで見学させて頂いていたからなのです(上下の写真は自分が撮影したものです…笑)。前述した通り、今回自分が2部だけの出演だったので、1部には別のピアニストである鳴海周平君という方が演奏していました。基本的にはオケを流して、更にそのバックで演奏するという形にしてたので、むしろ環境に溶け込ませるように弾く…という状況が求められそうですが、見事に演奏し切っていました。また、ピアノ以外にも、キーボード、そして鍵盤ハーモニカまで使っていたのは驚かされたものです。

  1部最後には、3人の共演も!  2部のトークも弾んでいました♪

 今回はゲストに、ボーカルの椿火呂花さん(同じく牡羊座)、鳴海じゅんさんを迎えて、それぞれの共演曲や、最後には3人での共演となる等、色々とステージにも変化を混ぜつつ歌われていました。実は鳴海じゅんさんも自分と近い境遇で、今回は出演する筈では無かったのですが、チャリティになって急遽出演。ステージに華を添えて下さいました。自分も、それぞれの方との共演はありますが、3人揃った状態で見たのは初めてだったので、また個性が分かりやすいくらい滲み出ていて(笑)面白かったです。1部の後、2部の最初には、この3人によるトークが行われていました。

 そして、いよいよ読み聞かせ歌の時間がやってきました。わざわざステージから名前を呼んで貰いつつ(笑)、今回参加になった経緯等を話します。そして、今だからこそ、読み聞かせ歌の世界を知って貰いたいという願いを込めて、まずは“いのちのまつり”という“話”から弾かせて頂きました。
 実は、この読み聞かせ歌をやるのは、昨年の10月以来の事であり、この日も本番直前の1回しか一緒に合わせる事が出来なかったのですが、なかなかどうして、息の合った感じで進めていく事が出来ました。特にこの話は、テンポのある曲中に“歌”の部分と“話”の部分が入れ替わりで進んでいくので、特に歌始まりの部分のタイミングには相当な気を遣うのです。朗読のスピードを固定させるのは難しいですし、仮にそうしたとしても、それは芸術的に面白味を感じません。やはり、出たとこ勝負であり、だからこそ遣り甲斐もあるのです。

  夢輝さんは、先程の姿のまま朗読してます(笑)  “つながっている”では、夢輝さんは歌を担当

 そして、もう1つの“つながっている”という話では、以前の10月の時にも手伝って頂いた、ナレーター業をやっているという清水麻那さんに話し手をお願いし、そして夢輝さんは歌に徹して演奏していきました。良い雰囲気になっているのが手に取るように分かり、充実した演奏時間を過ごせたような…そんな感じがありました。やはり歌だけの曲と違い、シンプルにストーリーが響いてくるのが特筆出来る事なのかもしれません。演奏する側としても、確かな手応えを持てたと思います。
 その後、“雨ニモマケズ”を朗読(自分は演奏)し、そのまま最後に“イーハトーブ夢”を演奏、今回のコンサートは終了を迎えました。曲の後には今回の出演者が全員ステージに上がり、もう一度挨拶をしましたが、その時に“Happy Birthday”を(サプライズ的に♪)お客さんも交えて歌いまして、何だか和やかに締め括れた感じがしましたね。どうもお疲れ様でした!

  出演者、全員集合  記念写真も!(鳴海周平君は、片付けの為、いませんでした…)

 今回は、本当に急遽…という形で出演させて貰ったのですが、皆さんと貴重な時間が過ごせて大変嬉しかったです。自分が演奏したのは僅かな時間ではありましたが、非常に中身のあるものができ、次に繋げられる起爆剤にもなりそうです。そして改めて、今回の機会を作って下さったスタッフの皆様に、感謝の意を伝えさせて下さい…、ありがとうございました!…牡羊座からのチャレンジ…、しかと見届けさせて頂きました!

 ☆夢輝のあ(黒光由佳)さんのHP…www.kuromitsuyuka.com/index2.html

 ☆GOLDENBIRD Records のHP…www.goldenbird.jp/

 ☆いのちのまつりプロジェクトのHP…www.inochinomatsuri.jp/

 ☆丸の内東京會館のHP…www.kaikan.co.jp/

拍手[2回]



【牝豹とは、雌の豹】
読み聞かせね~、聞いてみたいかも。歌もあるし語りもあるという感じなのかしら。元になる譜面は演奏者が選んでいいんだ?おもしろいね。
【面白いですよ】
元になる演奏は、少しは事前に決めている部分もあるんですけど、
あとは雰囲気とタイミング重視です(笑)。これは毎回毎回の
ステージの状況で変化していくので、気が抜けないですね…。
【>】
そう言って頂けるとありがたいです。
今後もライブを発信していきますので、
どうぞ良かったら足を運んで下さいませ!
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
竹内大輔(Pf,Key)
性別:
男性
自己紹介:
1980年1月29日生まれ
の生粋のO型(…が、初対面
ではよくA型と見られる)。
3歳(自分では記憶に無い)
からクラシックピアノを始め、
高校ではジャズに目覚め、大学
ではバンドも経験する。現在の
活動は日本全国から海外に及び、
各地のライブハウスやラウンジ、
レストラン、そしてバー等での
演奏は勿論、各アーティストへの
レコーディングや、作曲・編曲
等にも積極的に取り組んでいる。
日本、世界中を飛び回りたい、
鉄道、旅客機、旅行、写真好き。

5月16日(木)
銀座 No Bird
Open…18:00~、
1st…19:30〜、
2nd…21:00〜、
Charge…3500円(ドリンク別)
コースを御予約の方は2500円
Member…(Pf)竹内大輔、
(B)池田暢夫、
(Ds)佐々木俊之

全曲オリジナル収録の最新作、
4th.CD アルバム『Voyaging』
発売中!(2015.4.15 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・トレイラー公開中


★タワーレコードオンラインで
 発売中(ボーナストラック
 “In A Sentimental Mood”収録)
 …こちらへ!

★iTunes にて配信中
(“Casa Familia[Pf Solo]”
 限定配信!)…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


初カバー・アルバム、3rd.CD
『ReInterpret the passage』
発売中!(2013.4.10 Release)
●詳しい曲解説はこちらへ!

・Music Video“Love Theme
 From Spartacus”公開中!


★iTunes にて配信中…こちらへ!

★Amazon で発売中…こちらへ!


全7曲入り、トータル70分強の
意欲作、2nd.CD アルバム
『Fingers Dance』ライブ会場限定
発売中!(2011.7.3 Release)

   Fingers-Dance-jak.jpg



全曲オリジナルの 1st.CD アルバム 『Pictures』発売中!…在庫僅か!
(2008.10.17 Release)

   Pictures-photo

★iTunes にて配信中…こちらへ!

SME Recrods からの
メジャーデビューアルバム
『ANTHOLOGY』のMV
“Maximum Shout”公開中!


初のカバーアルバム
『Hybrid ROOTS』に
収録されている、TRI4TH
自身によるセルフカバー
“FULL DRIVE”の MV 公開中


TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』
の ED を飾った TRI4TH 楽曲
“DIRTY BULLET”の MV 公開中


TRI4TH、6th CDアルバム
『4th Rebellion』の MV
“Rebellion”公開中


同“Guns of Saxophone”公開中


TRI4TH & カルメラ
スプリット・ミニ・アルバム
『HORNS RIOT』のタイトル曲
MV“HORNS RIOT”公開中


5th CDアルバム
『Defying』の MV
“Green Field”公開中


同“Sand Castle”公開中


ベストアルバム
『MEANING』の PV
“Dance 'em All”公開中


4th CDアルバム
『AWAKENING』の PV
“Bon Voyage”公開中


同 PV“Freeway”公開中


3rd CDアルバム
『Five Color Elements』の PV “Evervbody Knows That”公開中


2nd CDアルバム
『TRI4TH AHEAD』の PV
“TRY AHEAD”公開中


Music Video
“Introduction Pt.3”〜
“The Return Of Nautilus”公開中


Music Video
“YOISURA”公開中


Music Video
“行きゅんにゃ加那節”公開中


Music Video
“豊年節”公開中


06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[07/12 pkv games]
[07/12 pkv games online]
[07/12 pkv games online]
[07/12 qq online]
[07/12 KAT]
[07/12 iptv canada]
[07/11 日本超人気のスーパーコピーブランド激安通販専門店]
[07/11 дом 2 город любви]
[07/11 judi online indonesia]
[07/11 pkv games online]
[07/11 pkv qq]
[07/11 pkv qq]
[07/11 Qq Online]
[07/11 Qq Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 xeon-wiki.win]
[07/11 Pkv Games Online]
[07/11 judi online terpercaya]
[07/11 stealth-bookmark.win]
[07/11 judi online terpercaya]